04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

もう一つコメント返信 




■2017/0527




前回の記事でもう一人コメントが来たので、返信。
少し長いのでもう記事化したほうがいいだろうということで記載。


来たコメントはこちら。



最後の文章は爬虫類飼育と言う骨格を作ってくれた先駆者の方々に失礼なのでは?あなたは80年代、90年代の爬虫類飼育の実際を知っていますか?
いずれ、飼育本か何かであなたの実績を見てみたいです。
ブログ内で騒いでも意味ないですし。




■■■■■ここから返信文



はじめまして。

確かに暴言が過ぎるとは自覚しております。
ですが、こう飼育するのだと書籍などで明言する以上、
安易に簡単に飼えるという基準と認識を、ヘビに付属するべきではありませんでした。

それは時代の話ではなく、飼育者がどれだけその種を追求できてきたかです。

私は構造理解を考え始めてから4年未満です。
その年数で、ある程度は内臓・体液・血液・細胞、それらの状態・性質や機能を意図的に構築・操作し、
基本的な各要素の相関性などを理解し、かなり思い通りに体内をいじくれるぐらいにはなりました。

別に誰からも教わったわけでなく、99%以上が自力での理解です。

ですが、上記の基本的なことがやれても、
それでも理解を軽く打ち砕くほど厄介なのが種別要求要素や要求比重です。

とてもじゃないがヘビは決して簡単に飼える生き物ではないのですよ。
ある程度の環境つくればそれで体の機能が稼働し続けるような生き物ではないのです。
実際は耐久性があるだけで、爬虫類の中でも飼育難易度は高い部類に入ります。


嫌なことに、理解量が増えるとヘビというものがどれだけ理解されていないかが見えてしまうのです。
数十年前から現在まで、どれだけいい加減に、不理解のもとに飼育されてきたのかが。

故にたかが紫外線の必要性の理解で何十年と時間がかかるのは、
今まで、または今の飼育者の念頭に最初に飼育法を提示した人間の話があるからです。

初めに飼育上のデータを取った人間が、もう少しまともな理解ができていれば、
現在の一般層の水準も必然と高くなるはずです。



飼育上の失敗を責めている訳ではないのです。
それはどんな人間でもありますし、私もこれからも繰り返すでしょう。
簡単に飼えるという先入観だけで飼育し、何がヘビに・その種に必要かを考えない事を責めているのです。


ただ、私が言っているのはヘビのジャンルだけの話であり、
他のカメレオンやトカゲ・ヤモリのジャンルなどは飼育水準が低いとは思っておりません。

ヘビだけなのですよ、何十年もほとんど理解が進展しないのは。



輸入や販売の開拓をしてくれた方々には感謝はしています。
ショップなどにも基本的には飼育水準の意識は持ち込みません。
ショップはあくまでも売る場所であり、輸入販売してもらえるだけで本当に有り難いと感じています。

ですが、当初のヘビの飼育情報に関して、または飼育者自体はあまりにも適当にやり過ぎです。


ヘビの輸入初期、最初は興味本位で飼育して、ガンガン死んでいくのは仕方のない事です。
しかし数十年経って、ほとんど何も変わってはいないのです。

私はそれが我慢ならないのです。
昔の飼育者がもっと本気でやっていれば、最初にヘビの飼育情報を流した人間がもっと本気で考えていれば、
人の手元で、ヘビはもう少し良い状況で生きていけているはずです。



人間というのは言葉だけを見ても、色々と条件が揃わないとその必要性を認識は出来ないものです。
構造理解なんてのは極めて面倒なものですので、
簡単に飼えるという先入観のある飼育者には、必要性は感じられることはないでしょう。

ですので基本的には私の実績というのは、どんな人間でもわかりやすい繁殖攻略種数になります。


それにより、自分たちがつまづく中で、
こいつはこのぐらいの結果は出しているのかと、それらを成すには何が必要かと、
意識してくれる人間は少しは増えてくるはずです。

それには数種類などではなく、個人で何十種という圧倒的な繁殖実績が必要になるでしょう。

それも今までまともに飼育もされていない種類でその数が必要でしょう。


とはいえ個人的に好きで飼育していますので、上記の理由がなくても私は同じ結果を求めるでしょうが、
この結果が、ヘビの理解・飼育下状況の向上に少しでも役立つなら、そういう方向でもやるだけです。


商売の基盤があるので、ヘビはこれからも輸入されるでしょうが、
WD個体や様々な種類がいつまでもまともに理解されずに死んでいくだけというのは、あまりにもな話なのです。


都合、私はシビアな言葉や暴言を吐かざるを得ないのです。
ヘビ飼育者同士のやり方の尊重では、もはや何も生まれはしないのです。
ヘビに必要な物は、理解なのです。



■■■■■返信ここまで



この昔からあるヘビの安易な飼育法だけども、これ、今より幾らでも輸入できた頃に、
最初に飼育者に買ってもらって、早めに駄目にしてもらって、
また買ってもらうように利益サイクルを上げるための意図と話にしか思えないのですよ。
(まぁこれは実際どうかは別にして、個人的にこう感じるという程度の話ですが・・・)

だからこそ、何の種類でも簡単に飼えるという売り文句になる。

簡単に飼えるというのは、飼育者が最も信じてはならない、中核としてはならない言葉なのです。




スポンサーサイト



2017/05/27 Sat. 14:25 | trackback: -- | comment: 6edit