06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

こんなトコで運を使う 




■2015/0731







アオダイショウ
Elaphe climacophora

2015_073100012.jpg
クワガタ採集中に木を蹴って虫落としてたらアオダイショウが落ちてきた(*´・ω・)

ソコソコ老成してる上に細いけど幸運な事に♀個体。
ただ残念ながら持ち腹ではなかった。
産卵済みか未交尾か。

念のため明日こないだの♂っぽい子と同居させてみる。

・・・もう繁殖シーズン終わってるよなぁ・・・(汗)

まぁ最悪来年頑張ってもらおうじゃないか(*´・ω・)





スポンサーサイト
2015/07/31 Fri. 21:45 | trackback: -- | comment: 0edit

少し動こう 




■2015/0731







8月・9月中、とあることを本気でやってみることにした。
まぁ本業の方の話だが、最近禄にやってこなかったけどこの時期を逃す手は無いよなぁ(´・ω・)
それで得られる金があれば今後予定以上に動くことが出来る。

・・・ヘビもやれるしな(*´・ω・)

◯◯じゃー! ◯◯じゃーーーー!!







シモフリブタバナスベヘビ (ゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

2015_07310001.jpg
しかしこのゲーイーホグノーズも小さめサイズからやってると、
WDの大きめ個体からやるよりもエサを喰うことに躊躇が無くなるな。

こんな綺麗な顔してキングスネーク連中のようにマウスをガンガン巻く。
こちらは♀の方だが、♂の方などはフタ開けてマウスを入れようとするとケースの外に飛び出してくるまでになった。
最初は警戒心から置き餌でしか喰わなかったんだがなぁ、いつも思うが慣れるもんだな(*´・ω・)
2015_07310002.jpg
♂の方は来年にはおそらく繁殖に取り掛かれる。


さて、今から楽しみじゃないか。





2015/07/31 Fri. 02:17 | trackback: -- | comment: 0edit

傷を負う 




■2015/0729






今期の『城下町のダンデライオン』これも最初は微妙な感じになるかと思ったら、これがかなり良作で困る。
201507247984135348667785.jpg
展開だけでも面白いのだが、櫻田光ちゃんという天使が居るから更に良作になる。

光ちゃんブヒイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!
なだらかだいしゅきいいいいいいいいいいいいいいい!

この子一人で養豚場一作品分のカロリーがある。
・・・恐ろしい子・・・!






テキサスラットスネーク
Elaphe obsoleta lindheimerii

2015_07290002.jpg
この子はやたらと水に入る。
一日の大半の時間を水入れの中で過ごすものだから触った感触がいつもフヤケタ感触がする。

2015_07290003.jpg
数日前にあげた活マウスに絞める時に顎の下を噛まれたようで部位が炎症起こして内側に膿がたまった(汗)

高温に晒しておけば勝手に治るだろうけど、あと数日減少が見られなければ針で穴開けて膿でも出してやろうかね。

活マウスのデメリットがこれなんだよなぁ(汗)
小さいうちはいいけどもアダルトサイズにもなると噛まれる場所が悪いと傷になったりする。
締めるのが下手な子は特に。

まぁやってるうちに締めるのも上手くなるから、こういうのも良い学習だろう。




2015/07/29 Wed. 03:54 | trackback: -- | comment: 0edit

試みた痕跡 




■2015/0727





『それが声優!』は今期の当たり作品だ。
なんて可愛い物を創ってくれやがる・・・(♯ ゚д゚)クワッ
20150722879784641567859.jpg
小花鈴ちゃんのこの可愛さよ。
鈴ちゃん可愛い可愛いブヒィ、私の事を毎日抱きまくらに使って欲しい(*´・ω・)
この豚のお腹は抱くのに丁度良かろう。

201507228797846415678593.jpg
萌咲いちごちゃんも堪らなく可愛い。
ちょっと教育して変な性癖身につけさせたい(*´・ω・)
そしていちごちゃんは匂いもいちごちゃんなのか確かめなければならない(使命感)
いちごちゃんのいちごちゃんはいちごちゃんなのかどうか(底辺)
スカートめくってみてイイ?(´д`)










ノーザンパインスネーク
Pituophis melanoleucus melanoleucus

2015_07250001.jpg
そりゃあこうなるわなぁ・・・(汗)

2015_07250002.jpg
ここ最近、新たな成長期を迎えたのか可怪しい程の速度で伸びる。
前回の記事の時よりも10cmぐらい伸びてるんだよなぁ(´・ω・)

2015_07250003.jpg
体が処々濡れてるから水入れに入ろうとしたのだろうがまあ無理ですよ(替えてやれ)
そして不貞腐れるようなこの寝姿。

・・・120cmケージを自作する話は何時になるやら・・・(´;ω;`)





2015/07/27 Mon. 04:50 | trackback: -- | comment: 2edit

折れに折れる 




■2015/0723







今回挑戦してみたラフグリーンスネークですが、アレのWD個体飼育は無理ですね_| ̄|○

あらゆる手法や理論を試してみましたが、何も反映しないまま痩せていく始末。
あそこまで何も反映しないとか何が生命維持の中核となっている生き物なのかすらも分からない。
最終的には野外での活動量を確保するために紫外線耐性でも体に付与されているのかと思って、
強紫外線を供給するためにメタハラの使用とかも考えていた。

そして先日、某有名店の店長さんと話をしていたのですが店長さん曰く、
『昔、自分も飼育したけれど、その時メタハラ使ってみたけど何も変わらなかった』
という言葉が出てきた時には私は一瞬で地獄の底に叩き落とされた。

今まで散々試行錯誤した挙句、最後の希望までもう既に意味の無い仮定であったのだ。

ただ、こういう状況ではあるがまだ試していないことが2つ残されている。

(以下はあくまでも仮定です。)

一つは某店の店長さんが言っていたのだけど、『比較的強めの風の流動』
カメレオンなどでは一部の種類は風の流動が無いとダメになる種類も居るようで、
それがラフグリーンにも適用されるのではないかという話。

もう一つは私が試してみたい『光の色』
ラフグリーンが何故緑色の体色をしているのか、という部分を考え、
面倒くさいから説明はしないけれど、植物の成長促進ライトと紫外線灯と合わせて使ってみたらどうなるか
という話。


これでもダメなら後は中空湿度の浸透圧とかイオン濃度とか、
そもそも太陽光下以外での飼育自体が不可能とか訳の分からない話になる。
人工の紫外線灯では出していない太陽光に含まれる光線の種類を主動力源にしてるとかだったらもう目も当てられない。

海外のデータ見てると、そこら辺で採集したラフグリーンスネークを近くの動物園で、
プラケースで飼育してみたところ、速攻でダメになった。
みたいな話すらあるので、現地の動物園でも無理ならば国を隔てた人の部屋では、
もう何をしても不可能なのではないかという思いもある。










そんな中、遂に顔を出す。












ラフグリーンスネーク
Opheodrys aestivus carinatus

2015_07230001.jpg

ぎゃああああああああああああああああああああ!
孵化してきたああああああああああああああああ!

折れちゃうううううううううううううううううう!
あたいの心折れちゃううううううううううううう!


誰か私の人生で目に映る世界の中にラフグリーンのやり方をピンポイントで分かるお客様がいらっしゃいましたら
お手をお上げくださいいいいいいいいいいいいい!


もう無理なんじゃあああああああああああああああ(´;ω;`)





・・・ちなみに私も想定はしていましたが、某店長曰くCH(持ち腹孵化)でベビーからやる場合は、
他の飼育難易度の高い生き物同様、WD個体よりはそれなりに丈夫になるだろう、との事。

ただ一部の難易度の高いトカゲなどの場合、CHで暫く順調に成長していっても、
あるサイズになるとWD個体同様の『何をやっても痩せてきて死ぬ』現象が発生する場合があるらしい。
某ショップのブログの方で一部モリドラゴンの類でその手の現象があるという記事は見たことがあるが、
北米系の連中でもそれが発生する種が居るらしい。
ラフグリーンもその系統ではないかという話。
もうストレスで失禁しそう。



・・・ラフグリーンに手を出すことがどれだけの地獄かだけは見えた気がするよ。
直径数キロの沼の中から10年前に自分が放り込んだ小石を探して、答え合わせをせずに正解の石を自分の前に持って来い、
というレベルと一緒の領域だ。


最早この種だけは個人の力量だけではどうにもならないという判断をせざるを得ないため、
今後、自分が生きてる限りはあらゆる場所からデータを集めていこうかと思う。


これもうどうにもならねぇな(´・ω・)





2015/07/24 Fri. 00:04 | trackback: -- | comment: 0edit