07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

これはこれで保存を 




■2018/1228





シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7696.jpg
CBちゃん。
CBの中で一番のお気に入り。
CB連中はこないだ導入したWD個体より既に体長がある。

DSCF7697.jpg
この鱗の縁に沿って模様が出る個体なんだけど、このタイプは現地でもおそらく少ないだろうから、
これはこれで選別交配で保存をしていこうか。

DSCF7698.jpg
鱗が綺麗でちょっとした鯉みたいな印象も受ける。

ちなみにゲーイーホグノーズだけど、WDからの繁殖よりCBからの繁殖がしづらいパターンか。
全ては育成過程に問題があるんだけど、存外しっかりやっていかないとCB 1代目で累代が途切れるだろう。
一般的なヘビの観念で育成すると、100%消失するだけだろうな。
まぁそんなのはわかりきってるから、今更なんてことはないけども。

モデスタスもそうだろうな、こっちは更にシビアか。

マダガスカルホグノーズ系は、CB個体を理解していくとこの種の本質が見えてくる。
CBからでなければ絶対に見えない・理解できないものが多いからだ。


話は変わるが、準備もボチボチ進んでる。
来年は春辺りから纏めて動く。





関連記事
スポンサーサイト



2018/12/28 Fri. 08:22 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret