07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

頭の鱗差 




■2018/1230






シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7714.jpg
ゲーイーホグノーズだけど、地域個体群で模様に差異があるんだけど、
頭部や体の鱗の形質にも細かい違いや傾向差が出る。

てことで、頭の鱗を少し撮影した。
特に、頭頂板と、その上周りの細かい鱗に差異が出る。




DSCF7715.jpg
模様付きのWDちゃん。

DSCF7716.jpg
こっちは違うタイプの模様付きのWDちゃん。



ここからはCBちゃん。
全部違う個体。
以前からウチに居るWDちゃんは全部この以下の画像の頭頂板タイプ。
頭頂板上の細かい鱗は差があったけども。
DSCF7718.jpg


DSCF7719.jpg


DSCF7721.jpg


DSCF7723.jpg

模様付きのタイプと、今までウチに居るタイプは首周りの鱗も違う。
模様付きの方はなんか全体的に長めの鱗が多く、さらに長い鱗もチラホラ混ざる。
CBでは個体差が少しあるんだけど、模様付きとは一枚一枚の鱗の先の二対の点刻も出方も少し違う。

ちなみに尻尾の裏の鱗の形状も個体差が多い。
1枚鱗が多いと何か嬉しい。


まぁ、違いが在ったら何だって話だけど。
構造理解にはクソ程の役にも立たないしな(´・ω・`)

けど、「 お前ここも違うんだねーデュフフ 」 とか言いながらこの子らムニムニ弄ってると楽しい。





関連記事
スポンサーサイト



2018/12/30 Sun. 11:03 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret