10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

早かった 




■2017/1204





あそこから2日で脱ぐのか(´・ω・`)
もう数日は掛かると思ったんだが思ったよりも早かったな(読みズレ)




モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7264.jpg
てことでエサあげてみたけど脱いだ当日でも喰える。
♂・ファジーマウス2 ヒナウズラ2
♀・ヒナウズラ2 ヒナウズラ頭部1


DSCF7265.jpg
この種の構造的に、脱皮時の剥離液分泌を緩やかにしてる都合で、体液を内側に戻すのも早いようだ。
脱皮前の総合的な代謝稼働量の差で時間差は出るだろうけども。

だからあの要求要素が脱皮前に発生するのか。
なるほどなぁという感じ。

白濁が消えてから脱ぐまでは♀の方が早かったが、
性差による要求量差を♂の方に合わせ気味にしていたから妥当か。

DSCF7268.jpg
飲み込んだあと。
口周りに霧吹きで水を掛けて飲ませる。

DSCF7269.jpg
食後のミスティング。

当たり前だが通気性の悪いケース使って蒸らしたら早めに死ぬからな。


コレね、乾燥系だとか言われているけど、この類のヘビに必要なものは別段乾燥ではない。
当然ながら乾燥させるだけでは消耗するだけで、細胞の構築なんて何の種でも出来るもんじゃない。

モンペリエスネークもそうなんだけど、
環境適応上、水分の再利用能力は高いだろうけど、それは耐えるための能力であって水分の再利用は必要要素ではない。
当然ながらコンディションには不必要。
体内濾過に負荷をかけてるだけだ。

水を入れないで飼育するなんて話聞くけど、それはあくまでも部分的に低代謝状態にして耐久モードにしているだけ。

おそらくは早い段階で、通常成長力と経年における骨格発達がほぼ停止しているはずだ。

まぁこんな話は前にもしたか?



しかし数年前の私なら飼育も導入時の構築も難しかったろう。
危うい部分はあるが、今だからこそ少しはやれる。
唯の豚だが、ほんの少しはマシになってるじゃねえか。





関連記事
スポンサーサイト



2017/12/04 Mon. 20:48 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret