01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

嗜好 




■2015/0228





明日から3月か、思いの外案件が進展しない。
やはりもう一手打たねばならんか(´・ω・)



掃除ついでに遊んでいたのだが面白い嗜好を見つける。

とは言ってもこの子の嗜好だが。



アリゾナブルスネーク
Pituophis melanoleucus sayi

2015_02270007.jpg
こんな感じで顔を挟むと落ち着くらしいw

2015_02270008.jpg
この子はこうされるのが好きなようで放っておくと眠り始める始末。

2015_02270009.jpg
こうされていた時間は1分とか2分などではない、撮影開始まで10分以上はこの状態だった。
それから画像も撮って動画も撮って、まだ離れない。
クッソ可愛い。

2015_02270012.jpg
された後はしばらくリラックスモードになるようでこの有り様。

2015_02270013.jpg
顔をモチモチされた後、上記の動画撮影に入るわけだ。


しかし爬虫類もおかしなもので同一種でも性格にも嗜好にも個体差がある。

まぁ言ってしまえば生き物だから当然なのだろうが。

きっと人間が思うより、彼等は其処に在るのだろうな。





スポンサーサイト
2015/02/28 Sat. 18:13 | trackback: -- | comment: 0edit

治療開始 




■2015/0225






昨日の夜からこの子が具合悪くしたので治療開始。

画像は治療中もの。

ブラックラットスネーク
Elaphe obsoleta obsoleta

2015_02240002.jpg
症状は心臓発作的な何か。
心臓の部分を縮ませて苦しそうにのたうち回る。
大きく空気を取り込み、肺を必要以上に膨らませていたりするということは、
血液流動が減り、酸素量が低下しているからだろう。

この子は導入時に酷く体が脱水しており、
動く度に鱗や筋肉がバリバリ音がするような状態だったことを考えると
当然以前の飼育者はその脱水状態の子にマウスやラットなんて喰わせてたであろうわけで、
必然と血液中の水分量の低下・それによる血中脂肪の密度の上昇、
血管・毛細血管の血流量低下による臓器への負担など、これらが発生しているだろう。

それが重なれば最後は臓器不全や心臓に来るだろう。

当然初期状態からその辺は想定してはいて、対処はしていたがCB個体だろうということもあり、
心臓への負担がここまで進行しているとは把握しきれなかった。

うちに来てからの+より、水面下での悪状態の進行の方が早かったらしい。
2015_02240001.jpg

本来この症状は、野外産の個体が突発死を起こす時の症状。

だがCB個体の場合は、WD個体のそれの発生とは些か似て非なるものだ。
症状は同じでも経過が違う。
WDは紫外線遮断と脱水が主体であり、CBの場合は脱水と内臓・血中脂肪が主体だ。


・・・他所での飼い込み個体でショップに引き取られている子は大概何かあるな。


他の子らは何とかしてきたけれど正直な話、今回は処理しきれる気がしない。
他所で悪環境に置かれていた時間が長すぎる。

こういう状態にならないための手は打てるし、普段の飼育自体がその手法になっているので
幸い最近は致命傷になる前に問題の処理が終わっている。

だが処理が追いつかず、こうなった後は対処が間に合うかどうかデータが無かったりする。
この症状のこの状態から回復していく過程の推移速度がわからないのだ。

ただ、皮肉なことに悪くなっていく推移速度は把握している。
WDのアオダイショウで嫌なほど思い知らされている。

ただ昔と違い、多少の技術はあるつもりだ。
今回、症状の進行具合がまだ浅い段階で発生しているのがせめてもの救いか。
もう少し進むと、あと1・2回の発作で死んだりする。


この子には当初からCB向けの対処ではなく、WD個体向けレベル+αの対処をする必要があったようだ。

特定栄養素の欠乏からの視点も今回対処に織り込んでおり、出来る限りの手は打つが如何なものか。





2015/02/25 Wed. 00:26 | trackback: -- | comment: 0edit

遊ぶ 




■2015/0222





『DOG DAYS″』今期はうさぎしゃんが可愛すぎる。
1期・2期は出番自体が少なかったが今期はメイン扱いか登場が多い。
201502224789471545845486.jpg
ベールちゃん、ベールちゃん可愛いブヒィ(*´・ω・)

うさぎしゃん、うさぎしゃんに囓られたい。
浮気してごめんよルビー(´・ω・)







ノーザンパインスネーク
Pituophis melanoleucus melanoleucus

2015_02190007.jpg
ノーザンパインの動きを止めることに成功(´・ω・)

2015_02190008.jpg
おお、止まる止まる。

2015_02190009.jpg
正面から単眼視点で見ると変な顔だよな(*´・ω・)

2015_02190010.jpg
ET的なアレ。

2015_02190011.jpg

うりうり、ヤダ可愛い。





2015/02/22 Sun. 13:22 | trackback: -- | comment: 0edit

それはもう消そう 




■2015/0219





最近やたら熱が出たり慢性鼻炎が悪化したり、
新しいアレルギー発生で手に数十箇所蚊刺されのような腫れができたりで碌な状態ではなかったが
ようやく落ち着いてきた。

部室に居る間は『ヤマノススメ』の1期・2期を廃人のように見ていたが、
ここなちゃんの可愛さに加速的に外に出たくなくなってくるのでそろそろお外にバイトにでも逝こうかと思います(´・ω・)







コーンスネーク・ノーマル
Elaphe guttata guttata

2015_02180008.jpg
気づいたらこの子も1年以上ブログに出してない(´・ω・)
サイズはもう少しでアボッツオケッティーと同じぐらい。

2015_02180006.jpg
この子を撮影すると画像全体の色彩が赤っぽくなるな。

2015_02180007.jpg
そういえば暫く成長記録の類を更新していないが、
定期的な成長にあまり意味を見出さなくなったので消してやろうかと思います。

意図的に体重落としたり、体脂肪落としたり、体重が減ってても骨格は成長していたり、
同じ筋肉量や脂肪量でも内臓・筋肉・表皮・皮下の水分量の差でのグラム増減もあり、
喰わせるもので造られていく細胞の質の違いなどもあるわけで、
体重・体長だけでは成長の記録としてはもう意味が無いのですね。

体の質量や体積の増加だけで成長とするには物足りなくなったわけですよ。





それはそうと最近植物が欲しい。
2015_02180005.jpg
まぁそんなもの買ってないでヘビを買えと。

ですよ(´・ω・)ネー





2015/02/19 Thu. 06:29 | trackback: -- | comment: 0edit