03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

ちょっと心配 




■2018/0428





数日前から私が敬愛する、ニコ動の 『 やまくじら兄貴 』 が動画の公開を停止している。

ユーザーページのコメントを見る限りは、
増えてきたファンに対して自分の動画からの悪影響を懸念して・・・という感じに受け取れるが、
何か嫌な事でもあったんじゃないかと、些か心配だ。

兄貴のあの自由さや好き勝手に飲み食いをする姿には多くの視聴者が救われているはずだ。

私も救われていた人間の一人で、飯を食べる時は兄貴の動画を結構な頻度で見ながら食べていた。
食べるのが面倒くさいとか思っていても、兄貴の動画を見ると食欲が出てくる。

兄貴を見ていると機械的に食べている飯に対して、味が生まれてくる。
自分の目の前に在る味気ないものに大きな花が添えられるのだ。

そんな些末な事と思うだろうが、私にとっては大きな部分だった。
私が現在拒食症になっていないのは兄貴のおかげだと思っている。

同時に、兄貴の全ての雑な挙動に癒やされ、もう少し頑張ろうと思う力を貰っていた。


今までUPしてくれていた動画には多くの魅力があった。

私個人としては、これまでのように思う存分好き勝手に振る舞って欲しいという思いが強い。

今までの動画も残しておいて欲しいというのが本音だ。

だが兄貴が周りを気遣い、表現の仕方を変える事を、私には否定は出来ない。
そういう繊細さもまた、兄貴の一部だからだ。


・・・新しい兄貴も、きっと私の心を撃ち抜いていくことだろう。

雑さや荒さは見れなくなっても、食べる姿はいつもの兄貴だろうからな。

寂しさは拭えないが、どんなに表現を変えても一ファンとして、やまくじら兄貴には一生ついていく所存です。


・・・兄貴はこんな所見てないだろうから、当然ただの年寄りの独り言だ。
おそらく次の動画公開には時間が掛かるだろうから、たまに酒でも飲みながらのらくらと待っていようかね。







トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

DSCF7461.jpg
何年か前に30~40cmで導入したWD♀ちゃん。

ゆっくりだけどちょいちょい伸びてる。
DSCF7463.jpg
この子で30~40cmから始めてるから、CBの方も30~40cm辺りからは目新しさも無くなってくるだろう。

前回繁殖をした♀とは多分、産地や系統が違う。

頭部の幼体色的なものがあんまり消えない。

この子はいずれ先の楽しみだ。





スポンサーサイト
2018/04/28 Sat. 23:01 | trackback: -- | comment: 0edit

5年目で 




■2018/0424





コリアンラットスネーク
Elaphe schrencki anomala

DSCF7441.jpg
この子らも以前危ない所まで行ったがなんとか復旧してきた。


こないだ初めて雌雄判別してみた。
DSCF7442.jpg
昔ベビーで1ペアとして買ったんだけど、ちゃんとペアになってたよ。

ウレシイ・・・ウレシイ・・・

けどこのペアでは繁殖はしない。
そのうちもう1ペア導入して、そのペアを15年ぐらい育成したら1回目の繁殖ぐらいでいいんじゃないかな?
コリアンラットは攻略を急ぐ種類じゃないからそのぐらいでいこう。


ちなみに導入してから5年ぐらい経過するけど、最近やっとピンセットから食べるようになった(*´・ω・)

CB個体なのに今までずっと置き餌だったんだよなぁ・・・。





2018/04/24 Tue. 19:50 | trackback: -- | comment: 0edit

ワンクッション入れよう 




■2018/0419





『 ありすorありす 』

何で30分枠じゃないの・・・? ねぇ何で?(血涙)
201804124547987453487878121 - コピー
今期は前期より見るものが少ない。
20作品ぐらいしかない。
前期は30作以上見ていた。
・・・もっと豚の餌が欲しい(´・ω・`)

『こみっくがーるず』 『食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇』 『鹿楓堂よついろ日和』 『多田くんは恋をしない』
『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』 『ヒナまつり』 『ラストピリオド ―終わりなき螺旋の物語―』
『ルパン三世 PART5』 『ウマ娘 プリティーダービー』 『あまんちゅ!~あどばんす~』

と、この辺が今期のメインになりそう。

ウマ娘の制作が P.A.WORKS なのほんと草が生える。
PAで大正解。






ブラックラットスネーク
Elaphe obsoleta obsoleta

DSCF7437.jpg
北米ラットスネーク系はほんと勝手に食べに来る(´・ω・`)

ケースのフタ開けたらすぐにヒヨコ入ってるザルをマークしてんだもんなぁ。

DSCF7438.jpg
しっかし可愛い顔してるわね。


そのうちアボッツオケッティとカップリングしようと思ってるのがこのブラックラットなんだけど、
ウェストバージニア系だと認識してるんだけど、やっぱこれなんか違うよな(´・ω・`)

ちょっと黒面積が多いだけの子じゃないかな?
まぁ別にいいや。

・・・色模様にはそんなに執着がないから結構適当。

ただ少し問題なのが、この子の成長が些か早いことだ。
あまり♀とのサイズ差が開いたら、交配時にちょっと不安がある。

まぁサイズが開きすぎたら (多分そうなる) もう1頭同系統の♂をベビーで導入して新規でやればいいだけだ。

しかしこの子、導入時はコーンスネークのベビーぐらいのサイズで、
本当にブラックラットなのかと多少疑ったほどだが、あのサイズからでもちゃんとコーンスネークより大きくなるもんだな。




それはそうと当初5年以上掛ける計画でいた案件だが、とりあえず3年ほどの段階で一旦手を打つことにした。

ワンクッション入れないと色々と弊害が出るからな、まぁ仕方ない。





2018/04/19 Thu. 18:13 | trackback: -- | comment: 0edit

やっとこの辺 




■2018/0414





コーンスネーク・アボッツオケッティー
Elaphe guttata guttata

DSCF7430.jpg
♂ちゃん。 エサ飲み込み中。
出すの随分久々だな。

私が潰れて暫くしてから復帰した後、1年数ヶ月経過してるが、やっとここら辺まで復旧。

DSCF7434.jpg
アボッツも雌雄共に結構やばいレベルまで削った。
首周りの筋肉量は今だに戻らない。


DSCF7435.jpg
♀ちゃん。
♀は少しは♂よりマシ。

DSCF7436.jpg
♀も首周りはまだ細いが、胴部は少しはマシになってきた。



ちなみにアムールラットスネークやコリアンラットスネーク等も、死ぬ寸前までいった。
私が復帰して少しした頃、脱皮中・脱皮後に全身に力が入らず虚脱状態にまでなった。
今はなんとか復旧してきているが、当時は内心、半分諦めていた。


これ不思議なもんで、痩せてるWD個体を復旧するより、
それなりの状態の個体を相当量痩せさせてしまった後に復旧する方が時間が掛かる。

おそらく本来は死んでいるような負荷を、
構築されたコンディションをもって本来の上限を超えて耐久した事によるものだろうかと。

人間の体も似たようなことが起こる。
栄養失調状態で極端な肉体疲労を日々積算していくと、体力や体重の回復が通常より極端に遅くなる。
最終的には筋肉疲労が殆ど回復せず、筋肉が日々脆くなっていき、少し動いただけで攣るようになる。

要は体の ″芯 ″ が削れていく感じ。

身体的ダメージに耐性の低い人間は、ある程度で倒れるが、
耐性の高い人間は何時迄も倒れずに、どれだけ体を削ろうが限界を超えて無理が効く。

当時、私が潰れてる半年の間にヘビに発生していた負荷もこういう範囲の負荷だったのだろうと思う。


だから個体によっては現在も、一部稼働量が復旧せずに低い状態が維持されていたり、
その都合で冬の間に状態を崩した個体も居る。
本来冬期の気温低下ぐらいではそんなに影響はないが、今回の冬は結構な影響が出た。



・・・当時私は腸と心臓が大元の原因で潰れたが、
まぁ各々、厄介な病気にはならんように。

私は細かい身体の病気は結構あるが、腸と心臓だけは致命傷になった。
特に腸は。
20年近く騙し騙し無理をしてきたが結局このザマだ。

腸と心臓にはくれぐれも気を付けるとよろしいです。





2018/04/14 Sat. 21:18 | trackback: -- | comment: 0edit

これからは 




■2018/0411





モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ
Leioheterodon modestus

DSCF7428.jpg
♀ちゃん。
ほんとバタつくねえこの子ら(´・ω・`)

DSCF7426.jpg
バタつく割には何でも喰うけど。

手を入れてバタついてるのにエサを顔の前に差し出すと動きを止めて食べ始める。
何故そんなツンデレ仕様なのか。




今回、新しいメーカーのヤシガラを頼んだんだけど、今まで買っていたものとは粒子サイズが違う。
ほんの少し粒が大きく、パウダー分が少ない。
DSCF7429.jpg

・・・こっちの方が好みだ。

よし、これからはこのメーカーだな。





2018/04/11 Wed. 06:33 | trackback: -- | comment: 0edit