12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

一癖 




■2017/0125






シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7012.jpg

CB個体の何が凄いかってね、指3本で顔をつまんでモチョモチョしても何も気にしないの。
逃げるどころか自分から更に顔を突っ込んできて手に登り始める。
そしてまた指の間に顔を突っ込み始める始末。

クッソ可愛い(*´・ω・)



まぁこんなの今更なんだけどこの種はベビーに一癖ある。

この種はヤングサイズやアダルトと違い、ベビー時の自己発熱・体温保持能力が極めて低い。

孵化後1ヶ月ぐらいの少し前の話だが、26~27度で低体温症になる個体が数頭発生し、拒食・吐き戻しが数頭発生した。
ラットスネーク系のベビーなどは私の所ではその辺の気温では上記は発生しないがゲーイーのベビーは結構発生する。

まぁ発生したからといって確認後数日以内に修復まで容易ではあったんだけど、
アダルトなどはそれほど高温を求めないので反応確認時に想定外の反応だったので状況理解に10秒程掛かってしまった。

以降光源熱を必要タイミングで供給しているが、大丈夫かと思うほどの可也熱い所に集まってくる。
ベビー時はどうも体温の維持・代謝稼働において要求高温が高く、そのため外部への依存度が高いようだ。

この温度はアダルトなら確実に避けて床材に潜っている温度だからな。

当たり前なんだけどこういったものは、
中空気温に対しての生体の体温推移を手で触れて見ることと、光源熱に対しての反応行動で割り出せる。



ちなみにこれ、消化だけに絡むと考えるなら大間違い。

パッと見はそこしか見えないかもしれないが、要求高温帯が高いヘビが中途半端な体温で長期間飼育されている場合、
体温の不足分が丸々内臓稼働量全般の不足分となる事を考えてみるといい。

一部ラットスネーク系のようにただ代謝が緩やかになるだけであれば、
高温の供給等はシビアに考える必要もあまり無いだろうが、要求高温帯が主要要素になっている場合は当然話は変わる。

余剰栄養素や老廃物や尿酸排出、臓器の細胞の負荷等が、
体温が満たされていない比率分、負荷に直接反映していると考えてもいいだろう。
肝臓内や腎臓内の各部位に発生する負荷を考えたら怖くなるよ。
不足分があれば極めて軽度の機能不全や炎症やらが水面下で少しづつ発生したり進行したりするわけだからな。

尚且つこれで水分の供給量が少ないと、体液や血液の循環や濾過が低下する分、上記と合わさり更に負担が増えるわけだ。

ましてやあれだけの高温下に丸一日とか普通に居たりするから水分供給の量と頻度は極めて重要になる。

高温の要求量の高さ=乾燥してても大丈夫ではないので勘違いする事のないように。
必要要素が体に負荷の掛かるものである場合は、当然その補助・補完要素が必要になるので注意が必要だ。


これはアダルトが極端に強健種だと思ってたかをくくっていると足元を掬われるパターンだな。
何も考えずに適当にやっているとなんでもないような感じで、ある日ふいに死んでいる事になるだろうな。

今回初めて見た状況とはいえ、今更私はこんな所では躓かないが、
アダルトとベビーで体質の差がある種が居るというのは、
他の飼育者の方々も今後のために頭の隅にでも入れておくとよろしいかと思います。

とはいえベビーとアダルトでの耐久性の差異をそれと誤認しないように。


適当に飼育するなら30度固定で管理しておけば生きてはいるだろうけど、まともに飼育するとなると話は別。
ちなみに蒸れとか通気性の悪さには弱いので注意。
それに関してはベビーもアダルトも共通だろう。

DSCF7013.jpg
せっかく産まれてきたゲーイーのCBだもんな、適当に生きていればいいと考えるのは恥であるよ。

今回孵化した11頭、全部ガチムチにしてやらんとな。







スポンサーサイト
2017/01/25 Wed. 22:45 | trackback: -- | comment: 0edit

ヘビの脱皮周りについて小話 ・その2 




■2017/0103 ( 2017/0110 また追記 )





んで脱皮に関してついでにもう一つ書いておこうか。
まぁヘビのコンディションを考えるなら、読んでおいて損はないだろう。



『 脱皮後の肌が綺麗 』『 脱皮後の肌が柔らかい 』『 脱皮後の肌が潤いがある 』など、
一般飼育者の中ではこれらは脱皮後の特徴であるかのような認識があるようだが・・・。


実はコレ、それだけ普段の必要要素の供給量が不足し、コンディション構築が甘く、状態が悪いだけだったりする。


例えば私の手元の個体などは、脱ぐ前も脱いだ後も上記『』内が何も変わらない。
(脱皮モード中の皮の剥離中による視覚上の白化はあるが)
それは細胞が常に必要項目を満たされた状態で発育しているからであり、
代謝も体液も適切に循環し、常に体が内側と外側から水分が供給されているから差が出ないのだ。


なぜ状態が悪いと普段と脱皮後で差が出るのか。

それは剥離液を分泌するため、体内から一時的に皮下・体表に体液が集まるせいだ。
体液が集まれば細胞の保水量は増え、膨張し、結果として柔らかくなり、潤いも上がる。

故に脱いでから少しの期間は体表側に体液量が残留しているため艶や感触の柔らかさが上がる。

古い皮を脱ぎ捨てているからではない。
そういう認識になるのは飼育者が実感として、飼育下で表皮の劣化を体感しているということだ。


1~3ヶ月の短期間で体表や皮下がガサついてきたり固くなったりするのは、
それはその分ヘビに負担が掛かっているという事なのだが、
構造やら理由やらがわかってない飼育者は結構楽観的に見ていて、
実際は結構危険なことなのだがそれに危機感を覚えることはない。


脱皮モード中に体がやや膨らむのはそういうこと。
剥離する皮膚を浮かせているからだけではない。

だがそれは一時的なもののため、少し時間が経てば体液は内側へ戻されていく。
そうするとまた体表が乾いてきて、柔らかさも減り潤いも消える。



体液量の多い・水分のストック能力の高い細胞が構築されている場合は、体液の絶対量が多く、
剥離液の総分泌量が体表や皮下脂肪層から供給されやすく、乾燥時もスムーズに体液の補完が行える。

が、例えば皮下脂肪の厚みはあるが脱皮不全になりやすい個体が居るのは何故か。

それは細胞が体液・水分量が少い状態で構築されてきているからだ。
体脂肪密度が上がれば上がるだけ剥離液の分泌量が減るのを知っているだろうか?

脂肪密度が上がれば体液の移行・循環・交換等の効率が低下する。
というのは、保水能力を上げ、常に皮下に多くの体液・水分を保管している細胞と違い、
脂肪密度で厚みが増えた皮下脂肪は、内側からの体液の分泌の壁になってしまうのだ。

皮下脂肪の密度が高いと細胞に貯めれる体液・水分量や、細胞間液の量・移行が面積的都合・摩擦係数で低下する。
同時に機能力の発達というのがあり、普段から利用されていない機能は低い状態のまま発達する。
飼育下で供給・循環・交換量が多ければそれありきでの体が創られていくが、少ない場合もそれありきでの体が創られていく。
その場合当然、発揮できる力は同一ではない。
これは生物なら部分的におよそ共通事項か?

分泌量が低く、分泌速度が遅くなれば、外界からの水分供給量が低い場合は脱皮不全の発生率は上がる。
簡単に言うとこういうわけだ。

同じような肉付きでも性質・コンディションはまったく変わる。
これは触った時の感触に露骨に現れる。

まぁこれを考えれば、影響するのは脱皮不全だけではないことはすぐにわかるだろう。



脱皮中の保湿とかがどうたらとか考えてるのも居るようだが、当然そこだけ補完していれば大丈夫だと考えるのは論外だ。

ましてや湿度だけで補完しようと考えてるなら尚の事認識が甘すぎる。

湿度なんていう水分の残りカスにどれだけの影響力がある?
湿度というものの粒子サイズと性質を考えろ、どうやって体の構成材料にできる?
単純な物理的推移だ、考えれば小学生でも分かる程度のな。


中にはヘビに水が掛からないように飼育する、などと記載している人間すら居る。
そう言うなら全種それでやれるんだよな? やってみるがいい。

いくつかのブログではそう記事に書いていながら脱皮不全が多いから話にならない。
内容の整合性は察しがつくだろう。

私の所では冬場だろうがなんだろうが、飼い込んでる個体はまず発生しないからな。
そもそも不全起こしたら温浴で・・・などという言葉や行動はおろか、私にはそんなものは考える必要すら無い。


皮膚の機能一つ理解していない典型的な技術の無い人間の思い上がりからくる認識だ。
自分のやり方でも表立った問題が、現状発生していないからというね。
( 正確にはその飼育者が問題として認識出来ていない )
そしてその場合、当初に自分がこれでいいだろうと想定した認識・外部から得た情報に依存しているため、
現状以上に理解が上がらず、生体の機能等は考えれない。


水分の表皮吸収・皮下保水の役割は?
表皮吸収効率には種別に差があり、生体の必要要求量と生活様式と機能力がリンクしているが、その意味は?
余剰栄養素や老廃物の再吸収などにどう対応するつもりだ?
体脂肪密度が上がることにより発生する弊害と、その経緯は? (かなりの数があるが?)


そりゃ脱水になりやすいだろうし、多めに喰わせてりゃ体脂肪・内臓脂肪密度は上がりやすいわな。

脱皮不全起こそうが肥満になろうが、皮肉な話で生きてる個体は生きてはいるだろうがな。
特に国内で安定してCB化されている連中は、それだけ種としての耐久力があるということでもあるからな。
そうなると勘違いや錯覚も発生しやすい。
コーンスネークなど別の意味で厄介で、そのやり方でも、その状態でも生きてるのか・・・という個体は多く目にする。




脱皮不全なども理由がいつまでも 『 湿度が・・・ 』 としか考えれないようでは話にならない。
湿度は体表から・呼吸からの水分の揮発量を緩和させる効果しかない。
体に発生している負担は別のものだ。


湿度を上げれば脱皮不全が解消されると勘違いしている飼育者が多いが、これも説明しておこう。
それで多少緩和されるのは、体表からの水分の揮発量が減るからだ。
揮発量が減れば体内から補完される分の体液が、増えた湿度分揮発量が減り、剥離液が維持される。

しかし消耗量が僅かに抑えられてるだけで、根本的に解決しているわけでもなく、必要な供給が成立しているわけではない。


漠然と湿度を上げれば脱皮不全が解消される、とだけしか認識していない飼育者は多く、
同時に、なぜ湿度を上げれば脱皮不全の発生が緩和されるのか、ということを理解しないで・考えないでやっているが、
その中身の無い盲信性に、何故違和感を感じないのか。

湿度というのは水分の1種なのだが、その湿度が大事だというならば、生体への湿度の影響過程は考えているはずだ。
では、何故それ以外の水分供給のアプローチに意識が向かない?

これが簡単に飼えると考える飼育者のバックフィールドの無い安直さの、わかりやすい部分だ。
実質的に何も見えているものがないのだ。


湿度がどういった推移で何処にどのような影響を与えるのかという質問に、答えれる人間は居るだろうか?


結論から言えば居ない。
誰かが言っていたからやってる、ただそれだけ。
湿度を盲信する飼育者は影響値や推移を考えていないからこそ、その考えしか無いのであって、
もし考えているならば私サイドの思考が頭にあるはずだ。


何度も書いているが、必要なのは水分だ、湿度は供給後の副産物でしかない。

大事なのは普段の、日々の供給量・構築量だ。


ちなみに呼吸による肺や鼻孔への水分供給量の要求比重が多い種は居るが、
そういった種に必要なのは湿度ではなく霧のような水分粒子だ。






基本的にヘビの飼育においては、体液・血液・内臓・細胞に対し、
どれだけ負荷を減らせられるかが、どれだけ循環量や交換量や稼働量を上げられるかがダイレクトにコンディションに繋がる。

当然、代謝を無理矢理オーバーヒートさせることとは違う。
一時的に一定範囲の代謝を強制的に上げて、一定の効果を狙って発生させる事はあるがそれとは別。

故に水分関連は相関性の都合上、最大の主要要素になる。
( 当然それ以外にもあるが )

が、ただ水を飲ませる量が多ければいいかというとそうでもない。
反映率や細胞性質の構築、各機能力の構築、現時点までの育成状況やらが絡んでくる。

どの個体でも水の効果は均一になるというわけではない。



この相関性なんだけど簡単に言えば、
体液量を増やせば内臓のコンディションが上がり、そこを上げれば循環系が上がり、
血液や体液の状態・回転量も上がり、細胞の状態が上がり、機能力の高い細胞が構築され、
それがまた内臓の機能と状態を高めることに繋がるということ。


細かく言うとそれがコンディション項目同士・生体が生きる上で保有している機能全てに発生している。
この相関性はあらゆる要素に存在し、結果として循環し一つの状態を形作る。



しかし負荷が重なれば当然コレは逆の意味になる。


これを考えれるなら、ほんの少ししか効果がないと思えることでも、
実際は複数の要素に影響を与えていることが見えてくる。


技術が上がらない人間ほど、ものを簡単に・楽に考えようとする。
これでもやれる、やらなくてもいい、これは必要無いだろうと。
簡単に考えていてはやれないからこそ、やれてこなかったからこそ、下手物連中がCB化されてきていないのだ。


さて、もしやる気があるなら、
あとは自分で年単位の時間を掛けて検証してみるといい。










2017/01/03 Tue. 01:20 | trackback: -- | comment: 0edit

ヘビの脱皮周りについて小話・その1 




■2017/0101






せっかくの正月だ、お年玉的意味合いで少し書いておこうか。

これは某所でコメントさせてもらった話なのだが、
内容を追記して改めてこちらに記載しておこうか。





脱皮不全や脱皮後の死因についてだけど、
脱皮不全はその剥離液の減少と、
その減少による脱ぐ皮と体表との癒着がその原因なのだが、
そうなる理由として、
ヘビの通常稼働時の体液量や血液量が減っていることが剥離液の分泌量低下の原因だ。


あの剥離液は単純な水分ではなく体液であり、
脱皮時にはそれなりの量が分泌→揮発→分泌を繰り返す。

脱皮モード中は体表に体液量が回され、生理的要因で強制的に代謝や内臓稼働量が低下する。
内臓に使われている分の体液も、脱皮時には剥離液の分泌に回される。

脱皮モード中に顔に水をかけると普段より飲むのはそういうこと。
内臓の体液・水分量が体表に回るせいで減っているからだ。


脱皮時にエサを食わなくなったり、消化力が弱くなったり、
全体的な活性値が鈍くなるのは体液量が外部に回され、内臓が一時的に生理的な低代謝状態になるからだ。

個体の状態によっては、胃や腸の消化液なども分泌量がかなり減少する。

同時に皮の剥離自体にもかなり体の機能が回されているため、それも低代謝の理由になるのだろう。

おそらくヘビの感覚としては、
人に例えれば脱皮中は低血圧・低血糖状態みたいにだるくて眠い状態なのだと思う。




そしてWD個体によくある脱皮後に死んだりするパターンだけども、
脱皮により急激に体液や血液の量が減少することが原因だと思われる。


上でも書いたが脱皮モード中は体表に体液量が回され、生理的要因で強制的に代謝や内臓稼働量が低下する。
脱皮モード中は内臓などの体液・水分量が減る都合で、
生体機能としてそれが負荷になりづらいように内臓などの稼働量や代謝量そのものをあえて低下させる。
その間は体内・内臓の要求体液量・循環量も必然と減る。
脱皮後、通常状態に戻った際に内臓の体液要求量・循環量も戻る。

問題はここなわけだ。

導入時の衰弱・飼育下負荷等の蓄積により内臓の体液量などが少ない場合、脱皮中に体液を消耗し、
脱皮モードの低代謝状態が解除された後、その消費された体液量はその分、体や内臓の負荷になる。


要は脱皮後に急に内臓が体液が減った状態で動かされることになり、
突発的な臓器不全が発生したり、内臓の機能低下にとどめを刺す形になったり、
ある種のショック症状が出たりする。
おそらくはこれがWD個体に発生する、脱皮後の突発死の要因だろう。




脱皮直後の抜け殻の重さを計ってみるといい。
そしてそれをしっかり乾燥させ、その乾燥した抜け殻の重さを改めて計ればわかるが、
その重量差が消費した体液量だ。

とはいえ剥離液の分泌量が低下した個体の皮を計っても正確な数字ではないので注意。
その場合、あまり分泌されていないじゃないかという認識になるからな。

しかし実際は白濁中に体表から揮発していく分が加算される。
だが体表から揮発していくのは水分のみのため、ミスティングと摂水により補完が可能だ。

外部からの供給で補完されない場合、体内や皮下に保水している水分を利用して調整する。

だが余剰水分が無い場合は剥離液の分泌量を減らし、体内の維持を優先する。

が、そうなると血液濃度が上がり、脱皮後はその濃度状態のまま通常稼働に戻る。
その場合基礎的な体液量や保水量が少ない場合は、その濃度上昇や後処理も負荷になってしまうわけだ。

また、基礎体液量が少ない状態の個体は、
脱皮後の消耗分を飼育者が補完するためのアプローチをしない場合は、
復旧まで体液・水分量が減ったまま過ごすことになり、暫く負荷が継続する場合がある。
下手をすると脱皮毎に体液の絶対量が減っていき、繰り返すうちに死ぬパターンもある。

同時にそれが常習化している場合は体のあらゆる機能力を低下させていき、
負荷のある状況で生きることを前提にした体質を発展させながら育っていくことすらある。

故に脱皮というのは状態によってはコンディション低下を進行させてしまうものにもなる。


コーンスネークなどもその辺りのコンディションがしっかり成立していると、脱皮直後は体表に可也水分が残る。
そして脱皮開始後も皮の剥離に何の負担も掛からずに30秒~1分程で脱ぐ。

剥離液が少いと脱ぐ時に鱗に張り付いていて、皮膚や鱗が引っ張られていく感じで皮が剥がれていくんだけど、
剥離液が多いと剥がれる際の抵抗感がほとんど無くなる。



まぁ脱皮のために剥離液として分泌される体液は、
通常の細胞間液等よりは成分濃度は薄いだろうが。
そうすれば脱皮後の体液量の復旧が水分摂取によりスムーズに行われやすいだろうからな。



当然これらはある程度コンディションが上がり、
体液量・保水量などが増えていれば問題になることは無い。
が、飼育下負荷・輸入時、または輸入されるまでに脱水と絶食で肉や体液が減り、
ギリギリで生きているような状態だと上記を引き起こしやすくなる。

かといってギリギリで生きてる個体に急激に摂水や水漬けで水分を補給した場合、
自発脱水なども引き起こして今度はそれが死因になったりする場合もあるから、
わかっていても一定以上状態の低下した個体を復旧させるのは、
どうにも難しいものがある。


その都合でそういう個体には体液や血液を創らせるために、
ゆっくりと造血成分や水分を体に保定させるような調整をすることになるのだけど、
かなりの微調整が要求されるのでうまくいかないことは多い。


たった1日の調整ミスでダメになる場合もある。

その1日は理解量が少なければ気づくことは終生無い。
だが理解量が増えれば何がダメだったかがわかってしまう。


ヘビの飼育は ( CB・WD含め )、ことさらWD個体なんかは本当に落とし穴しかない。
その都合で少しでも理解しなければ良いコンディションの構築も出来ないし、
下手物相手では結果など出せはしない。

こういう部分も理解しておいて損は無い。

なんともならないことはあるけども、各々よく理解し、本気で攻略を願う人間は諦めずに挑むように。







2017/01/01 Sun. 18:19 | trackback: -- | comment: 0edit