11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

少し緩やかに 




■2017/1206





コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7272.jpg
コモンちゃん今225cm前後あるのか。

200cmの紐作って背中の中心に沿って測ると大体そのぐらい。
道理で最近、成長基盤の幾つかの要素が減ってきてるわけだ。

成長基盤は消耗品だからしゃーなしだが。

DSCF7271.jpg
ちょっと成長が早すぎるな。
これは成長推進力をもう少し緩やかにする必要がある。

成長基盤の消耗が一定以上進行すると再構築に手間が掛かる。
減ってるのに伸びていかれるとコンディションの基盤まで減少する可能性があるから、それは回避したいところだ。

2~3ヶ月は集中的に成長基盤を構築しようか。


そういやコモン現在何キロあるんだろうか。
あー、ヘビ用の体重計欲しー(´・ω・`)





2017/12/06 Wed. 14:11 | trackback: -- | comment: 2edit

早かった 




■2017/1204





あそこから2日で脱ぐのか(´・ω・`)
もう数日は掛かると思ったんだが思ったよりも早かったな(読みズレ)




モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7264.jpg
てことでエサあげてみたけど脱いだ当日でも喰える。
♂・ファジーマウス2 ヒナウズラ2
♀・ヒナウズラ2 ヒナウズラ頭部1


DSCF7265.jpg
この種の構造的に、脱皮時の剥離液分泌を緩やかにしてる都合で、体液を内側に戻すのも早いようだ。
脱皮前の総合的な代謝稼働量の差で時間差は出るだろうけども。

だからあの要求要素が脱皮前に発生するのか。
なるほどなぁという感じ。

白濁が消えてから脱ぐまでは♀の方が早かったが、
性差による要求量差を♂の方に合わせ気味にしていたから妥当か。

DSCF7268.jpg
飲み込んだあと。
口周りに霧吹きで水を掛けて飲ませる。

DSCF7269.jpg
食後のミスティング。

当たり前だが通気性の悪いケース使って蒸らしたら早めに死ぬからな。


コレね、乾燥系だとか言われているけど、この類のヘビに必要なものは別段乾燥ではない。
当然ながら乾燥させるだけでは消耗するだけで、細胞の構築なんて何の種でも出来るもんじゃない。

モンペリエスネークもそうなんだけど、
環境適応上、水分の再利用能力は高いだろうけど、それは耐えるための能力であって水分の再利用は必要要素ではない。
当然ながらコンディションには不必要。
体内濾過に負荷をかけてるだけだ。

水を入れないで飼育するなんて話聞くけど、それはあくまでも部分的に低代謝状態にして耐久モードにしているだけ。

おそらくは早い段階で、通常成長力と経年における骨格発達がほぼ停止しているはずだ。

まぁこんな話は前にもしたか?



しかし数年前の私なら飼育も導入時の構築も難しかったろう。
危うい部分はあるが、今だからこそ少しはやれる。
唯の豚だが、ほんの少しはマシになってるじゃねえか。





2017/12/04 Mon. 20:48 | trackback: -- | comment: 0edit

そっちも欲しい 




■2017/1202





とりあえず脱皮完了。



モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7257.jpg
脱皮後の体温への中空気温の反映率も悪くない。
体重もしっかり増えたし、最低限の下地は出来たかね。

♂の方は一安心か。


一度の脱皮で良い感じに鱗の質が上がった。
首周りの滑らかなこと。
DSCF7258.jpg

♀もあと1週間もすれば脱ぐだろう。


ところでコレ亜種とか地域個体群が居て、中には大型化する産地があるらしいからそっちも欲しいなあ(´・ω・`)
いずれは導入したいもんだ。

モンペリエやモイラは亜種や産地別に集めていきたい。
まぁそれは、私の仕事だよな。





2017/12/02 Sat. 20:35 | trackback: -- | comment: 0edit

やっと1頭 




■2017/1201




もう12月じゃないのヤダー(´;ω;`)
201711198787413559878 - コピー

ブレンド・Sの夏帆ちゃんに会いに行ってもいないのに今年終わるのヤダー(´;ω;`)

日焼け夏帆ちゃん可愛しゅぎ夏帆ちゃんのおっぱいもだいしゅきーーー(精神疲労)






トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

DSCF7255.jpg
ちょびちょび育つ。

この子が漸くヤモリの臭い付けたヒヨコの足とか喰うようになった。
気分次第で活マウスも食べる(20%ぐらい)
やっと1頭多めに喰わせれる。

DSCF7256.jpg
この子が私の指を喰い物と認識してる子なんだけど、撮影中も2回咬まれた。

当然この小さいサイズで歯なんて通らないから、咬んでくるのが矢鱈可愛い。
指に鼻先をゆっくり押し付けてくるんだけど、そこから勢いよく咬んでくる。

いっそ授乳したい(*´・ω・`*)





2017/12/01 Fri. 12:45 | trackback: -- | comment: 0edit