11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

3種合同撮影 




■2018/0224





そういえばせっかく3種揃ったのだから、合同撮影はするべきだろう。




モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis

DSCF7357.jpg

3種合同撮影なんだからもう少しマシな撮影の仕方があるだろうに、纏めてケースに入れただけっていうね(´・ω・`)

まぁ豚がまともな撮影なんか出来るわけないんだよなぁ・・・。



モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
DSCF7359.jpg
やはり3種中、持つと一番バタつく。


シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
DSCF7360.jpg
ゲーイーホグノーズはとある計画を思いついたから、数年後に試してみるか。


マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis
DSCF7358.jpg
もしかしたらマダガスカリエンシス、ペアで居るかもしれん。 極めて微妙だけど。


このマダガスカルホグノーズシリーズだけど、マダガスカルの中でも生息ポイントで色や模様に結構な差がある。
ゲーイーホグノーズも繁殖した中からは個体バリエーションで別の模様は出てこなかった。
あの色模様の差はおそらく個体差などではない。
その色模様の系統で交配したら、系統が混ざった個体でなければ同じ色模様の個体が出てくると思う。

モデスタスホグノーズで3パターン。
ゲーイーホグノーズで5パターン。
マダガスカルホグノーズで4パターン程の色模様の系統を、海外の画像などでは確認している。

ゲーイーホグノーズの内の1種はなんか怪しいけども。

おそらくもっとあるんじゃないかな?
ちゃんと調べてる人間なら色々わかるんだろうけど、私は分類とか種類・亜種・地域個体群やらは存外ろくに調べない。
とはいえ、繁殖は出来れば同じ系統でやりたいよなぁ。

・・・なんていうものの、ウチの繁殖したゲーイーホグノーズは2系統混ざってる。
合わせた♂♀が別の系統。
混ざった場合でも色模様は2系統の範囲内での表現になってる。
他の3系統の表現は出てきていない。
全部自分で飼育する分だからアレだけど。
まぁいずれは複数の系統が欲しいよな。



で、豚がブタバナヘビを撮影してるなんてね・・・ね・・・ウフフ・・・・・・(´;ω;`)


今回は3頭ともにWD個体だが、今度これやる時は3種全て自家産CBでやってやろうかね。





関連記事
スポンサーサイト
2018/02/24 Sat. 13:33 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret