08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

小さい緑の 




■2015/0915






『To LOVEる ダークネス 2nd 10話』
2015091587998415315686-2.jpg
ヤミちゃんマジ天使とか言ってたら本物だったブヒィ(*´・ω・)

校庭の砂ですらヤミちゃんに踏まれているというのに、少女に踏まれることすら無い私のなんと矮小な事か。

・・・砂粒以下の豚か・・・侘しいなぁ(´・ω・)












ラフグリーンスネーク
Opheodrys aestivus carinatus

2015_07290001.jpg
画像は孵化直後。
爪楊枝サイズ。
これが出てきた時は絶望した(´・ω・)



2015_09150003.jpg
画像は9/15、今日。

1ヶ月半ぐらいでここまで伸びる。
正直1週間ぐらいであっという間に死ぬようなもんだと腹は括っていたが存外普通に生きて成長する。
おそらく極めて順当に成長した場合は1年、またはそれ以下の期間で繁殖サイズになる生き物なのではないか。

ただ残念ながら孵化した個体は3頭のみ。
ラスト1個の卵はそのまま死籠りとなった。


WD個体は今回はダメだった。
だが、そのデータを元にCH個体には、別のある手法を試している。
2015_09150004.jpg
幾ら昆虫食で消化が早く、摂取する1匹当たりの栄養価が低いとはいえ、
『胃に入る量』、『消化速度』、それによる一定期間あたりの『摂食回転数』には限界がある。

それを踏まえた上で、ラフグリーンは摂食回転数上限の3分の1程も摂取していれば、
痩せることも無く、緩やかにでも成長してくるだろう。
これは今回のCH個体での話だが、内臓稼働量が順当な場合はWD個体でも上記の話は適用されるだろう。

あと別段高カロリーな虫のみを喰わんでもこの種は生きていけるようだ。
逆に昆虫食で1匹あたりのカロリーの高さを要求するならば、
特定の虫専食か、小さな爬虫類や両生類も併食するはずだ。

また、喰わない期間が少しあっても別に痩せることも無い。

それが成立しない場合は内臓稼働量が一定以下まで低下しており、
内臓稼働量を上げる生きるための主動力源的要素が遮断されているということだ。
いくら喰わせても痩せてくる状態がソレ、WD個体によくあるやつ。

栄養反映率や成長推進力が順当に成立してる時点で、この種の主動力源的な要素は満たされているはずだ。
ただ今回の試してる手法がCHだから適用されるのか、WDにも適用される手法なのかは現時点では不明だが。

またはCH個体でも産まれてから数ヶ月限定での有効値とかだったら、
9歳ぐらいの可愛い幼女に小一時間は蹴られ続けないと癒やされないぐらいのトラウマになる。



当然来年もラフグリーンは導入する。
CH個体の状況によっては結構な数を入れて持ち腹を狙う。
2015_09150005.jpg
だがWD個体を飼育できねば話にならん。

来年は何とかしたいものだ。





2015/09/15 Tue. 18:50 | trackback: -- | comment: 0edit

離れられない 




■2015/0914





なんとなく夜中から『シティーハンター2』を見始めたんだが面白くて寝られなくなった(*´・ω・)
寝れなくなったからシティーハンター見ながらコーラでも飲んでブログでも書こうか(暇人)

マウスさんの掃除をする予定だったんだがブログ書いてる時点でまだモニターから離れられない。
11話での唐突な『それを付ければお前も女に見える』で草。
掃除をしようと決意するまでにはあと5~10話ぐらい見なくてはならないだろう。




メキシカンゴファースネーク
Pituophis deppei deppei

2015_09140001.jpg

何時も書いてる気がするけど、このゴファー連中は相変わらず人慣れしないな。
多少飛んでこなくなるぐらいで、掃除中に少し気に食わないとすぐにダッシュする(汗)
2015_09140002.jpg
14話見終わった(´・ω・)

まぁ切れるまでのタイマーが長くなってるだけで十分な譲歩かな。
2015_09140003.jpg
17話見終わった、やっぱり冴子さんは可愛い(´・ω・)ネー


何だ、もう朝じゃないか。
午前中に荷物来るからマウスさん掃除しながら配送を待つか(´・ω・)





2015/09/14 Mon. 08:14 | trackback: -- | comment: 0edit

痩せちゃう 




■2015/0913






ブラックラットスネーク
Elaphe obsoleta obsoleta

2015_09090005.jpg
前に心臓発作と肺水腫(おそらく)を起こした大きい子。

手元での処理以降とりあえずは発作は起こさない。
現在改めて体の再構築をゆっくりやっている。

ボチボチ何とかなりそう。


この子が何年ぐらい生きているかがわかればもう少し微調整出来るんだがな。
2015_09090006.jpg
最近思うがもう少し細部を把握する事が出来ればなぁと。
現在色々と画策中(´・ω・)




それはそうと『食戟のソーマ』が来週で最終回という事実に困惑を隠せない。
何気に毎週可也楽しみにしていたものだからもう心が折れそう。
来週以降は創真キュンにキュンキュン出来なくなるのか。

大変、痩せちゃう(´・ω・)





2015/09/13 Sun. 17:22 | trackback: -- | comment: 0edit

まぁそんなとこ 




■2015/0911






サラサナメラ 
Elaphe dione

2015_09090001.jpg
何時見ても良いヘビ。
この子も随分育ったものだ。

2015_09090002.jpg
割り箸の半分ぐらいだったのがもうすぐ80cm。

2015_09090003.jpg
MAXサイズが80~90cmらしいけども100cmちょいぐらいは行きそうだな。


そういえば一応ペアで買ったんだけど・・・なんか2頭とも♂っぽいんだよなぁ(´・ω・)

まぁいいや、よくあることだよ(´・ω・)ネー





2015/09/11 Fri. 03:08 | trackback: -- | comment: 0edit

そんな馬鹿な 




■2015/0907






シロマダラ
Dinodon orientale

2015_09070001.jpg
2頭目。

こんなに早く2頭目を回収できるものなのか・・・(´・ω・)
これは何だ、私にこいつを増やせという事なのか。

2015_09070002.jpg
回収場所は部室の玄関前。

建物の外壁と外の土間との隙間に居座っていた。
見慣れない抜け殻が外にあったから多分シロマダラであろうと思っていたが、
試しに周り探したらまだ居る始末。


回収時に使ったのはコレ。
2015_09070003.jpg
買ってから一度も使った事が無く、押し入れに封印されていたこいつがこんな用途で役に立つとは思わなんだ。

こいつも作られてからの初仕事がそのL字形状を活かし、
シロマダラを後ろからつつき出す事になるとは考えもしなかったろう。
そして案の定こいつが嫌汁まみれに。

ありがとう、君の勇姿は忘れない。
また押し入れで眠ってどうぞ(´・ω・)





2015/09/07 Mon. 21:47 | trackback: -- | comment: 0edit