10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

意外と 




■座卓部 2013/0203








シモフリブタバナスベヘビの♂がクーリング手前で落ちた(´;ω;`)

これから気温下げて調整しようと思っていた矢先、不意にお亡くなりに・・・
調子悪そうには見えなかったんですが・・・(汗)

そんなわけで今年は誰もクーリングさせずじまいという事になりました(´・ω・)
コーンスネークとか飼いはじめてからアオダイショウを増やそうという気も無くなったので、アオさん連中も今年は通常管理。
今後もアオダイショウ繁殖は取り組まないかもしれません。

・・・餌食いが不安定極まりない種類をこれ以上抱え込んでもしょうが(ry




それと対極にあるのが一般的に流通してる外産ラットスネーク。

あと、この種類。






カラバリア (ジムグリパイソン)
Calabaria reinhardtii

2013_0201_060316.jpg
相変わらずの水好き(´・ω・)

部室のこのカラバリア、ガーナ産との事らしいですが、ボールとかとは違い季節的な拒食を全くしない。
無論活しか食わないが、入れればすぐに目の前で食べる。

ようやく最近マウスさんが復旧してきたのでボチボチ餌が回るようになってきた。
給餌量少なくてすいませんカラバリアさん。

余談ではあるけども、こいつらにはあるやり方とタイミングでしかチェーンが通用しない。
ボールとかと一緒のやり方ではまずチェーンさせてくれない。

もう一つ、こいつらに9割前後の確率で解凍マウスを食わせる方法がある。
最初に活が必要なんだけども(汗)

最近上記方法を極めつつあるのでカラバリアに対する活マウスコストを減らしつつ、給餌量を増やしてやれそうだ。


2013_0201_060201.jpg
カラバリアの抜け殻。

2013_0201_060241.jpg
可愛い事にやっぱりというか当然、抜け殻の尻尾も丸くなってる。




あーもう、カラバリアもっと欲しい(´・ω・`)









関連記事
スポンサーサイト



2013/02/03 Sun. 16:42 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

小麦粉様初めまして。


動画ご覧頂きありがとうございます(・д・)ノ

ご質問の件ですが、導入時はマウスの活ピンクから始めました。

少ししたらピンクのサイズを上げていって徐々にファジーにして、
最終的にはホッパーのSサイズぐらいはカリキンのように追い回して食べるまでいきました。

おそらくカラバリアは冷凍マウスのみでは不可能かと思いますので
なんとか活ピンクマウスを7日~10日に1回とかで用意して、
後はチェーンか何かでマウス食べさせるのが適当な気がします。

ただ、個体の体内水分量が減っていたりすると食欲が低下するようなので
カラバリアが丸まって沈めるぐらいの深めの容器一杯に水を入れておくと、
思ったより長い時間入水してるので、そこそこ水場を好むヘビなような気がします。

この深めの水場がコンディションを上げる鍵なような気がしたりしなかったり・・・(´・ω・)

あくまでも個人的なアレですのでご参考までに・・・(・ω・)

ブログの方もたまに覗かせてもらったりしたりしてますので
カラバリア飼育がんばってください(*´ω`)
 

レベッカ臼井 #- | URL | 2013/06/13 01:09 * edit *

初めてコメントさせてもらいます。

youtubeにあげておられるカラバリアに手からマウス
を食べさせてる動画感動しました!!!!!!

うちもジムグリパイソンがいますがまず餌を食べません、
活をやられてたと書いてますが活はマウスですかラットですか?
もしよろしければ教えて下さいー!!!!!

小麦粉 #- | URL | 2013/06/11 19:50 * edit *

コメントの投稿
Secret