08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

白いのよりも 




■2018/0920





グレーラットスネーク×イエローラットスネーク 
Elaphe obsoleta spiloides×Elaphe obsoleta quadrivittata

DSCF7584.jpg
ハイブリちゃんの黄色系と灰色系。

グレーラットスネーク×イエローラットスネークのハイブリはバリエーションが多い。
そのうえ、サイズが伸びてくれば色も変わってくる。


DSCF7585.jpg
見るとよろしい。
この中途半端な混ざり具合と色を。

DSCF7586.jpg
個体によってこのぐらいの色の差は出る。

DSCF7591.jpg
この黄色系は横から見るとブロッチとストライプが重なっていて、
こんなふうに腹板と身体側面の境目と、側面中心部に黄色やオレンジ系のストライプが出てる。

そして背中は黄色と灰色が混ざったブロッチ。

DSCF7590.jpg
灰色系も何頭か居るけど、特にこの個体。

灰色にわずかに黄土色を混ぜたようなこの色。
この子はあのグレー×イエロー × グレー×イエローのリューシスティックよりも当たり個体だと思っている。

DSCF7588.jpg
色模様だけでなく、体型や骨格、成長スペック、そういった部分もバリエーションが多い。

この2頭では特に鱗のキールの出方が可也違う。
下半身でこの差。
灰色の方が極端に上半身のキールの出方が弱く、触った感じがサラサラしてるが、
黄色い方はキールが強く、ガサガサした感触になっている。


まだまだ小さいが、まぁボチボチ伸ばしていこう。





関連記事
スポンサーサイト



2018/09/20 Thu. 22:18 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret