10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

耐性も上がる 




■2017/0909





サウザンブラックレーサー
Coluber constrictor priapus

DSCF7203.jpg

まぁ、最早ケースの外からでないと撮影出来ない。

慣れれば慣れるほど意思表示として咬んでくるようになる。
それはWD個体もベビーからやっても変わらない。
大人しい個体を持ってる人は大当たり個体なので大事にするように(´・ω・`)


しかしよく生きてたなこの種は。
去年の私が潰れてる間は紫外線の供給量などほぼゼロだった。

通常この種のWD個体に半年も紫外線を遮断した場合は、99%死が確定している。

しかしこの子は普通に生きていた。
それには当然理由がある。
DSCF7202.jpg

それは供給要素の積算量における体の構築によるものだ。

例えば、ある要素が要求量が10%しか満たされない状況で1年体を創るのと、
要求量が80%満たされた状況で1年体が創られるのでは、
その先にある稼働量と、遮断耐性、維持能力などが全く別物になる。

まぁそれは哺乳類も変わらんわな。

こういうものはヘビにも存在し、それは明確なコンディションでもある。

長く飼い込んでる割に、なんかあるとすぐ状態を崩すのはコンディションに余裕が無い、
もとい、積算における体の構築が足りていないからだ。

強い体を作り、負荷に対して余裕のある身体を創っておけば、飼育下におけるリスクに対してかなりのアドバンテージになる。

そのおかげで今もこうしてこの子は生きている。
いまちょうど3年ぐらいか。



現時点ではまだ再構築中だが、繁殖などは来年以降はいつでもいける状況だ。

・・・♂が手に入ればな(´・ω・`)





関連記事
スポンサーサイト
2017/09/09 Sat. 13:39 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret