09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

鳴き声だけ 




■2015/1011





『ご注文はうさぎですか??』遂に2期が始まる。
20151011897745121932.jpg
チノちゃんブヒイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!

この時の為に生きてきた。

1羽目でもうリピートしまくってお腹いっぱいだよぉ。
体がパッツパツに肥えて起き上がることすら儘ならない。
最早ぴょんぴょんどころの騒ぎではない。

20151011897745121931.jpg
リゼちゃんもココアちゃんも可愛いんじゃあああああああああああああああああああ!

20151011897745121933.jpg
千夜ちゃんもいつも通り見てるとムラムラします。
髪の毛ワサワサして匂い嗅ぎたい、それだけで楽園へ旅立てそう(*´・ω・)

20151011897745121935.jpg
もう何この天国。
何処に逝けば、何処で逝けば其処に辿り着けるのか。
こんな可愛い子たちの少女臭に包まれながら珈琲飲んで惚けて居られるとか、
匂いフェチの私からすればこの上ない状況。
ラビットハウスの床板でいいから生まれ変わりたい。

20151011897745121937.jpg
今期のシャロちゃんも可愛い。
シャロちゃんの声聞いてるだけで何か出てくる(´・ω・)
オジサンも長い時間珈琲を注がれ続けてるからそのカップみたいに撫でて、ねえ撫でて。

20151011897745121934.jpg
今期もココアちゃんが相変わらず軽くキチってて安心した。

やはり私が帰るべき場所は此処なのだ。
いずれ死ぬ時もこの作品の傍らで土へと帰ろう。




んで先日バイト帰りの夜に山に入ってジムグリやシロマダラ探してたのだが、
ちょうど目の前にウサギが居たから
『わぁいウサピョン可愛い、オジサンぴょんぴょんするぅ! 可愛いからおしり貸しておしりエヘヘ』
とか言いながら駆け寄ったら、

物 凄 い 勢 い で 逃 げ て 行 き ま し た 。

ウサギから見てもキ○ガイに見えるのか。



そして今回はヘビの画像すら無しっていうね。
豚の鳴き声だけです、ええ(´・ω・)





2015/10/11 Sun. 21:30 | trackback: -- | comment: 0edit

良い位置 




■2015/1002







シマヘビ
Elaphe quadrivirgata

2015_100100011.jpg
3号ちゃんが丁度良いポジションに居たので撮影。

2015_100100021.jpg
今期アニメも始まってきたが、まずは『ルパン三世』。
当然申し分無い、楽しませて頂こう。

2015_100100031.jpg

2015_100100041.jpg
うむ、可愛い可愛い。




んでいつものように顎の下を撫でて首の角度を固定。
2015_100100051.jpg

2015_100100061.jpg
何故か暫く止まってるんだよなぁ(*´・ω・)

ちなみにこのポジションのままスッと持ち上げて、また同じ位置へそのまま戻すことも出来る。

おそらくヘビの中で最も意思疎通が出来るヘビはシマヘビだろう。
飼育者への慣れ具合、自分にとって何であるかという理解力、
気遣い、状況判断、感情表現、遊び心、どれも群を抜いて高い。

他のヘビの『あんまり考えないでなんとなく慣れる』というのとは違い、『明確な理解』が其処には在る。

まぁ卵とかベビーからの飼育でなくては壁は超えられないうえに、
常に安心させるような接し方をして、ヘビの不安をそのままにしないようにしなくてはならないけども。
そして必ず、ファーストタッチは『顔の前に手を差し出す』こと。
咬まれても逃げられても、ゆっくり手を差し出す。
自分を覚えてもらい、自分を理解してもらい、自分を思い出してもらう為の基本になる。

その辺を習慣的にやらないと他のヘビ同様、なんとなく慣れるという段階で止まるだろう。

壁を超えたシマヘビは実に可愛い。
ベビーから飼育する際はこの領域を目指すことをお勧めする。





2015/10/02 Fri. 22:45 | trackback: -- | comment: 0edit

それも曖昧  




■2015/1001







うわぁん(´;ω;`)
もう10月じゃないかよぅ。
気分的にはまだ3月ぐらいの気がしていて、『オーバーロード』も最終回を迎え、
あまりにもいたたまれずに『のんのんびより りぴーと』を繰り返し見て現実逃避を図っている。

ほたるんのような可愛い子が一緒に出かけてくれるなら頑張って外に行く気にもなるだろうが、
周りは柵で囲われ、餌だけが敷き詰められ、見渡せば自分と同じように目の死んだ豚しかいない。

空の色だけが移り変わるが、頭を降ろし餌を食べる事しか出来ない豚には空など目にも入らない。

・・・外とは一体何だったろうか、最早それすら曖昧だ(´・ω・)





カリフォルニアキングスネーク
Lampropeltis getula californiae

2015_100100015.jpg
脱皮直前。
多分今日脱ぐ。

やはり白黒系は良い物だ。
白黒系カリキンを模様のタイプでコレクションしたいけども何時になるやら(´・ω・)
2015_10010002555.jpg


れんちょんもこまちゃんも可愛い可愛いブヒィ、フゴフゴゴゴブヒィ(´・ω・)





2015/10/01 Thu. 17:22 | trackback: -- | comment: 0edit