04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

おなかの黄色感 




■2019/0214





イエローベリーレーサー
Coluber constrictor flaviventris

DSCF7744.jpg
CHちゃん。
以前のメキシコサウザンブラックレーサーのCHの時よりは、はるかに良い育ち方。

この系統のレーサー系に対して、積算発育の上でどの部分の状態が、
どこのどういう状態に繋がっていくのかが見える質量がこの時点で増えるというのは上出来だ。
また今後のアドバンテージに繋がる。

理解の検証と新たな理解の回収が出来たので、
イエローベリーレーサーのCHをこのタイミングで導入したのは大正解だった。

DSCF7745.jpg
ただでさえ安定した育成が難しい連中だ。
不安要素や自分の不理解というのはどこかしらで問題に繋がるため、1つでも多くクリアしておくことに損は無い。

DSCF7746.jpg
おなかの黄色感が増えてきた。


んで少し気になるのは、この子の♂親が、どんなタイプのイエローベリーレーサーだったのか、
または何のレーサーだったのか、ということだ。

このレーサー系は野外だと結構混ざってるようで、画像なんかでもハイブリ系をよく見る。
なので、野外で交尾した♂が変なのだったら面白いなあなんて考えてる。

育っていくのが楽しみだ。





関連記事
スポンサーサイト
2019/02/14 Thu. 03:34 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

goro様こんばんは。

あぁ^~会長と副会長に心がキュンキュンするんじゃ~(遠い目)

かぐや様面白いですねえ(*´・ω・)
外人兄貴達みたいにキャッキャしながら見てます。


あ、当たり個体引きましたか(白目)
100%吸血系のダニですね・・・

情報制限や微調整の伝達不可があるので、
ショボイことしか言えませんがご了承ください。


薬品系の使用は通常飼育に戻してからで正解です。
クーリングさせながらですと循環系低下してる分、薬品効果が体内に残留する時間が増えます。
スネークレスキューもなんか、植物抽出系の殺虫成分みたいですので、
体表だけへの効果ならクーリング中でもいいんですが、呼吸から吸い込む分がどうしても出るはずです。


スポッテッドのアダルトとなると大方他所での飼い込みの引取個体でしょうから、
その種にダニが付くまで代謝と免疫が低下してるとなると、
余程中途半端な低めの気温で何年も長いこと飼育されてきた事が考えられて、
その飼育者だとまぁ紫外線すらやっていないでしょうから、
今年はクーリング解除してダニへの対応をした方が安全だと思います。

その状態ですと今年交配させても未抱卵か無精卵のオンパレードになるのがオチだと思うので、
ダニの処理後、今年、または来年いっぱい育成したほうが安全です。


ちなみに余談ですが、その個体の場合はダニ処理の水漬けはNGです。
その種にとっての低温積算と血液量低下があるはずなので、自発脱水傾向に傾きやすくなっているので、
半日を定期的にとかでも水漬けすると変に厄介な状態になると思います。

育成中はやや気温高めで、
休みの日に窓越しにでも太陽光に週1~2回でも熱中症にならない程度に当てて、
しばらくは薬使いながら頻繁にケースごとぬるま湯で洗って上げてください(´・ω・`)





レベッカ臼井 #- | URL | 2019/02/20 01:15 * edit *

きゃーーー!
書記のチカ!書記のチカ!ラー!
などと言ってる場合じゃない(涙
記事と関係ないコメでごめんなさい。
先月、お嫁さんとして購入したスポッテッドにダニがついていたことが判明…。
クーリング中なので換水程度しかしてなかったんですが、水中にたまにゴマより小さな黒いゴミみたいなのが落ちていたので気になって拡大して見てみたらダニでした。
頭付近が飴色で体は黒で蹄鉄みたいな形の白い模様が背中にありました。
本人の体も良く見たら鱗の隙間に潜んでいたり、堂々と体表を歩いていたり。
ダニとか初めてでショック…。
とりあえず検索しまくったんですが、スネークレスキューが安全且つ有効なようなので試してみようと思ってます。
はっ、もしかして体力的な意味で温度上げて餌もあげてから処置したほうが良いのかなΣ( ゚Д゚)

goro #ubvJVqnE | URL | 2019/02/18 12:20 * edit *

コメントの投稿
Secret