10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

6月の窮鼠・2 




■2015/0615





地獄の有無など考える余地など無い。
目を開ければ其処に、それは目に映る全てに広がっているではないか。

――― チノちゃんの手を握りしめられぬほど当然の如く。















ラフグリーンスネーク
Opheodrys aestivus carinatus

2015_0615000199.jpg

どうすんだよコレ。





4頭目が産みやがりましたのですです。
もう煉獄一直線。

腹に抱えて飛び込む為の石をもう準備しなければいけなくなった。





都合4頭仕入れてみたけれど、正直ラフグリーンは苦戦している。
栄養反映率が明らかに低下している。
導入してから今まで、何がこの種の内臓稼働量を底上げする要素かがイマイチ見えてこない。

しかし現状とりあえずある仮定をし、それを再現するために必要なものを注文してみた。
が、それでどうなるかはわからない。


いやいや、おそらくこの種は通常のヘビの概念が通用しない。
ヘビの飼育難易度で言えばTOP3ぐらいには入るのではなかろうか。
要求される調整がマクロ過ぎて、自分の手と感覚だけでは補えないのか。

なんとなくだが、コレは両生類をやり込んでる人間とかの方がまともにやれそうな気がする。

が、出来る限りはやってみよう。

少しは見えてきたモノもあるしな。





して、ここでこの卵。
幾らCHだからってそんなに難易度が下がるとは思えないんだよなぁこの種は(´・ω・)



まぁ孵化すればの話とはいえ・・・
現状でも苦戦してるってのに産卵後の♀の立ち上げとか
ベビーの飼育とかやれるわけ無いだろ、いい加減にしろ!(心折)









関連記事
スポンサーサイト



2015/06/15 Mon. 21:04 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret