10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

よからぬモノへ擬態した者への逆襲 




■座卓部 2012/07/28









少し前にリベンジで密かに血反吐を吐く想いで導入していました。



カラバリア (ジムグリパイソン)
Calabaria reinhardtii

2012_0728_063354.jpg

2012_0728_063459.jpg
80cmほどの体長。



今なら当然色々とわかりますが・・・
前回挑戦時は、導入時からどうしようもないぐらいのコンディションだったので・・・
早い段階で駄目になりましたが・・・(´・ω・)

今回はあまりにもコンディションの良い個体を見つけてしまったので
胃が溶けてるんじゃないかと思う感覚の中、こいつの導入を決断。

上の画像のようにモチモチです( ・ิω・ิ)

そして予想外な事に、咬みはしないですが噴気音と共に顔をぶつけてきて威嚇しますw
海外の動画で見た、シッポを上に持ち上げてフニフニ動かしながらの移動もしてくれます(笑)
この動きを目の前で見れるとは・・・(´;ω;‘)





んで予想通り・・・





今回は食いやがりますよ。 カラバリア先生が食いやがりますよ。

2012_0728_054302.jpg

ケース越しに撮影したのでいつも以上に画質悪いですが(汗)
たまたま目の前で食べてくれたので撮影。

最近は連投でマウス入れてもちゃんと食べます。


ただ・・・どうやら基本的にファジーサイズ以下の活きマウスしか食べないようです。
限度サイズが頭と同じサイズぐらいなんでしょうかね。

ヒナウズラ食べてくれると楽なんですが、死にエサなんて見向きもしません(汗)

んでマウスが自分でピョンピョン跳ねるようになるとサイズに関係無く、本人がゆっくりなんでもう食べれません。
こういう時、マウスさん自家繁殖でよかったと心底思う。




んじゃ、あとは良く食べてダラダラ生きていっておくれ(*´Д`)









関連記事
スポンサーサイト



2012/07/28 Sat. 17:10 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret