10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

こんな要素も 




■2016/0226





コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

2016_02250002.jpg
こちらもこないだ体重計測。
2200グラムちょい。

前回給餌から2週間以上は空けたか。
昨日から親ウズラを提供。
内臓抜けば喰えるようなので今後は親ウズラが主体になる。

2016_02250001.jpg
しかしアレだ、衣装ケースにドリルで大量に穴開けてその中に入れていたんだけど、
結果から言うと、衣装ケースは穴開けるだけではカーペットパイソンにはNGですね。

というのも、半端な穴の数では通気性が必要量を確保出来ないようで、
見てる感じでは体や内臓に浮腫(むくみ)が発生するようだ。
要は体表から上手く水分が揮発出来ないという事。

ヘビは体表からの水分の揮発量も代謝に絡んでることは分かっていたが、
どうやらカーペットはその要求量が高いようだ。
ミスティングをガンガンやるのは問題無いが、しっかりとした通気性下で体が乾いていくのが必要だな。

その状態になると何を求めているか分からない動きをたまにする。
食への反応も鈍くなり、表皮を触った感触が変わる。

ブルやパインなども床材に加水しすぎて湿度が上がる日数が長くなると一時的な拒食を起こす。
こちらは供給量を調整すればなんとでもなるが、カーペットはそういうわけにもいかないようだ。

おそらく浮腫を放置したままだと、内臓の何処かに何らかのトラブルが出るのだろう。
2016_02250003.jpg
先日から他の半透明の衣装ケースで、ドリルで穴ではなくフタをカットして大きく開口部を作り、
そこに園芸用の底鉢ネットの大きいやつをタイバンドで縫い付けている。

そして一時的に軽くサーキュレーターの風が当たるように調整。
その後たった数日で状況が改善、変な動きをしなくなり皮膚の感触も元に戻る。
が、風を僅かに当てるのはしばらく継続かな。

ついでに光が入りづらい状況もNG、メンタルダウンからの免疫力の低下が発生する。

しかし余計な所で負担を掛けてしまったな、負荷のあった場所を再構成していかないとな。
まぁ種類ごとに色々とあるもんだな(´・ω・)





関連記事
スポンサーサイト



2016/02/26 Fri. 05:18 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret