11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

ボールパイソンの基本体質について 




■2015/1228





年末だしもう一つ神経質な事を記載しておこうか。
また文内に刺があるので自己責任で。


この辺もそろそろ書いといていいだろう。
ソコソコ長くあるジャンルにも関わらず、今だにまともに理解してる人間も少なく、
ネット上では初心者やろくに理解してない人間が、
馬鹿な行為や言動、内容をこう飼育するべきという形や誰かに教える形で書いていたりするので、
そろそろ何がどうなってるかをおよそ説明しておこう。





まずボールパイソンの拒食について。
前も少し書いたが追記込みで改めて。

ボールパイソンはナミヘビや水場傾向が強いボアやパイソンと比べて、普段の尿・尿酸排出頻度が少ない。
排出頻度が少ないという事は尿から水分が再利用されており、それは環境に適応している故の結果だと思われる。
同時に不純物も体内で再利用されるので、尿酸が固形状として纏めて排出される。
頻繁に尿酸を排出すれば水分を多く利用する事になるので、その省水分化も環境適応としての機能なのだろう。
しかしいくら纏めて固形状化して排出しているとはいえ、
その方法ではどうやっても食の回数の蓄積により体内の不純物・老廃物・血中脂肪濃度は上がっていく。

ボールパイソンは通常活動下において、
体内の老廃物や不純物の濾過・排出効率が低いため、冬期や乾季の拒食期間を意図的に作り、
その間に体に溜まった不純物や老廃物などを時間を掛けて濾過しているのだろう。

故にこの種においての拒食は生理現象なわけだ。
内臓機能の一部と考えればいいだろう。

多分強制給餌でアダルト個体に喰う期間と変わらないペースで数年喰わせ続けたら、予想外の早さで死ぬと思う。


他に血液中に脂肪や不純物・老廃物が増えれば喰いムラや拒食になる種類や個体が居る。
ボールパイソンの前年やたら喰わせた場合に翌年喰いムラが出やすいというのは、
拒食期間中に一定値まで体内を濾過しきれなかった事が理由だろう。

その場合は拒食明けに喰わせない期間を伸ばせばいいだろう。
水分供給量さえそれなりにあれば、そんな簡単に空腹で死んだりはしない。
そのうち勝手に喰うようになる。
人間都合での不安など彼らの知った事ではない。
まぁ拒食前の肉付き状況にもよるが。


そして喰いムラ・拒食のもう一つの原因が脱水だ。
体内水分量が低いと消化液の分泌量や体液の循環量等が減り、食欲が低下する。
拒食期間中の脱水も拒食中の体内濾過量と濾過速度を低下させるだろうから、
その不純物が脱水と共に翌年に持ち越され、食欲スイッチのONが曖昧になるのだろう。

まぁこの連中の食欲は空腹ではなく、血中状況に左右されるのだろうな。




そしてボールパイソン等が気管支炎になりやすい理由もこの種の環境対応に理由がある。


おそらくボールパイソンは自律的な口内・鼻孔の粘膜分泌量と循環量の基礎値が低い。
そして棲息下において定期的に土の中に居る事、朝と夜の気温差によるものとの2つの外的要素により、
粘膜に対して補助としての必要要素がある程度満たされてしまっていることから、
体液の省エネ化の為に自律性の量を減らして外界依存を増やしたのだろう。
または水分供給量が低い地で、口内と鼻孔の粘膜だけ分泌量と循環量を増やすことが難しかったか。


だが、それが人工下ではその外的要素の供給量は著しく下がる。

その要素とは、『活きた湿度』と『流動性の水分』の2点だ。


野外では土中・地下から蒸発していく流動湿度。
そして昼夜の温度差で生体表面に発生する結露や、地表に溜まる湿気、そして雨。
これにより上記の『』内の2つが供給されている。

この2つの要素は人の部屋の軽い湿度とは違い、
水分粒子が大きく濃度が高く、発生して蒸散していく活きた湿度を生き物に供給する。

湿度が意味を成すのは、粒子と濃度が成立してからの話だ。
人工下の湿度100%以下なんて何の供給にもならない。


口内や鼻孔の粘膜というのは、乾燥状態に置かれれば置かれるほど分泌量が減る。
逆に中空の水分粒子が大きく量が多い場所の中、またはしっかりと定期的にミスティングされる飼育下では、
粘膜の分泌量は
『鼻孔・口内への中空水分の粒子の付着、鼻孔・口内からの水分の流入』
により誘発され増加する。

粘膜中の免疫細胞は、
体内に入った水分が体液に変換され、体内を通して口内や鼻孔に分泌される。
故に粘膜循環量が低いと、新しい粘膜と共に新しい免疫細胞の口内や鼻孔への供給が減り、
尚且つ古くなった、または利用済みの免疫細胞が口内に増える。

細菌との反応を見る限りは粘膜の免疫細胞は口内の表面全体から発生しているのではなく、
唾液と共に唾液腺系からのみだろう。

そうすると口腔壁に古い唾液の付着量が増え、古い唾液の中では細菌やウイルスが増えて口腔壁の細胞を侵食する。
古い粘膜が多くなっても、分泌量が低ければ粘膜の入れ替わりが遅くなる。
古い粘膜が増えたら一時的に粘膜の分泌量を増やして古いものを強制的に飲み込んでしまえばいいだろう、
というのは爬虫類には通用しないし、そんな対応型自動機能は哺乳類にも無い。

上記の口内や鼻孔に新しい水分の供給頻度が増える事によるメリットがそこにある。
粘膜の分泌量が増えれば循環量が増え、古い唾液を喉に流し込み常に鮮度の高い粘膜が表面化出来る、というわけだ。

故に粘膜サイクルが順当に成立してない場合は、他のヘビよりも気管支炎や口内炎になりやすい。


粘膜循環量はボールパイソンは多ければ多い方が良い。
特に冬季期間中は食による摩擦で古い粘膜を削って飲んでいくことも、
食による体内への水分供給も無くなるから尚更だ。





早い話これもミスティングしてりゃ(特に顔中心に)勝手に解決されるわけです。
私の部屋の冬期中空湿度が10~20%台とかでもボールパイソンの気管支炎が発生せず、
寧ろ導入時に既に発生していた気管支炎が逆に治っていくのはそういうこと。
まぁケース内状況は別だけども。

細菌が問題ではなく、細菌が優位性を持つ条件を体に作ってしまう事が問題だ。

感染したら、病気が発生したらその菌をどうにかすればいいという問題ではなく、
しっかりと菌や病気の発生理由から排除・改善する必要がある。

菌や病気が消えても発生理由が残ってるなら、その発生理由は体への負担になり続けるということだからな。


もし何年もやってる人間で、水入れに入る分で足りるだろうとか、
それで皮膚病がどうたらという考えが出るようなら、あまりにも論外だ。
初心者からやり直してどうぞ。

特にカメレオンなんかやり込んでる人間は、おそらくこういう部分を理解してるだろう。

ちなみにおまけ話で、ネシア系パイソンの気管支炎や口内炎も同じ事。
外界からの水分供給量が多いから、それありきでの体のシステムになってる。
ラットスネーク等はその中間域に属するので比較的自発・自律性があるから気管支炎になりづらい(なりづらいだけ)

爬虫類は基本的に自発的・自律的に自分の体の全てを機能させることは出来ず、半分以上は外界に依存している。

要は内臓が一部外に置かれている感じだ。
環境(体内システムの必要要求項目の供給)を合わせて、一つの生き物なわけだ。

考えればわかるだろうが、人工飼育下でコンディションが低下したり病気になるというのは、
野外で供給されている要素が供給されていない事が原因だ。

各々(私も含めて)改めて考えるように。


まぁボールパイソンに対しての部分的な構造について表立って記載されてるものでは、
今回記載した内容が最も適切だろう。

この手の部分で何か専門的に書かれたデータとかあるんだろうか?

海外ではどうか知らんが、日本の場合は言動を見る限りは、
ブリーダーなどもこういう部分を理解しないでやっている場合が多い。


そもそも他の爬虫類には大体やって当たり前なのに、
何でヘビにはミスティングをしなくていいとか、どういった経緯でそんな結論になってるわけよ?
生きていればいいとか、繁殖が至高という認識や技術レベルで止まり、
増やせてれば何処に問題があるのか? 肉付きが良いのに何が悪いのか?
という先を見ない使い捨て感覚でやってるんならそういう話にもなろうがな。

まぁ一部トカゲ類にもやらなくて当然みたいな部分はあるけども。
そっちはそっちで問題だと思うんだよなぁ、内側の状態を考えないのは。


取敢えず上記を基礎として念頭に置いて飼育すれば初心者の安心感も増えるだろう。
あとは勝手に理解を深めていけばよろしいと思います。





スポンサーサイト
2015/12/28 Mon. 04:09 | trackback: -- | comment: 0edit

ヘビのコンディション項目(2015・改) 




■2015/1227





さて、年末に些か神経質な話でもしようか(´・ω・`)

ソコソコ刺があるので自己責任で。






アリゾナブルスネーク
Pituophis melanoleucus sayi

2015_12260002.jpg
現在、ノーザンパインに体長も体重も追い越された。
この子もそんなに小さいわけではないが、やはり成長力で差が出てしまう。
一応成長線(?)はあるから、止まってはいない。
同時に自分が描いている状態の理想値までなかなか上がらない。

アリゾナブル導入が2013/1月、体長120~130cm程。

ノーザンパイン導入が2013/2月、体長40cm程。

導入時にこの差がありながらも現在はノーザンパインの方が大きくなった。

2015_12260001.jpg
この『差』だけども原因は、

『体内水分量が一定以下の脱水状態がデフォルトのまま体格を成長させられてしまった事』
が主要因だ。

ブルやパインは脱水に弱いということは何度か書いてきたと思うが、現状ですらこれほどの差に現れる。
これから先まだ差は広がるだろう。
この種はベビーの頃からしっかりと水分供給5項目を全てを満たさなければ、
体格の発育に内臓の発育が追いつかない。
それは胃腸の長さの成長にダイレクトに反映する。
同時に体液循環量や粘膜循環量の基礎値が下がるので消化吸収力が低くなる。

胃腸が短く、消化量が弱ければ、体格が成長すればするほど要求量を確保できなくなり、
栄養・水分は体積に対して不足していく。
栄養や水分の確保量が減れば減るほど、体は維持の方を優先するから成長上限値は下がる。

いくら体質を再構築しても部分的な強化と補完にしかならない。

現在ノーザンパインとアリゾナブルは体長は僅かにノーザンパインの方が大きいぐらいだが(おそらく5cm内外)
アリゾナブルはヒヨコを3匹までしか一度に喰えないが、
ノーザンパインは5匹まで一度に喰える(多分喰わせればもう2匹いける)
そしてノーマルブル(アザン)が現在体長160cm程だが、こちらは60cmぐらいの頃から自分がやってるが、
アザンブルは一度に4匹まで腹に入る。
180~190cmを超える頃には上限プラス2匹ぐらいは喰えるようになるだろう。

・・・ちなみに277ハイウェイモンスターブルなんて酷いもんで話にすらならない。


この水分供給の5項目と言うのは、

①食による摂取
②雨やミスティング等による流動水からの摂取
③体表からの吸収
④呼吸による活きた湿度からの摂取(水分の粒子サイズと濃度・発生量)
⑤置き水からの摂取

の、上記になる。

これらの項目・供給量が、対象個体に成立しているかどうかで内臓の状態、成長力にかなりの差がでてしまう。
種類によっては差が出づらいものも居るが、Pituophisは露骨に出る。

技術の無い人間の飼育下では上記5項目が満たされず、
ケースの中に水入れを入れてマウス喰わせて、人間の部屋の意味の無い湿度を気にするだけしかせず、
これでは水分要求量の3分の1も満たせていない。
気密性の高いケースに入れて水分の揮発量を抑えるというのも実はNGだ(以下読んでいけば少しは分かる)

実質的なコンディションを上げるならば、『保持』ではなく『供給』をしなければならない。

血液や内臓の一部の稼働量や、細胞が活動をしやすくなるには水分というのは必須項目だ。

成長においても骨格の発育、筋肉や内臓の成長、鱗の成長・増加、
それらには如何に細胞が適切に稼働できるか、細胞が如何に増えやすい体にするかが重要になる。

以下にヘビのコンディション項目を記載しておく。







ヘビのコンディション項目(2015・改)

1・体内水分量(水分供給5項目による体表・体脂肪・筋肉・内臓・血液・体液全般等の水分量の確保等)
2・毛細血管の稼働量(血中脂肪・不純物・老廃物などの非蓄積性、体内水分量の確立)
3・体液循環量(約同上)
4・体内濾過効率(血中の余剰栄養素・尿酸排出効率、腸管からの尿酸の非循環性の確立、体内の水分交換量等)
5・栄養反映率(紫外線や体内水分量、他の主動力源の供給による内蔵の機能上昇・順当な成長の蓄積)
6・水分反映率(同上)
7・免疫稼働量(体内水分量・紫外線・光源熱・粘膜循環量・口内、鼻孔への水分供給量等による粘膜サイクル補助等)
8・体脂肪比率(体表脂肪・内臓脂肪・血中脂肪量等)
9・基礎代謝量(体温推移・運動量・光源熱・紫外線・体内水分量による細胞の活性量、余剰栄養素の消耗等)
10・体内の水分交換量(新しい水分を摂取し体液の鮮度を上げる、濾過効率の向上)
11・体細胞の性質の形成(供給蓄積・食物による体質への性質付与等)
12・粘膜分泌量・循環量(消化力や免疫力の向上)
13・総合的な内臓稼働量(上記要因構成に基づく総合的な状態)








主にコンディションの基本的な要素は上記となる。
以前記載したものより項目が増えていると思う。

これに『種類ごとの追加項目』が入ったりするから実はコンディションというのは結構面倒なものだ。

パッと見で分かるものや、少し飼育してからでないと見えないもの、
あらゆる理解とデータの蓄積によるものでしか見えないもの等がある。

水分供給というのはヘビ飼育において最重要要素の一つであり、
脱水がデフォルトのまま飼育していると成長力のみならず、上記項目が全て阻害される。
(ちなみにWD個体などは紫外線をやらないと上記項目が全て阻害される)




例えばよくあるのは、低い水分供給量の飼育下でも体脂肪量をもってして、
一定量以上の脱水とそれによる体への不可を緩和させている個体はかなり多く見受ける。

体脂肪は水分の揮発を緩和させ、水分の保持を助長する。
勿論適度な体脂肪はコンディションには必須だが、多ければ体液循環量や毛細血管の稼働量、
水分交換効率を阻害するだろう。

その場合、おそらく固形状の尿酸の排出量が多くなるはずだ。
(カルシウムを多く摂取させても固形状の尿酸は増えるが、それはまた別の話)

これは水分の吸収と排出の回転数による体内の水分交換量が少なく、
濾過した尿の腸管での再利用量が増え、血中の老廃物や不純物などの濃度や排出量が増えて、
体内で固形状の尿酸として圧縮されていくためと思われる。

その場合、空覚えだが固形尿酸の色が濃くなるはずだ。

その辺の状態が上がれば上がるほど、固形状の排出量は少なくなり、液体状の排出頻度が増える。

腎臓による濾過効率が低下し、不純物が細胞や血液に多ければ多いほど、体には負荷となる。
それが内臓機能や成長力要素の弊害になるのだ。

気密性の高いケースでの飼育などは、あくまでも揮発による弊害を防ぐものであり、
それ以外の要素は供給できないので、結局は上記状況に置かれる。
逆にその中で供給した場合は、水分が蒸発しない事が弊害になる。

が、水分を一定以上供給すればどんな個体でも状態の一部が上がるかというとそうではなく、
育成状態の蓄積や内臓稼働量や水分反映率、先天の体質が絡んでくる。


で、血液や体液等が高濃度の尿酸や不純物にさらされていることが当たり前の状況になると、
内臓の負荷が蓄積し、成長力や寿命が削られたり、飼育者から見ればある日突発死を起こしたりするわけだ。

ヘビの成長阻害要素や死因なんてものは結構あるもんだが、この辺だけでもなんとか出来れば、
飼育下におけるTOP要因の一つは排除できる。


安心が一つ手に入るわけだ。

そして何がどうなってるのかを少しでも理解できれば、コンディションの構築状況や推移が把握・想定出来る。




アリゾナブルも120~130cmまで他所で飼育され、体内の構成やなんかをまったく考えられずに伸ばされてしまったため、
他の成長力だけではなくこういった濾過の部分の状態すら上がりきらず、細胞の保水量なども理想値まで行かない。

『体内水分量が一定以下の脱水状態がデフォルトのまま体格を成長させられてしまった事』は、
上記の体と成長力への負荷の部分的問題等も解決しづらく、何時迄もそれがネックになる。

こうなると本物の大型個体にするには難易度が跳ね上がる。


一般的にブルやパインが量を多く喰えないだの、吐き戻しやすいだの言われてる要因はこの脱水が問題だ。
それを理解してるかしてないかの差は本当に大きい。

負荷ありきで成長させられるよりは、初期の成長が極端に遅いほうが遥かにマシだ。
ベビーから1~2年まったく成長してないぐらいなら、ハッキリ言ってまだその方が問題無い。
極端に脱水状態でなければ、それはまだ『発育してないだけ』だからな。
『発育不全』は何の生き物でも終生足枷になる。

ベビーからの好条件の蓄積は本当に大事だ。
アリゾナブルも私がベビーからやっていればもうとっくに200cmなんて軽く超えていたろう。



さて、上記のコンディション項目(2015・改)、
取敢えず簡単に書いたから抜けている部分もおそらくあろう。
それは書き忘れに気づいたり、今後理解量が増えたりしたら改めて追加していくとしよう。


さて、ヘビの一般飼育者層がこういったレベル程度のものにすら、意識や理解が向くのは何時だろうか。
低水準のコピペ飼育が基本として根付いてるのは早く何とかならんものか。

この項目程度を理解して漸く飼育下において『コンディション』というものを口にできると考えてもいいだろう。
中身も見えないで、自分が何をしてるかも分からないで生体の状態もクソもない。


実質こんな項目は基本的な部分の問題だ、まだ上なんて幾らでもあるだろう。
厄介なのは『種類ごとの追加項目の部分』だしな。


あまり私も足踏みはしてられんわな。





2015/12/27 Sun. 02:33 | trackback: -- | comment: 0edit

今年もか 




■2015/1224





去年よりは外出する回数が減ってるから死にそうな疲労感はないけれど、
部室に居る時間が長い分、今年はいつもより紅白の紳士が恋しい。

今年こそはキク8号をお願いしますと土下座をし、
それでは足りんかと土下寝を通り越し三点倒立のような姿勢で玄関前で待機していたのだが未だ来る気配も無い。
今年も私の願いは届けられずに潰えるというのか・・・。

改めて説明するがキク8号とは『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』に出てくる衛星ロボットだ。
彼女に終生、下の世話までしてほしいと私は常日頃願っているわけです。

そして今年も届けられぬ今、
例年通り24日前後にこのブログを見てる残念な方々へ、
代わりの温もりに触れて気を紛らわせるしかない私の今日という日を是非とも御裾分けをしたいと。
そう考えた次第であります。

ではどうぞ。




















マダガスカルローチ
Gromphadorhina portentosa(?)

2015_12220001.jpg
夏ぐらいからやってる。
取敢えず気が触れたように増やしてみよう。
毎月2000匹産まれるぐらい。


わぁ可愛い。

わぁいマダゴキ、あかりマダゴキ大好き。
2015_12230008.jpg
この豚の手の温もりが心地良いのか、足を広げたまま大人しくなる。
排泄口さわってイイ?



キミ可愛いね(*´・ω・)
ネコミミとかいつからやってるの? 何万年前?
2015_12230005.jpg

外は雨が土砂降りで、とてもじゃないが外を眺めて愉快な状況ではなく、
水風呂の寒さに嘆く私の涙のように降るこの雨を止める術は無く。

せめて心の中だけはホワイトクリスマスにしようと、ゴキブリの排泄口を弄る私にそれは起こる。










ほらご覧よ。
2015_12230001.jpg
こうして命が産まれてくるんだ(大混乱)




2015_12230002.jpg
ほら、雪が舞い降りたよ(白目)








そして出産後に♀が最後に胎盤の残りカスみたいなゲル状のモノを排出したんだけど、
それにベビーや♂が群がりこぞって啜り喰う。
2015_12230003.jpg
これ軽い地獄絵図なんだよなぁ・・・(・ω・`)

12/23~24日にかけて目にしているものがゴキブリの胎盤ですよ。
これもう何だかわかんねぇな。
2015_12230004.jpg
そりゃ人間も相手の出したのprprするからまぁしょうがねぇなぁ(´・ω・`)
私もココアちゃんから出てるものならなんにでも飛びつくだろうけども。



2015122478846516546889955.jpg
ココアちゃんから出た透明なココアちゃんをココアちゃんの淹れたココアに入れて飲みたい(*´・ω・)


201512247884651654688995.jpg
クリスマスだからーひきこもっちゃうからー、私もココアちゃんと一緒にひきこもっちゃうからー(´・ω・`) らー

うあああああああああー あああー





2015/12/24 Thu. 03:52 | trackback: -- | comment: 0edit

当然 




■2015/1218






アムールラットスネーク
Elaphe schrencki schrencki

2015_12170001.jpg
いつの間にかヒヨコがこのサイズか。

2015_12170002.jpg
ある種の壁は超えたような気がするから、そこそこ良いサイズまでは伸びると思う。
体の構築状況を計算しながらやってはいるけども、想定通りの状態が見えてくるとやはり嬉しいものだ。

2015_12170003.jpg
もう楽に飲んじゃうよなぁ(*´・ω・)
海外に結構なサイズの子が居るみたいだから、私もとりあえずは180cm前後を目指してみようか。

やはり今年も拒食らないか。
体内水分量とそれに付随する要素を底上げしてるから当然か。
2015_12170005.jpg
食べてる時に寄っていく。

顔から数センチの距離。
一時期反抗期もあったけどまた落ち着いてくれて一安心。





2015/12/18 Fri. 01:58 | trackback: -- | comment: 0edit