08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

初産 




■2019/0622





鍵コメ様、コメントありがとうございます。

評価のほどありがとうございます。
情報制限ですがそうなんですよねえ。
下手に手法的・マニュアル的な話を流してしまうと一般層は確実にそれだけしかせずに、
そこで止まりますから、結局ヘビが生きる時間が少し伸びるだけで、
生きる時間が伸びる分、逆に問題に対しての認識が遅くなるので、根本的には業界を衰退させる事に繋がるため、
下手に流せないのですよねえ(´・ω・`)

または、一般層は情報選別とか言いながら生体に対してのソレを考えるのではなく、
自分にとって都合の良い情報しか選ばず、同時に何の情報を引っ張ってきても、
現象や効果の内約を見れずに複数の飼育下負荷で失敗するため、
結局何が効果有るのかわからない、と言いながら変な話を流布し始めるので、
私が流した話も埋もれていって、最も簡単な観念に帰属するのが現状のオチになるので流すだけ無駄という・・・(´・ω・`)


また、このヘビ業界の発展の遅さの最大要因は、

『 生体を扱う飼育者自身が何も考えずに、情報情報と大した理解も技術も無い人間からの言葉だけを探して、
自身の目の前に居る生体自体の事を全く考えずに、何かの種を飼育している・飼育し続けてきた 』

事に在ります。


このヘビを飼育する上では、ヘビの事を考えねばならないにも関わらず、
他所の誰かの人間の言葉に解決を求める連中に対して無闇に情報を流すのは、
やる気の無い馬鹿な飼育者に、飼育に飽きるまでのヘビが緩やかに死んでいく時間を提供するようで嫌なわけです。


一般層は紫外線一つでも、『 紫外線の有無で生体に発生する現象 』 を見る・解析するのではなく、
海外の研究者連中のデータ待ちで、正否の判断をソコに依存しようとしてる始末で、
延々と誰かに答えを求めてるから紫外線の必要性一つですら、
最も普及している誤認が数十年前から最近まで持ち越されて来てしまってるわけですよね。

まぁ海外の研究者からその話が出てきた所で、まともな話であれば私の裏付けにしかなりませんが。

紫外線と水分は基礎中の基礎で、これが飼育下に組み込まれていないと業界や一般層は、
コーンスネークレベルの強健種以外は永久にスタートラインにも立てずに殺し続けるだけなので、
この話だけは少しばかり提供しています。


〇〇様の言う通りで、死んでいくのが嫌なら何かしら考えるんですよねえ・・・本来なら(´・ω・`)
それが基本的に一般層って眺めてるだけですからねw

まぁまだイマイチ普及もしていないようですが、
そういう連中には、私が出せる結果を見せつけて、ヘビの基礎を蔑ろにしてきた連中を存分に嘲笑ってやろうかと思いますw









シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7850.jpg
CB × CB の同腹 F2。

密かに仕込んでて、今年どうしようかと思ったが、試験的にやってみた。
今年なんにも産まないのも寂しいしな。

まだ性成熟が想定上は微妙な感じで、産んでもスラッグかな?
とか考えていたけど普通に産めるもんだな。

DSCF7851.jpg
結構良いサイズの卵。
産卵数8個、スラッグ無し。


ちなみに、初産だからスラッグになりやすいってことは無いからな?
初産でスラッグになるのは、そのタイミングで性成熟と繁殖に絡む内部構築が甘いだけだ。


今回はCBの中で一番大きな♂と、ボディバランスが良い♀を使った。
あの♂は最大サイズのスペックがCB中で最も高いだろうから、
このF2はF1より大型化しやすい個体が出てきたらいいなあ、なんて考えてる。

ただ気になるのは同腹だというところだ。
まぁF2ぐらいじゃ殆ど影響無いと思うけど、どんなもんだろうか。



DSCF7852.jpg
産んでくれた♀ちゃん。
流石にこのサイズの卵産むと痩せるねえ。

取り敢えず最短3年では産める。
だが、これは私の育成構築上での話だ。

他所の飼育者だと、この種のCBはまともに育成出来ない。
一般層では産めるところまで来れないだろう。


この♀だけど、尻尾の先がヨレているだろう?
これは発育不全の一端だ。
この種の発育不全はあらゆるところに発現し、理解と対応が出来なければ死ぬ要素が多い。

更には内部の見えない部分の、種としての体の強さの構成要素にも発育差異が出る。
これは直接寿命に絡む。

私でも探り探りで辛うじて育成してきた。
この種は一般層が思う程簡単な種類ではない。


DSCF7853.jpg
だがまぁ私は取り敢えずCBからでも、産卵まではなんとかやれることはわかった。

これで私の手元でのマダホグシリーズの国内保存の存続は確定だ。

私はこういう外産種の、消費されるだけで終わってきた現状を、
少なくとも私の飼育下ではその状況を終わらせられるようにと考え攻略を進めている。
今回の結果は、小さいけれど確定的な一歩前進か。

まだ孵化もしてねえけどな (´・ω・`)

まぁ適当にまた孵化しておいで。

当然今回も、孵化した全頭を抱える。





関連記事
スポンサーサイト



2019/06/22 Sat. 01:48 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret