08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

この1年 




■2017/0422






ノーザンパインスネーク 
Pituophis melanoleucus melanoleucus

DSCF7072.jpg
こちらも現在復旧中。
もうね、全体的に去年のダメージが大きすぎる。

少しはマシになったが、まだ骨格に対して肉付きが弱く、構成状態も話にならない。
早く何とかしたいが、あまり急いでも良い結果にはならない。


体の融通が効かないと碌な事が無い。
当初2ヶ月程で6月に復帰する予定が、10月後半から少しづつ動け始めて最近まで掛かってしまった。
正直この1年は私にも負担がありすぎた。

去年私が潰れていた間、全個体に餌も水分供給も最低限すらやれず、気温すら上げられない状態が半年程続いた。
私のいる地域は気温が上がらないポイントにあるので、その内前半の3ヶ月程は日中20度前後・夜間15度前後が続いた。

普通ならそれなりの個体数が死んでいるだろうが、幸い構築していたコンディションが功を奏し、大半がなんとか生き延びた。
その状況や気温が続いてコモンカーペットなどが生きているのがおかしいが、
逆に最も低下推移が低かった個体がコモンカーペットだ。
それには体のシステムに理由がある。
それはいずれ書くと思う。


DSCF7073.jpg
ゲーイーホグノーズの繁殖などはその状況下で合間合間で手を加え、かろうじて繋げたものだ。
マウス繁殖の方もほぼ壊滅状態にまでなったが、なんとかそちらも少しは復旧してきている。



だが去年の負荷の都合で2頭程死なせてしまっている。
去年1頭、今年1頭。

1頭は状況都合、1頭は単純な自分のミス。

それも同じ症状絡みで。
要因は低体温による代謝低下ではなく、積算熱量不足による免疫低下によるもの。
飼育を始めた頃から稀に、ある部位に発生し、
そこに何が起きているのかわからなかったけども、何故か治せる症状があり、
皮肉なものでその2頭の件でその内容が漸く明確になった。

それに関してはまた別に書こうと思う。




飼育者が病気で身動き取れなくなれば、生体を手放したりするだろうが、
私はある種の理想や理由を持って生体の導入をしている。
その辺で採集したWD個体なら選別時や緊急時はそこに放せるけども、直に購入した個体はそうもいかない。

だが自分が何年も手がけた個体が他所の飼育者の手元に渡るなど、私が最も見たくない光景だ。

私はこの点ばかりは自己都合を最優先しており、
都合、最悪どうにもならなくなった場合は全て自らの手で殺すことを選ぶだろう。
まぁその時は自殺でもする時だろうけども。

・・・この程度の執着心もなしに、誰が独りで理解を突き詰められようか。







関連記事
スポンサーサイト
2017/04/22 Sat. 23:06 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret