11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

尻尾 




■2018/0912





イエローベリーレーサー
Coluber constrictor flaviventris

DSCF7575.jpg
以前メキシコサウザンブラックレーサーのCHベビーやったときは強制給餌でやってたけども、
今回は最初から自力で喰うから成長が早い。

腹板にもう黄色っぽい色が出てきてる。



下の画像でわかるが、尻尾の先を切ってしまった。
DSCF7576.jpg
導入時に尻尾の裏側に北米系の皮膚病の1種が極小さく出てたんだけど、
有るか無いかもわからないような僅かな小さい腫れだったから脱皮してから対処するかとか考えてたら、
1回目の脱皮でその患部から下の皮が引っ掛かって抜け殻が残ったんだけど、
その抜け殻を剥がそうと思って爪でカリカリしたら、その患部を爪で引っ掛けて、尻尾の肉に切れ目を入れてしまった。

その後尻尾の先が萎れてきて、
結果、私が余計なことをしたせいで、2回目の脱皮で尻尾の先が切れるというね。

せっかくのCHなのにすまねえ(´・ω・`)
2回目の脱皮までそのままにしておけばよかった・・・。


DSCF7577.jpg
このサイズでも結構育ってる。

まぁ今だとベビーの段階でここまで代謝上げれるのか。
メキシコサウザンの時とは別物だ。


ちなみに、多分1ペア揃った。
なんとかなるなら、なんとかしたいもんだ。
まぁ来年以降、WDアダルトが入れば導入するけどな。(タイミングが合えば)

ただ、この北米レーサー系。
理解不足による飼育上の弊害が結構出る。
先月もCHのメキシコサウザンブラックレーサーで少しトラブった。
あの行動変化は毎日何度も見てなきゃわからなかった。
何とか処理出来たが、まだ想定外なんぞザラに出てくる。

WDアダルト個体からのCHやCB。
国内でも海外でも、そう簡単にそこから先に繋がっていかない理由は、まぁそういうことだ。

WDアダルト個体の育成よりも、CHやCBをベビーからアダルトまで育成する方に、手間と難があるタイプ。

まぁなんとかしていこうか。




んである種を導入確定。
ちょっと厄介なやつ。

・・・取り敢えずやってみるか。





関連記事
スポンサーサイト
2018/09/12 Wed. 12:27 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret