10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

これが典型例 




■2017/0525






先日コメントで来た 『 さも持論を事実かのように言うのは辞めた方が 』
というこの言葉、実に気に食わないねえ。

言うの大人気ねえし我慢して控えようかと思ったが、やはり気に食わんから書いておくわ。




上記の言葉で私に絡んできたということは流通量の多い情報に初期段階で依存し、
その中で自己の正当性や技術的確信を発達させてきて、それに対する疑念性を誘発する情報に防衛反応を出した。
ってとこだろうけど、これ、ヘビのこと何も考えていないのはまぁ見ればわかるな。
依存的な人間の典型的なパターンだ。

コメント内でも『 問題無く 』という言葉を重点においており、
ヘビを飼育する上で、どのような問題が発生するかを全く思考に入れていない。

コメントの言語性質から、WD個体の飼育で問題の発生なんかあるわけ無いだろうという意図が露骨に見える。

全てのブリーダーが問題無くあらゆる種類を増やせるなら、同時にあらゆる問題の解決法も提示されているはずだ。

海外から情報が回ってきており、海外でも国内でもまともに飼えているなら、
長期飼育の年数基準は数年ではなく、10年・20年という水準になるだろう。

要はこの人間は、ハナから発生する問題を解決する気は無いと、理解する気は無いと、宣言してるわけだ。

何の足しにもならんまともな結果を残せていない、コピペ飼育水準を理念にしてな。

海外でもコピペ飼育の連中は多いが、このやり方が海外で結果を残せているなら、
日本の一般飼育者もほぼ全ての人間が、あらゆる結果を残せているよなあ。


残ってんのは構造理解や繁殖の実績・結果ではなく、
実際は ″星の数ほどの失敗例と、星の数ほどの無知な飼育者 ″だけだろうが。


それが30年分以上は積み重なってる。

この30年そこらの間に、日本がその種のある程度の構造理解・継続した繁殖、それらを成しているものは数えるほどしかない。
たまに変なのが殖えても持ち腹だったり、アダルトで仕入れて翌年1度産ませただけってのが多いわな。

海外も全てのブリーダーが、ではなく、極一部の人間が飼育難種系を少しづつ分散してやっているだけだ。
状況把握能力が無い人間からすればそれがほぼ全員に見えるのだろうな。

飼育水準の差もわからない状態ゆえ、馬鹿でもまともに飼えてるように見えるのはまぁ妥当だろうがな。


紫外線の効果を把握するには、その供給の有無において、他の各要素の反映率とその推移を見る必要がある。
というのは以前書いた。
紫外線の遮断耐性と要求量、これは種別に存在しているが、この人間はそのデータを回収したのかと。

トカゲで言うと、アオジタのCBは飼うだけなら紫外線要求量は極めて少量だろうが、
キノボリトカゲの系統あたりはCBだろうがWDだろうが要求量は極めて高いだろう。

ヘビにおいてはアオジタ基準で、それじゃあ他のトカゲほぼ全種にも紫外線は要らないと判断してる馬鹿げた状況だ。
トカゲの方も紫外線への遮断耐性差異・遮断後の時間的低下推移差異がある。
ヘビも同様で、種別に差があるだけだ。


反応差異も回収してない無知な人間が、それなりの技術と理解を持つ人間に対して上記の言動。



お前は紫外線遮断要因で死んでいるのか、他の要素の遮断要因で死んでいるのか、その区別がつくのか?
当然つかないのはわかっている。

各要素の相関性も見えていないのに、何故紫外線が不要であると判断できる?

それを割り出せる技術と理解がお前にあるか?


だからこそ、″ 他の誰かの言葉を批判理由にした ″・・・まあそうなるわな、頭の中に何の理解も無いからな。




『 さも持論を事実かのように言うのは辞めた方が 』 ・・・それはてめえだ。




その言葉の先の何処に発展性がある?
その言葉はこの30年で何処につながってきた?
その言葉で実際にお前があらゆる種を攻略できるか?



断言しておくが、言動にも生体にも無責任な飼育者の屑の代表的な例がこれだ。

モノを学ぶのは嫌だ、けど自分の尊重はして欲しい、不安になるのは嫌だ、問題が発生するのは考えたくない、
一般常識に依存してれば間違いはない、まともに飼えてるつもりになりたい、考える事はしたくない、
コンディションの追求もしたくない、面倒なことはしたくない、誰かの言葉と理由しか口から出てこない、
成体の体を何も調整できない、かもしれない・わからないという言葉しか出てこない、
自分の都合のいい言葉しか見えない、生体にも自分の都合の良さしか見ようとしない、
コンディションが低下してきても自分のせいではないと言い、失敗を活かすと言いながら何も変わらない、
全ての生き物を哺乳類基準で認識し、病気になっても食べれば元気になると考え、
環境・環境と言いながら出てくる言葉は温度と湿度だけ、自分では何もしないが愛情だけはかけてるつもりwwwww

″ これがあらゆる種類をまともに飼育出来る飼育者 ″ってわけだwwwwwwwwwwwwwwww





今後、ヘビの業界は今までのように適当に飼育されて、
殺して何もわからないまま終わり。
わずかな理解にも繋げずに終わり。
そんなことは許されなくなってくる。

ツイッターあたりでも私が少し気になる方々も居るぐらいだからな。
技術の伸びしろがかなりありそうな人間も見つけた。
時間は掛かろうが飼育水準を自発的に追求していける、
ああいうまともな飼育者はヘビの方でも今後間違いなく増えてくる。

私もあらゆる結果を出し、他の飼育者と共に何かをすることにもなるだろう。
ヘビの適切な飼育水準の普及において、何らかの活動もするだろう。


・・・実績というものは、最大の説得力だ。





『 さも持論を事実かのように言うのは辞めた方が 』

俺はこの言動ほんとうに気に食わねえのよ。

こういう無責任な人間が、
最初にヘビの馬鹿みてえに低い飼育基準を作ったんだろうからな。








関連記事
スポンサーサイト
2017/05/25 Thu. 23:22 | trackback: -- | comment: 4edit

コメント

釣りか、そういうことならば問題無い。
まぁ紫外線が要らないだろってだけなら『前の記事を読め』で済んだんだが、
さも持論のように、で少しばかりイラッときましてね。

もしそれが本当ならば些か詫びねばなリませんか。
が、まぁ今回はどっちもどっちですねこりゃ。

とは言っても最低限の事は以前書いてあるんで、
コメント内で言えることにも情報制限が絡むので別段面白い話は出て来ませんぜ。

少しでもちゃんと考えてやってくれているならば、
私を侮辱することも、嘲笑うことも問題ありません。

今後釣られないように気を付けますw


レベッカ臼井 #- | URL | 2017/05/29 04:27 * edit *

こんにちは。こんばんは。

さも持論を事実かのように言うのは辞めた方が
のコメントをした者です。

まずはじめに、釣られてくれてありがとう。

そもそも、何故私があのようなコメントをしたかと言うと、あえて蛇に紫外線は必要ないと盲信的に言い切ることにより、貴方のヒートを買い更に有益な情報を引き出す為です。

私は元々貴方の意見には賛成派ですし、飼育している蛇にも当然紫外線を当てております。

その中で、貴方の持論や価値観をより感じたいと思い、あのようなコメントをさせて頂きました。

いやあ、それにしても長文かつ必死な文章で実に読み応えがありましたし、蛇に対する愛、熱意も十分に伝わりました。

最後にもう一度、心からこの言葉を送ります。

釣られてくれてありがとう。

#- | URL | 2017/05/29 03:51 * edit *

はじめまして。

確かに暴言が過ぎるとは自覚しております。
ですが、こう飼育するのだと書籍などで明言する以上、
安易に簡単に飼えるという基準と認識を、ヘビに付属するべきではありませんでした。

それは時代の話ではなく、飼育者がどれだけその種を追求できてきたかです。
私は構造理解を考え始めてから4年未満です。
その年数で、ある程度は内臓・体液・血液・細胞、それらの状態・性質や機能を意図的に構築・操作し、
基本的な各要素の相関性などを理解し、かなり思い通りに体内をいじくれるぐらいにはなりました。

別に誰からも教わったわけでなく、99%以上が自力での理解です。

ですが、上記の基本的なことがやれても、
それでも理解を軽く打ち砕くほど厄介なのが種別要求要素や要求比重です。

とてもじゃないがヘビは決して簡単に飼える生き物ではないのですよ。
ある程度の環境つくればそれで体の機能が稼働し続けるような生き物ではないのです。
実際は耐久性があるだけで、爬虫類の中でも飼育難易度は高い部類に入ります。


嫌なことに、理解量が増えるとヘビというものがどれだけ理解されていないかが見えてしまうのです。
数十年前から現在まで、どれだけいい加減に、不理解のもとに飼育されてきたのかが。

故にたかが紫外線の必要性の理解で何十年と時間がかかるのは、
今まで、または今の飼育者の念頭に最初に飼育法を提示した人間の話があるからです。

初めに飼育上のデータを取った人間が、もう少しまともな理解ができていれば、
現在の一般層の水準も必然と高くなるはずです。



飼育上の失敗を責めている訳ではないのです。
それはどんな人間でもありますし、私もこれからも繰り返すでしょう。
簡単に飼えるという先入観だけで飼育し、何がヘビに・その種に必要かを考えない事を責めているのです。


ただ、私が言っているのはヘビのジャンルだけの話であり、
他のカメレオンやトカゲ・ヤモリのジャンルなどは飼育水準が低いとは思っておりません。

ヘビだけなのですよ、何十年もほとんど理解が進展しないのは。



輸入や販売の開拓をしてくれた方々には感謝はしています。
ショップなどにも基本的には飼育水準の意識は持ち込みません。
ショップはあくまでも売る場所であり、輸入販売してもらえるだけで本当に有り難いと感じています。

ですが、当初のヘビの飼育情報に関して、または飼育者自体はあまりにも適当にやり過ぎです。


ヘビの輸入初期、最初は興味本位で飼育して、ガンガン死んでいくのは仕方のない事です。
しかし数十年経って、ほとんど何も変わってはいないのです。

私はそれが我慢ならないのです。
昔の飼育者がもっと本気でやっていれば、最初にヘビの飼育情報を流した人間がもっと本気で考えていれば、
人の手元で、ヘビはもう少し良い状況で生きていけているはずです。



人間というのは言葉だけを見ても、色々と条件が揃わないとその必要性を認識は出来ないものです。
構造理解なんてのは極めて面倒なものですので、
簡単に飼えるという先入観のある飼育者には、必要性は感じられることはないでしょう。

ですので基本的には私の実績というのは、どんな人間でもわかりやすい繁殖攻略種数になります。


それにより、自分たちがつまづく中で、
こいつはこのぐらいの結果は出しているのかと、それらを成すには何が必要かと、
意識してくれる人間は少しは増えてくるはずです。

それには数種類などではなく、個人で何十種という圧倒的な繁殖実績が必要になるでしょう。

それも今までまともに飼育もされていない種類でその数が必要でしょう。


とはいえ個人的に好きで飼育していますので、上記の理由がなくても私は同じ結果を求めるでしょうが、
この結果が、ヘビの理解・飼育下状況の向上に少しでも役立つなら、そういう方向でもやるだけです。


商売の基盤があるので、ヘビはこれからも輸入されるでしょうが、
WD個体や様々な種類がいつまでもまともに理解されずに死んでいくだけというのは、あまりにもな話なのです。


都合、私はシビアな言葉や暴言を吐かざるを得ないのです。
ヘビ飼育者同士のやり方の尊重では、もはや何も生まれはしないのです。
ヘビに必要な物は、理解なのです。



レベッカ臼井 #- | URL | 2017/05/27 13:52 * edit *

最後の文章は爬虫類飼育と言う骨格を作ってくれた先駆者の方々に失礼なのでは?あなたは80年代、90年代の爬虫類飼育の実際を知っていますか?
いずれ、飼育本か何かであなたの実績を見てみたいです。
ブログ内で騒いでも意味ないですし。



#6/xHhU9E | URL | 2017/05/27 11:10 * edit *

コメントの投稿
Secret