11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

多分必須 

 


■座卓部 2014/0721






今月末にもう1ペア、こいつらが来る。
これで来年にもう2~3ペア導入できれば最早鉄板だろう。
楽園への架け橋を数年を掛けて築きあげようではないか。
モンペリエは意地でも増やしたい。
それは私のやるべきことではないかと思うのです(*´・ω・)ネー




トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

2014_0720_225328.jpg
クーリングの設定をどういう調整にするか、海外の色んな情報漁っていたけども、
亜種が4亜種ほど居る上に分布域が広く、わかりづらいことこの上ない(´・ω・)

結果、何とかおよその検討はついたから数年後に挑戦だ。
2014_0720_224857.jpg
この首周りのくびれの無い滑らかなラインが素晴しい。

2014_0720_225022.jpg
だいぶ気性も落ち着き、もうほとんどバタつかない。

2014_0720_225121.jpg
うむ、この状態。
この状態をもってして130センチ以上まで育てれば繁殖も夢ではなくなる。

2014_0720_225253.jpg
この輪っかになったところ大好き(*´Д`)



8月中にはモンペリエには紫外線灯を導入します。
あと、定期的にケース内を30度以上にして体温を上げる日を設置しようかと。

最近、色々と飼育・模索しているとある結論みたいなものが見えてきました。

紫外線ですが、一般的にはヘビには必要無いなどと言われておりますが、
CB個体は別段必要無いかもしれませんが、WD個体の場合は必須事項なように見受けられます。

野外では紫外線による代謝UP、体温上昇による自己駆虫が必然的にありますが、
それありきで生きてきた連中にその環境サポートが無い場所ではやはり無理があるのではないかと。

WDのアオダイショウとかではどんなにコンディションが良かろうと、数年である程度突発死が発生するのはそのへんではないかと思うのです。
おそらく代謝低下による臓器不全といったところでしょうか。


あと薬に関しても、線虫・条虫系の駆虫薬を使うとある程度の負担があるようなので、
現状の状態が良い分、できれば使わずにいこうかと思うのです。


2014_0720_225641.jpg
ほら、少しぐらい触っても平気(*・ω・*)


ああ、ガチムチ可愛いよガチムチ(*´Д`)ハァハァ
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2014/07/21 Mon. 00:03 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret