01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

今更の話 




■2018/0220





モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7337.jpg
そう言えばこの種には特化した機能があるんだけど、暇つぶしにでも書いておこうか。

まぁ今更かよって話なんだけども。


DSCF7332.jpg
上の画像はミスティングした後なんだけど、目と鼻孔の間に水が水滴状になっているのがわかるだろうか。
目と鼻孔の間に窪みがあるんだけど、そこに水が留まりやすくなってる。

あと、画像には収められなかったが、頭部中心の目の間(頭頂板と額板の間)にも水が水滴状に付着しやすい。


DSCF7333.jpg
そして口をモゴモゴして飲み始めると、目と鼻孔の間と頭部中心の水滴が減り始めて、
口の動きを止めると水滴の減少も止まる。

何が起きているかというと、鱗の隙間で水を捉えて、鱗の隙間を口に向かって水が流れているわけだ。

モイラスネークだけではなく、全てのヘビにこの機能は存在する。
けど、モイラスネークのこの機能は他のヘビよりも効率的に機能する。

鱗の素材感もそれに合わせたものになっている可能性が高い。

DSCF7334.jpg
口の上唇板の鱗の重なりが縦になっている理由の一つがそれに準ずる。

下唇板もその役割がある。
ヘビが水入れの上を移動する時に下顎を少しだけ水面に付けた後、口を動かしているのがそれ。
鱗の隙間を通して口に水を少しだけ含む行動。

これのメリットは夜間に中空水分量が増加した際に、自然と体に付着してくるものや、
何らかの活動時に野外状況での物理的摩擦などで、水分が自動的に口に入ることだ。

水が隙間に吸い込まれるように浸透していく、あの現象がデフォルトでヘビにはあるわけだ。

だが鱗の隙間を自動的に流れていくだけではなく、頭部周りの鱗の間の水を口に運ぶ動きも意図的に出来ているはずだ。
頭部に付いた水を飲んだり留めたり出来るのはそういうことだろうしな。


そんな微々たるもの・・・と思うだろうが、それは積算時間や摩擦係数が認識出来ていないだけだ。
ヘビの一般飼育下ではよく鱗がベコベコに凹んでいたり、薄かったりするのをよく見かけるが、
どういう負荷がどのくらいの時間積算すればその形質に変化していくのか、
ということを考えて少しばかり理解すれば、野外個体に一日中張り付いていなくとも、およそ感覚的にでも割り出せるだろう。

夜間に野外の複数の状況下で活動する機会が多い人間は感覚は掴みやすいだろうな。
空気・土・植物、少しは記憶にあるはずだからな。


モイラスネーク見てたらこの機能があまりに効率的なもんだから今更ながら書いたけども、
このぐらいの話は知ってる人間は知ってるわな。

まぁ形質には複数の意味が在るって事だ。





2018/02/20 Tue. 19:07 | trackback: -- | comment: 0edit

やっと解除 




■2018/0209





先日からモイラスネークの♀がやっと拒食解除した。
この子の拒食の構成はある程度把握してたとはいえ、やはりスリルいっぱい(´・ω・`)
まぁ不安はいくらやってたって残るわな。




モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7324.jpg
画像の前に居るのは♂、後ろのが♀。
♀がカメラで逃げてしまった。

DSCF7325.jpg
・・・ほんとに良い顔してるな。

♂はずっと食べてたんだけど極めて控えめペースでやってた。

さて、今年で♀ちゃんのコンディションをある程度の所まではもっていこう。



しかし今年は変に寒いせいか拒食る子らが多い。
以前の負荷もあって尚更影響を受けやすくなってる。

なんせ前回の脱皮からコモンカーペットが1ヶ月半程拒食したからな。
まぁそちらも拒食中に濾過回転量上げてたから拒食が長引くことは無かったが、食欲はまだ通常の活性値になっていない。
次の脱皮まではヒヨコ週1羽でやっていこう。
次の脱皮で復旧中の各部代謝・機能力が負荷ラインから、供給水準に合わせたラインにシフトしてくるはずだ。

早く冬終わってー(´・ω・`)





2018/02/09 Fri. 07:22 | trackback: -- | comment: 0edit

推しは当然 




■2018/0208





『 サンリオ男子 』中々よろしい。
スタミュもそうなんだけど、この手の作品は良作が多い。
みんな良い子でムラムラします(´・ω・)

私は当然ジュエルペットのルビー推しだ(嫁)
だが私の場合はサンリオ男子ではなく、サンリ汚豚になるのか。

なんだこの訴えられそうな語句は。
悲しいなぁ(´;ω;`)





ブラックラットスネーク・リコリススティック
Elaphe obsoleta obsoleta

DSCF7321.jpg
まぁボチボチ復旧進展中。
なかなか狙っている場所の修復が進まない。
でも前よりは大分マシになった。

DSCF7322.jpg
けどそれでも体長は伸びていくというね。

現在190cmちょい。
あと半年もあれば取敢えずは目標範囲内まで再構築出来るか。





2018/02/08 Thu. 09:36 | trackback: -- | comment: 0edit

こうなると楽 




■2018/0203





『ゆるキャン△ 5話』
201802038797946516982521.jpg
なでしこちゃんがほんと可愛いたまらない。

私は山にはよく行くけどキャンプとかはしない。
自分ではまぁ億劫でやることはないだろう。
けど他人がそれをしてるのを見てるのは嫌いではない。

ニコ動でキャンプ動画や野外料理動画チラホラ見るけど、
芸能人が居ても石ころ見るような目を向けるような(福原遥ちゃん・廣田あいかちゃん除く)、
ミーハーっ気の全く無い私がすごく好きな人が、ニコ動の『 やまくじら兄貴 』だ。

動画上げ始めた頃から見てるけど、
あの人の動画・雰囲気・雑さ・荒さ・兄貴の持つ空気・垣間見える内面の繊細さが本当に好き。
今まで上げてる各動画も結構定期的に見てる。

ゆるキャン見る度に「アニメ化されて良かったね兄貴」とか、独りで口走っております。








トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

DSCF7317.jpg
いろんなもの喰うようになったCBちゃんの内の1頭。
ヒヨコの足とかなんでも喰うようになるとほんとに楽。

やっと動きもモンペリエらしくなってきた。
ちょいちょい咬んできて可愛い。

軽く咬んできた後、喰えるかどうかを確認しに来る。
そして咬んで確かめる。
DSCF7318.jpg

小さな体にほんのりと在る警戒心と、いっぱいの食欲。

きゃわたん。





2018/02/03 Sat. 05:07 | trackback: -- | comment: 2edit

寒す 




■2018/0202





『三ツ星カラーズ』
201801298797451538985.jpg
ののかちゃんほんと可愛い結婚したい。

今期嫁候補が2人。
なでしこちゃんと、ののかちゃん。
肥えるー。
腹が、腹があぁぁぁ。






マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF7313.jpg
今月電気代6万近くキタワァ・・・(´;ω;`)

そのうえ求める温度まで上がりきらないっていうね・・・。

今年の冬は予算用途が決まってるから動けないが、来年の冬は暖房器具を一新しよう。
同じ消費電力でも効果を上げることは出来るからな。

・・・金が一気に飛ぶけど(´;ω;`)





2018/02/02 Fri. 03:52 | trackback: -- | comment: 0edit