08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

思いのほか 




■2018/0819





ゴールデントビヘビ
Chrysopelea ornata

DSCF7543.jpg
ヒナウズラ給餌後。

大体この種がわかってきた。
未確定の部分もおよそ割り出しが出来た。

ただ、この種はコンディションや活性値が上がれば上がるほど、ある部分に逆に問題が出てくることは想定している。
まぁ、それは人の手でクリア出来る問題ではあるが、その問題が目に映るかどうかは初歩的な理解量に左右される。

それはこの種に限ったことではないが、構造の都合上その問題が出やすいだろう。
無論、即時的なものではなく、長期的推移の上で発生する。

画像はボロい状態で来た子の方だけど、それなりに肉も付いてきた。
ここ最近導入してる種類の中では思いのほか構造が単純で一番やりやすいだろうか。
構造の単純さはマダガスカルホグノーズ系より上か。

けどまだ何か見えてないものはありそうだから、ボチボチ弄っていこう。


ウチの2頭は導入時から鼻先を擦ってる。
グリグリする頻度は低下してるからそのうち治るだろ。
DSCF7544.jpg

メンタル面も馴染んできたから、来月ぐらいには大きいケースに移すか。

てか、年内にペア確定させたいけど揃うかねえ。

DSCF7545.jpg
これ植物ガンガン入れたケージ作って多頭飼育すると愉快そう。

今はやれないけど、いずれ作ってみるか。





関連記事
スポンサーサイト
2018/08/19 Sun. 01:35 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret