10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

追い込みで 




■2019/1126





もうすぐ12月じゃないのやーだー小生やーだー (´・ω・`)

ほんとはもう少し色々と状況改善するつもりだったんだが、6割ぐらいしか進展してなくてワロス。
残りはもう来年だ来年。





イナヅマヘビ(イナズマヘビ)
Mimophis mahfalensis

DSCF8091.jpg
♂ちゃんの方。
脱皮モード入り中。

イナヅマヘビだけど存外懐っこくて、ケースの外から指動かすと金魚みたいに寄って来るから可愛い。

来年繁殖予定だが、ちゃんとスイッチは入るもんだろうか。
意外とサラッと入りそうな気はしなくもないが。

理論上はスイッチ入りやすくする下地は出来てるはずなんだがねえ・・・。


DSCF8092.jpg
画像は♂ちゃんだけど、♀ちゃんは去年2頭目の大きめ個体を導入してるから、その♀を使う。
今、来年に向けての追い込みで調整掛けてる。


ちなみにイナヅマヘビはこの♂ぐらいの肉付きでは細めに入る。
のらくらやってきたから程々の肉付き。

さ、後はペアであることを祈祷するだけだ。





スポンサーサイト



2019/11/26 Tue. 23:15 | trackback: -- | comment: 0edit

秒で 




■2019/1121





『ゆるキャン△』 が実写化されると聞いて、アレ実写化するとか馬鹿じゃねえの?
とか思ってキャストを見たら、福原遥ちゃんの名前を確認し、
秒で手のひら返して、 あぁ^~実写化いいっすね~(全肯定) とか言い始めた、クソ豚のブログがこちらです (´・ω・`)





ナンブミズベヘビ(フロリダミズベヘビ ・ フロリダウォータースネーク)
Nerodia fasciata

DSCF8088.jpg
♂ちゃん。

♂ちゃん小さくて可愛い。
ややキレキャラだけど可愛い。

DSCF8089.jpg
ところで、この種の繁殖をした場合でも、ベビーは全て抱え込むことになるわけだけど、
スペース的な問題で、この種の繁殖は数年後になるが、
その時に今の♀2頭が体重何グラムまで行って、ベビーを何頭産むのか。

そん時は一腹で40~60頭ぐらいは、ポンッて出てくるんだろうなあ・・・。


・・・二腹分欲しいんだよなあ (自殺行為)





2019/11/21 Thu. 22:03 | trackback: -- | comment: 0edit

たくさぁん 




■2019/1117





\ ハァイ、ジョージィ /
DSCF8083.jpg
わぁい、たくさぁん。

ジャワソウカダから出てきたやつ。
消化中の魚もあるから吐き出したやつか。

この活そうめん、胃内容物喰ってる系の連中か?
随分纏まって出てくること。





ジャワソウカダ
Xenochrophis melanzostus

DSCF8086.jpg
以前写した一番ボロかった子。
んで今回、活そうめん出した子。

これでジャワソウカダで大きめの寄生虫が出てきてない個体は居ないな (´・ω・`)

皮肉にもこの一番ボロかった個体が最も復旧力が高かった。
買っておいて良かった。

当然あんな状態じゃ一般飼育者ならまず再構築は出来ないが、
各種に対してやることやった上で発生する復旧力は、表面的なガレ具合では一様に判断出来ないもんだな。


DSCF8084.jpg
他の個体の1頭、あの無精卵産んだ♀はその後10日程でなんの挙動も無く眠るように死んでいた。

もう1頭の♀は胆嚢炎の♀の方。
復旧力が低めで、表皮に小さな水膨れが出来て、そこから皮下線虫が出てきていたりしたが漸く消せてきた。
胆嚢炎の方も7割減ぐらい。 このまま消せるといいが。



DSCF8085.jpg

まぁカエル喰い、魚喰い系は大量に入ってて当然。

こういう下手物系のヘビ飼育していて、寄生虫が死因に直結すると考えている上で、
免疫操作・免疫構築が出来ねえんだったら、駆虫薬ぐらい使っておけよ?

100%寄生虫が居るような連中相手に、せめて駆虫薬を使うという自分が出来る対処すらしねえで、
ヘビが死んだら 『 寄生虫が原因だった 』 なんて馬鹿な台詞吐いて責任逃れするために、
自分の理解不足と頭の悪さに対して、逃げ道残しておくような真似すんなよ?





2019/11/17 Sun. 19:39 | trackback: -- | comment: 2edit

いつの間に 




■2019/1116





グレーラットスネーク
Elaphe obsoleta spiloides

DSCF8078.jpg
もうそろそろ200cm超えたろうと思って体長測ってみた。

いつもどおり200cmのヒモを背中の中心に添わせながら計測。


DSCF8081.jpg

んでこの子の実寸体長だけど、今208cm前後あるのね。

いつの間にか随分伸びてたんだな。
精々200cmちょいぐらいかと思ってたんだが。
グレーラットスネークとしてはまあまあか。
ボチボチ伸びていくじゃないの。

来年いっぱいぐらいでケースサイズ交換かな。
この種でもフルスペックは250cmぐらいあるみたいだが、どこまで伸ばせるかね。


グレーラットは大きい上に気性も良く、異常な強健さまで備える。
単純にヘビを楽しむなら、コーンやブラック・テキサスとかのラットスネークだけで事足りるよなあと思う事がある。

下手物系みたいに厄介な構造してねえしな。
下手物系のヘビは胃が痛えだの、吐き気するだの言いながらやってる所があるしなあ。





2019/11/16 Sat. 12:05 | trackback: -- | comment: 0edit

早くなぁい? 




■2019/1112





クロスジソウカダ
Xenochrophis vittatus

DSCF8074.jpg
昨日ケース覗いてたら、なんか交尾してんだけどどういうことか (´・ω・`)

導入時からサイズは一回りは成長してるんだが、導入してからのこの2ヶ月ぐらいの間に♂は性成熟したらしい。

♀の方はどう見てもまだ小さいとは思うんだが、
これで産卵するようなら現状サイズが繁殖可能な最小サイズなんだろう。

やっぱり今回来てるのは小型傾向の個体群か。
♂の性成熟があまりにも早い。

そんなもんまだだろう、なんて考えて多頭飼育してたら交尾してんだもんなあ。

ただ、繁殖条件は把握できた。
出来たけど、これは条件なんてもんじゃねえ。
構築状態次第で結構乱雑に産むタイプだ。
年2回ぐらいは産卵いけるんじゃないか? やれても年1回以上やらないけど。


DSCF8075.jpg
まぁ♀が小さいから、未受精かスラッグになるだろうけど。

万が一有精卵産んでも小さめサイズの卵を2~3個ぐらいかな?

まぁ産めるなら産んどくれ。
このタイミングじゃCH扱いだけどな (´・ω・`)





2019/11/12 Tue. 20:18 | trackback: -- | comment: 0edit