08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

CB故の 




■2018/0922





シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7595.jpg
ゲーイーのCBちゃん。
鱗の間の模様が均等で綺麗な子。

DSCF7598.jpg
このぐらいのサイズになると、流石に体温の自己補完量が上がってる。
体質はアダルト個体に近くなっているが、まだクセが無くなってるわけではない。

というか、CBが故の身体の一部の稼働量や機能力の弱さがある。

まぁ単純に積算構築の問題だ。
コンスタントな太陽光は、やはり強いよなぁ。

ベビー時に気温30℃前後で消化不良や消化中毒起こす連中が、
現地では夜間気温が毎日結構下がる状況にさらされながら育っていくのだからな。

無論、自分が何をやれていないかは理解しているから、野外での積算に近づけるようにやれないこともないのだが、
現状はスペースの問題でどうしても阻害される。

まぁ、いずれはこの問題も当然解決する。

DSCF7599.jpg
このゲーイーホグノーズですら、ヘビをナメてかかってる一般飼育者ではベビーからの育成はまず出来ないだろう。

CBはWDのヤングサイズ辺りからやるよりクセが出る。

私が今後もCB個体の販売をしないと決めているのには、幾つか理由があるが、
その一つが、 『 その種の普及という名目で販売しても、売った先で大半が飼育下負荷で死ぬ 』 という理由からだ。

その種が好きだなんだと言いながら、飼育年数長い人間も、始めて数年以内の人間も、
理解する気もない・手間を掛けるつもりもない、エサ喰わせてるだけで飼えるとか考えてる連中ばかりだからな。

結局その種に対する理解不足・技術不足で、
販売すればするほど国内での死亡個体数を加算するだけになるのはわかりきっている。

なら自分で持っていた方が国内での保存に繋がると考えたからだ。

せっかく自分で殖やしても、根本的に大した興味も意欲も無い人間に殺させるために売るのは、
国内保存を考えた場合、とてもやれるものではない。

生産数が極端に多いコーンやボールとはワケが違う。
だが、一般的に流通しているCBを生産販売している人間を全否定しているわけではない。
というのも、私は販売よりも保存を優先的に考える都合、こういう思考になるだけだからな。
どちらが良いか悪いかという話ではない。

ショップがWD個体を販売するのも、
まだ法的に許されている、その種の理解と攻略のチャンスを提供してもらっていると考えている。

だが、ヘビの下手物系の完全CBはその価値と意味のベクトルが違う。
それは理解と攻略のチャンスではなく、その種を国内で保持し、
一過性の所有ではない飼育の存続をしていけるチャンスという意味合いに変わる。

そこから先は、その種に対する理解量や技術量がさらに重要性を持ってくる。

CBだからその耐久性に甘えて適当に飼育しても大丈夫・・・と考えるなら何を求めてその種を所有しているのか。


そしてWD個体を、CBに繋ぐだけの短期的な消耗品として考えるなよ?

WD個体をロクに理解も育成も出来ない連中が、持ち腹のCHからのCB化や、
または導入当年にクーリングして翌年繁殖しただけのほぼCH個体からCB生産して、
そのCB個体すら消耗品的に扱って、ギリギリ累代繁殖出来てる程度で、
その種を攻略した気になってる連中も中々に見苦しいもんだからな。

このパターンは海外連中にも多いんだよ。

その種への理解の追求が無く、
生体の耐久力に物言わせて短期サイクルでマニュアル的に繁殖だけ繰り返して終わりの連中がな。

販売までのキープではなく、飼育・育成がメインでやっているのに、
レターケースみてえなスネークラックとかいうもんが有難がられてる時点で、そいつらの底は見える。

例えばモンペリエスネークやリュウキュウアオヘビ、
この2種を10年~20年の長期飼育を考えている場合、スネークラックなんて使う馬鹿がどこに居る?

あのケースで下手物系を10年20年やれるものならやってみろ。

アレは理解や長期飼育という観点から見れば最悪の入れ物だ。
どこまで行っても強健種に対して、多くを切り捨てて考えるブリーダー用のアイテムでしかない。

当然、エサ喰わせてるだけである程度育ってくれて、
数回は繁殖できるような短期的にはコーンスネークのような強健種が相手だから通用する手法だ。
ヘビは昆虫じゃねえんだよ。


一般飼育者からすれば、WDだろうがCBだろうが、ただ売られているだけの生き物でしかないだろうが、
その種がただ生きているということの価値が見えると、そういう認識ではいられない。

ヘビの下手物系は、国内に生きているだけで価値がある。
構造理解と長期飼育を追求されていく価値がある。

ヘビの下手物系を一部繁殖出来る人間は、すぐに売ろうとせずに、ある程度多めに自分の手元で抱えておいて欲しい。
ある程度技術のある飼育者間で、その種を国内で保存・存続していくことを考えねば、残るものも残らねえ。





スポンサーサイト
2018/09/22 Sat. 01:10 | trackback: -- | comment: 0edit

白いのよりも 




■2018/0920





グレーラットスネーク×イエローラットスネーク 
Elaphe obsoleta spiloides×Elaphe obsoleta quadrivittata

DSCF7584.jpg
ハイブリちゃんの黄色系と灰色系。

グレーラットスネーク×イエローラットスネークのハイブリはバリエーションが多い。
そのうえ、サイズが伸びてくれば色も変わってくる。


DSCF7585.jpg
見るとよろしい。
この中途半端な混ざり具合と色を。

DSCF7586.jpg
個体によってこのぐらいの色の差は出る。

DSCF7591.jpg
この黄色系は横から見るとブロッチとストライプが重なっていて、
こんなふうに腹板と身体側面の境目と、側面中心部に黄色やオレンジ系のストライプが出てる。

そして背中は黄色と灰色が混ざったブロッチ。

DSCF7590.jpg
灰色系も何頭か居るけど、特にこの個体。

灰色にわずかに黄土色を混ぜたようなこの色。
この子はあのグレー×イエロー × グレー×イエローのリューシスティックよりも当たり個体だと思っている。

DSCF7588.jpg
色模様だけでなく、体型や骨格、成長スペック、そういった部分もバリエーションが多い。

この2頭では特に鱗のキールの出方が可也違う。
下半身でこの差。
灰色の方が極端に上半身のキールの出方が弱く、触った感じがサラサラしてるが、
黄色い方はキールが強く、ガサガサした感触になっている。


まだまだ小さいが、まぁボチボチ伸ばしていこう。





2018/09/20 Thu. 22:18 | trackback: -- | comment: 0edit

やっと一壁 




■2018/0917





カンムリキリサキヘビ
Lytorhynchus diadema

DSCF7580.jpg
カンムリキリサキの♂1号も、漸くもう一壁超えてきた。

当初は警戒心で身体を膨らませたりしてたんだけど、今は一切膨らませなくなった。
その膨らませていない状態でこの太さ。
膨らませると多分1.5倍以上の太さになる。

DSCF7582.jpg
長いこと腸管周辺の身体の厚さが出てこなかったが、やっと充分な厚みまで来た。

尻尾も少し長くなったろうか。
多分性成熟も進んでるはず。

DSCF7583.jpg
現在35cmぐらいか。
メジャーの横に置いてみたら大体そんなん。
見た感じより意外と長いもんだな。

♂2号より小さいサイズでの導入だったが、現段階で♂2号より体長も肉付きも上だ。

こういう連中は丈夫とは言え、生体の耐久性に甘える事は許されない種類だ。
このペースで仕上げていければ、繁殖挑戦する権利はなんとか得られるだろう。





2018/09/17 Mon. 20:05 | trackback: -- | comment: 0edit

3期確定 




■2018/0917





ごちうさ3期が確定。

20180917879794658556.jpg
これで寿命が100年ぐらいは伸びるな。

あぁ^~今からおちん◯ちんがぴょんぴょんするんじゃあ^~

シャロちゃんのおまたクンカクンカしたい(´・ω・`)








カリフォルニアキングスネーク
Lampropeltis getula californiae

DSCF7578.jpg
脳筋代表。
差し出せば割り箸でも喰うと思う。

ケース開けた瞬間飛び跳ねてくる子が多いから、ハンドリングとか無理。


うん、アレだね。
カリフォルニアキングあたりも基本的に、70cm×30cm程度の衣装ケースをデフォにしよう。
市販のプラケースとかだとサイズ的に無理だな。
DSCF7579.jpg
まだ小さいけど、後々サイズがヤバくなる兆しが見えてきてる。


使い勝手都合でのラックの買い替えとか、ケースの買い替えとかまだ金飛ぶなぁ(´・ω・`)





2018/09/17 Mon. 02:58 | trackback: -- | comment: 0edit

尻尾 




■2018/0912





イエローベリーレーサー
Coluber constrictor flaviventris

DSCF7575.jpg
以前メキシコサウザンブラックレーサーのCHベビーやったときは強制給餌でやってたけども、
今回は最初から自力で喰うから成長が早い。

腹板にもう黄色っぽい色が出てきてる。



下の画像でわかるが、尻尾の先を切ってしまった。
DSCF7576.jpg
導入時に尻尾の裏側に北米系の皮膚病の1種が極小さく出てたんだけど、
有るか無いかもわからないような僅かな小さい腫れだったから脱皮してから対処するかとか考えてたら、
1回目の脱皮でその患部から下の皮が引っ掛かって抜け殻が残ったんだけど、
その抜け殻を剥がそうと思って爪でカリカリしたら、その患部を爪で引っ掛けて、尻尾の肉に切れ目を入れてしまった。

その後尻尾の先が萎れてきて、
結果、私が余計なことをしたせいで、2回目の脱皮で尻尾の先が切れるというね。

せっかくのCHなのにすまねえ(´・ω・`)
2回目の脱皮までそのままにしておけばよかった・・・。


DSCF7577.jpg
このサイズでも結構育ってる。

まぁ今だとベビーの段階でここまで代謝上げれるのか。
メキシコサウザンの時とは別物だ。


ちなみに、多分1ペア揃った。
なんとかなるなら、なんとかしたいもんだ。
まぁ来年以降、WDアダルトが入れば導入するけどな。(タイミングが合えば)

ただ、この北米レーサー系。
理解不足による飼育上の弊害が結構出る。
先月もCHのメキシコサウザンブラックレーサーで少しトラブった。
あの行動変化は毎日何度も見てなきゃわからなかった。
何とか処理出来たが、まだ想定外なんぞザラに出てくる。

WDアダルト個体からのCHやCB。
国内でも海外でも、そう簡単にそこから先に繋がっていかない理由は、まぁそういうことだ。

WDアダルト個体の育成よりも、CHやCBをベビーからアダルトまで育成する方に、手間と難があるタイプ。

まぁなんとかしていこうか。




んである種を導入確定。
ちょっと厄介なやつ。

・・・取り敢えずやってみるか。





2018/09/12 Wed. 12:27 | trackback: -- | comment: 0edit