10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

たくさぁん 




■2019/1117





\ ハァイ、ジョージィ /
DSCF8083.jpg
わぁい、たくさぁん。

ジャワソウカダから出てきたやつ。
消化中の魚もあるから吐き出したやつか。

この活そうめん、胃内容物喰ってる系の連中か?
随分纏まって出てくること。





ジャワソウカダ
Xenochrophis melanzostus

DSCF8086.jpg
以前写した一番ボロかった子。
んで今回、活そうめん出した子。

これでジャワソウカダで大きめの寄生虫が出てきてない個体は居ないな (´・ω・`)

皮肉にもこの一番ボロかった個体が最も復旧力が高かった。
買っておいて良かった。

当然あんな状態じゃ一般飼育者ならまず再構築は出来ないが、
各種に対してやることやった上で発生する復旧力は、表面的なガレ具合では一様に判断出来ないもんだな。


DSCF8084.jpg
他の個体の1頭、あの無精卵産んだ♀はその後10日程でなんの挙動も無く眠るように死んでいた。

もう1頭の♀は胆嚢炎の♀の方。
復旧力が低めで、表皮に小さな水膨れが出来て、そこから皮下線虫が出てきていたりしたが漸く消せてきた。
胆嚢炎の方も7割減ぐらい。 このまま消せるといいが。



DSCF8085.jpg

まぁカエル喰い、魚喰い系は大量に入ってて当然。

こういう下手物系のヘビ飼育していて、寄生虫が死因に直結すると考えている上で、
免疫操作・免疫構築が出来ねえんだったら、駆虫薬ぐらい使っておけよ?

100%寄生虫が居るような連中相手に、せめて駆虫薬を使うという自分が出来る対処すらしねえで、
ヘビが死んだら 『 寄生虫が原因だった 』 なんて馬鹿な台詞吐いて責任逃れするために、
自分の理解不足と頭の悪さに対して、逃げ道残しておくような真似すんなよ?





スポンサーサイト



2019/11/17 Sun. 19:39 | trackback: -- | comment: 2edit

いつの間に 




■2019/1116





グレーラットスネーク
Elaphe obsoleta spiloides

DSCF8078.jpg
もうそろそろ200cm超えたろうと思って体長測ってみた。

いつもどおり200cmのヒモを背中の中心に添わせながら計測。


DSCF8081.jpg

んでこの子の実寸体長だけど、今208cm前後あるのね。

いつの間にか随分伸びてたんだな。
精々200cmちょいぐらいかと思ってたんだが。
グレーラットスネークとしてはまあまあか。
ボチボチ伸びていくじゃないの。

来年いっぱいぐらいでケースサイズ交換かな。
この種でもフルスペックは250cmぐらいあるみたいだが、どこまで伸ばせるかね。


グレーラットは大きい上に気性も良く、異常な強健さまで備える。
単純にヘビを楽しむなら、コーンやブラック・テキサスとかのラットスネークだけで事足りるよなあと思う事がある。

下手物系みたいに厄介な構造してねえしな。
下手物系のヘビは胃が痛えだの、吐き気するだの言いながらやってる所があるしなあ。





2019/11/16 Sat. 12:05 | trackback: -- | comment: 0edit

早くなぁい? 




■2019/1112





クロスジソウカダ
Xenochrophis vittatus

DSCF8074.jpg
昨日ケース覗いてたら、なんか交尾してんだけどどういうことか (´・ω・`)

導入時からサイズは一回りは成長してるんだが、導入してからのこの2ヶ月ぐらいの間に♂は性成熟したらしい。

♀の方はどう見てもまだ小さいとは思うんだが、
これで産卵するようなら現状サイズが繁殖可能な最小サイズなんだろう。

やっぱり今回来てるのは小型傾向の個体群か。
♂の性成熟があまりにも早い。

そんなもんまだだろう、なんて考えて多頭飼育してたら交尾してんだもんなあ。

ただ、繁殖条件は把握できた。
出来たけど、これは条件なんてもんじゃねえ。
構築状態次第で結構乱雑に産むタイプだ。
年2回ぐらいは産卵いけるんじゃないか? やれても年1回以上やらないけど。


DSCF8075.jpg
まぁ♀が小さいから、未受精かスラッグになるだろうけど。

万が一有精卵産んでも小さめサイズの卵を2~3個ぐらいかな?

まぁ産めるなら産んどくれ。
このタイミングじゃCH扱いだけどな (´・ω・`)





2019/11/12 Tue. 20:18 | trackback: -- | comment: 0edit

居ませんこと 




■2019/1106





不意にドラマの 『きのう何食べた?』 の最終回を見忘れていた事に気付いて、
今日やっと見たけど、あの作品やっぱり面白いよなあ。

あんな素敵なカップル嫌いな女子なんか居ませんことよ!(謎発言)

原作の人、 『西洋骨董洋菓子店』 と同じ人なのか。
このドラマも昔好きで見ていた。

そのうち原作の漫画でも買おうかしら (´・ω・`)






ジャワヤスリヘビ
Acrochordus javanicus

DSCF8073.jpg
導入して1ヶ月ぐらいだけど、一回りは大きくなったな。

水質関連の割り出しやら反応値の回収やらやってるけど、
なんとなくわかってきたような、こないような。

水質がなんとかなればこの種を扱えるかと言うと、100%無理。
水中メインだからって熱帯魚ではないからな。
でも水質は絶対条件だろう。


水の中メインの生き物とはいえ単純淡水系の熱帯魚とは違い、
体液流出に絡む境界性や、水分の運用形態・運用効率を理解しなければまともに育たないのはわかりきってる。
まぁ私が理解量と理解精度を上げていけるかどうかは、また別問題。


DSCF8072.jpg
水は別に作って、水換えたらそこから入れてる。

それなりの強健種なのが救いではあるが、実際は強健種だから厄介なんだよ。
折角この種に手を出したし大型化したいなあ。





2019/11/06 Wed. 11:01 | trackback: -- | comment: 0edit

変な色の 




■2019/1104





グレーラットスネーク×イエローラットスネーク 
Elaphe obsoleta spiloides×Elaphe obsoleta quadrivittata

DSCF8068.jpg
丁度良い感じで半々ぐらいの混ざり具合の子。

DSCF8067.jpg
ゆっくり給餌だからまだこんなサイズ。

DSCF8069.jpg
首下辺りの上からの画像だけど、黄色いラインが正中線上に出てる。

DSCF8071.jpg
横から見てもストライプ状に灰色と黄色。

絶妙な中途半端さを味わえる良個体。




んでこれ↓

グレーラットスネーク×イエローラットスネーク Elaphe obsoleta spiloides×Elaphe obsoleta quadrivittata
×
グレーラットスネーク×イエローラットスネーク Elaphe obsoleta spiloides×Elaphe obsoleta quadrivittata

DSCF8057.jpg
リューシスティックが出たペアとはまた違うペアでのグレー×イエロー × グレー×イエロー。

急な思いつきで急遽セットしてみていた。

ただ、今回のペアでの卵は孵化率が異様に低い。
今回の卵から出てきた子らを掛け合わせたら、次は大半が孵化してこないと思う。


DSCF8065.jpg
体色薄め、明瞭ブロッチ、頭部の色が白めの変な色の個体が何頭か出てる。

DSCF8066.jpg
これ、頭部の色が白系のまま育っていったら面白いんだが、まぁ色出てくるだろうな。

このウチのグレー×イエロー系のハイブリッドラインだけど、
多分合わせるペアで、たまに変な色が出てくる系になってると思う。

前回のF2の段階でリューシスティックが出てきてる時点でなんかアレだしな。

これはこれで少し楽しみ。





2019/11/04 Mon. 18:39 | trackback: -- | comment: 0edit