08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

早い 




■2018/1126





イエローベリーレーサー
Coluber constrictor flaviventris

DSCF7648.jpg
あんまり変わってないように見えるけど、結構成長してる。
今回ペース早いな。

昆虫類・ヒヨコの足・活マウス、なんでも喰うようになった。


DSCF7649.jpg
最近になって漸くこの北米レーサー系への要求比重が見つかった。

この系統の種は、体表側と内臓で、
ある要素の要求量と消費にズレが生じやすく、それが落とし穴になることがわかった。

それを理解しない限りは、ベビーからの育成率は安定しない。
個体の強さに依存した、ある程度の運任せの育成になる。


以前、メキシコサウザンブラックレーサーのCHが1頭、胃捻転らしきものと脱腸を起こしたことがあったが、
今となっては理解できるが、あれは偶発的事故ではなく、
私の理解不足による供給・構築の積算不足によるものだ。

今なら明確にそれが分かる。

ほんとヘビはなんかしらのクセがある。
サウザンブラックレーサーのリベンジから4年ちょい経過して、漸く今回の発見と理解だ。
なかなか気付かんもんだな。

てか、ゼロからヘビの構造理解開始して、まだ4年程度か。
もっと時間が過ぎている気がしていたがまだそんなもんか。





関連記事
スポンサーサイト



2018/11/26 Mon. 19:22 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret