11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

頭の鱗差 




■2018/1230






シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7714.jpg
ゲーイーホグノーズだけど、地域個体群で模様に差異があるんだけど、
頭部や体の鱗の形質にも細かい違いや傾向差が出る。

てことで、頭の鱗を少し撮影した。
特に、頭頂板と、その上周りの細かい鱗に差異が出る。




DSCF7715.jpg
模様付きのWDちゃん。

DSCF7716.jpg
こっちは違うタイプの模様付きのWDちゃん。



ここからはCBちゃん。
全部違う個体。
以前からウチに居るWDちゃんは全部この以下の画像の頭頂板タイプ。
頭頂板上の細かい鱗は差があったけども。
DSCF7718.jpg


DSCF7719.jpg


DSCF7721.jpg


DSCF7723.jpg

模様付きのタイプと、今までウチに居るタイプは首周りの鱗も違う。
模様付きの方はなんか全体的に長めの鱗が多く、さらに長い鱗もチラホラ混ざる。
CBでは個体差が少しあるんだけど、模様付きとは一枚一枚の鱗の先の二対の点刻も出方も少し違う。

ちなみに尻尾の裏の鱗の形状も個体差が多い。
1枚鱗が多いと何か嬉しい。


まぁ、違いが在ったら何だって話だけど。
構造理解にはクソ程の役にも立たないしな(´・ω・`)

けど、「 お前ここも違うんだねーデュフフ 」 とか言いながらこの子らムニムニ弄ってると楽しい。





スポンサーサイト



2018/12/30 Sun. 11:03 | trackback: -- | comment: 0edit

これはこれで保存を 




■2018/1228





シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7696.jpg
CBちゃん。
CBの中で一番のお気に入り。
CB連中はこないだ導入したWD個体より既に体長がある。

DSCF7697.jpg
この鱗の縁に沿って模様が出る個体なんだけど、このタイプは現地でもおそらく少ないだろうから、
これはこれで選別交配で保存をしていこうか。

DSCF7698.jpg
鱗が綺麗でちょっとした鯉みたいな印象も受ける。

ちなみにゲーイーホグノーズだけど、WDからの繁殖よりCBからの繁殖がしづらいパターンか。
全ては育成過程に問題があるんだけど、存外しっかりやっていかないとCB 1代目で累代が途切れるだろう。
一般的なヘビの観念で育成すると、100%消失するだけだろうな。
まぁそんなのはわかりきってるから、今更なんてことはないけども。

モデスタスもそうだろうな、こっちは更にシビアか。

マダガスカルホグノーズ系は、CB個体を理解していくとこの種の本質が見えてくる。
CBからでなければ絶対に見えない・理解できないものが多いからだ。


話は変わるが、準備もボチボチ進んでる。
来年は春辺りから纏めて動く。





2018/12/28 Fri. 08:22 | trackback: -- | comment: 0edit

ごっこ 




■2018/1224





カンムリキリサキヘビ
Lytorhynchus diadema

DSCF7694.jpg
♂2号ちゃん。

最初に来た1ペアとは色模様が違う。
多分別地域から来てる子。
性格も随分違う。

画像はエサ食べながら威嚇してるとこ。
体広げるの好き。


DSCF7695.jpg
何・・・?
クリスマス・・・だと・・・?

まぁ特別やる事も無かったから、今日は独りセヤナーごっこをして遊んでいる。







ヤデー(コーヒー飲むー)

ヤナァー(お菓子食べるー)

セヤナー(ウマー)

ヤデー、ヤデー(コーラ飲むー)

ヤデセヤナァー(お肉食べるー)

セヤナー(ウマー)

ウチウチナー(アニマエール!のこはねちゃん可愛いー)

エビフライヤデウチナー(こはねちゃんおちん○ちん付いてるかどうか確認させてー)

エビフライー(おちん○ちんー)

エビフライセヤーフリャー(抱かれたい男1位に脅されています。最終回今から見るーまだ最終回じゃなかったー)

ウチセヤデー(全裸視聴不可避ー)

(全部裏声)




いい年のオッサンが独りで事在る度に裏声で『セヤナー』と呻き声を上げる遊び。

わぁいセヤナー、あかりセヤナーだいすき (血涙)










2018/12/24 Mon. 23:58 | trackback: -- | comment: 2edit

いくらでも 




■2018/1220





今年は年末だからってなんか忙しいわけではないけど、ちょっとバタついている案件がある。
『となりの吸血鬼さん』 見ながらボチボチやってる。

となりの吸血鬼さんのエリーちゃんが可愛い。
可愛すぎてエリーちゃんに毎日顔を引っ叩かれるための豚として生きていきたくてたまらない。

エリーちゃんの足の裏とかいくらでも舐めます(大好物)





ベルニエリキバシリヘビ(ベルニアキバシリヘビ)
Dromicodryas bernieri

DSCF7680.jpg
漸く一壁越えてきた感じ。
総合的な活性値の上昇による体内外の細胞の膨張感が明らかに変わってきた。
これは単純に肉が付く事とは違う。

一過性ではなく、これをベースとして定着させていければまた一壁超えれるだろう。

WD個体を飼育していると、導入時と体重はあまり変わっていないのに月日の経過で体が細くなってくるのが、上記と逆の状態。
各要素の稼働量低下~活性値低下からの身詰まり。

体表面・皮下脂肪層はある程度厚みがあり、柔らかく空気を挟んだような感触がよろしい。

DSCF7679.jpg
♂がこの推移だから、♀もあと4ヶ月ぐらいで現状の♂の領域に入れるかな。

ちなみに保険として、食物性質での細胞性質の構築で、ある部分の飼育下負荷に対しての耐久性は意図的に少し上げてある。
他の種類だとそれはあまりやらないんだけど、体質負荷よりも飼育下負荷の方に対応させてる。
ややリスクを含む力技。
最終的にはそれは減らしていきたい。

エサ喰わせて少し肉が付いたからもう安心、なんて考えてるならこの種は100%失敗するからな。
少しでも攻略率を上げるために狡い手も仕込んである。

DSCF7682.jpg
年末にでも体重計ってみるか。
導入時の体重は憶えてるから、何グラム増えてるか楽しみ。





2018/12/20 Thu. 05:17 | trackback: -- | comment: 0edit

1800 




■2018/1207





グレーラットスネーク
Elaphe obsoleta spiloides

DSCF7673.jpg
グレーラットスネーク×イエローラットスネーク のパッパ。

こないだ体重何グラムあるんだと思って計ったら、1800グラム超えてんのね。
なんかでかいはずだわ(´・ω・`) けどまだ伸びる。

DSCF7675.jpg
手と比べるとこんな感じ。
流石に今は衣装ケースでやってる。

DSCF7676.jpg
この子でもそこそこ良いサイズだが、グレー×イエローのハイブリの♂は、おそらくこの子のサイズを超えてくる。
現時点で力を見せ始めてる♂ちゃんが数頭居る。
あの体長であの太さはなぁ・・・。

だが、2~3年後ぐらいに予定してるのが、グレーラットスネーク × テキサスラットスネーク だ。
このハイブリは頭おかしいスペックになるだろうから楽しみ。

ていうか、このタイプのグレーラットスネークの♀が欲しいんだけど、パッと見だと流れてないんだよなあ。
海外だとこのタイプたまに見るんだけどな。





2018/12/07 Fri. 22:16 | trackback: -- | comment: 0edit