07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

嘆願の1種 

 


■座卓部 2014/0831








先日漸く回収してきた。
私が密かに憧れ、導入を願い止まなかった種。







277ハイウェイモンスターブル
Pituophis melanoleucus sayi(?)

2014_0831_041134.jpg
諸事情あり、回収・帰宅がだいぶ遅れたが何とか無事に来た。

この種において特筆すべきは最大スペックがアリゾナブルを超える300cm。
まぁ、アリゾナブルもたまたま250cm前後のが最大認定されてるだけで本当はもっとスペックがあるかもしれないが。
いずれ至るその存在感は最早300cm超えのタイリクシュウダやオオカサントウにも引けは取るまい。
亜種認定は多分されていないと思う。
普通のブル扱い(´・ω・)

性格的にはアリゾナブルにカリフォルニアキングを足した感じ。
早速指を喰われそうになったw
随分prprしてくるなと思っていたらゆっくり口を開いてきた(*´д`)
当然咬まれても有難う御座いますと言わねばならない。


だがやはりアレだ。
懸念していたとおりコンディションに色々と問題がある。
改善しなければいけない状態が3箇所。
経過観察が1箇所。
2014_0831_041143.jpg
この状態の子に、早く大きくしようとマウスでパワーフィーディングなんかしたら予想外なほど短期間であっさり逝くと思う(´・ω・)

消化力はどういう状態になっているかは今後様子を見ていくことになる。

とりあえずは急がずに丁寧に問題を改善していこう。


さぁ、いずれ愉快な世界を見てみようじゃないか。
 
 
 
スポンサーサイト
2014/08/31 Sun. 15:25 | trackback: -- | comment: 0edit

ふみさんなら幾らでも食べられる 

 


■座卓部 2014/0827







『人生』のふみさんがエロ可愛すぎて(*´Д`)ハァハァ
こんな教師に低めのヒールで踏まれながら学性生活を送れたらさぞ愉快だったろう。
20140825789941566484528-2.jpg
とか言ってたら面白いヘビが手に入った。

まさかあんなのが転がってくるとは思わなかったなぁ(´・ω・)
それはそれで愉快だからまぁ宜しい。






ノーザンパインスネーク
Pituophis melanoleucus melanoleucus

2014_0826_224225.jpg
海外の画像でブルやパインに生卵喰わせてる画像があったから試しにウズラの卵を買ってきてあげてみた。

2014_0826_224355.jpg
しばらくprprしながら様子見てたけどノーザンパインは結局喰わず。
ヤダ可愛い。


アリゾナブルスネーク
Pituiophis melanoleucus sayi(?)

2014_0826_233222.jpg
こちらもしばらくprprしてたけども、後で覗いたら食べてたみたい。
ヤダ可愛い。
たまにおやつであげてみようと思う(´・ω・)

水分補給にも丁度良かろう。
 
 
 





2014/08/27 Wed. 22:36 | trackback: -- | comment: 0edit

気が気でない 




■座卓部 2014/0824







昨日はお外にバイトに行ってきたのだけど帰宅時にはほとんど消えるという有り様(´・ω・)
金を握っていた時間はほんの束の間。

・・・まぁコレに変わったんですがね。
2014_0823_202025.jpg
今日使う分を抜いた後。

ピンクSS~Mぐらいのランダムサイズパックなのだけどえらく安い。
寧ろ色んなサイズが入っていたほうが使いやすいのだ。

来週も買ってこよう(´・ω・)
ファジーが100匹で5980円だったからそれも買っておきたい。




アリゾナブルスネーク
Pituiophis melanoleucus sayi(?)

2014_0821_130506.jpg
よし、チョビチョビ大きくなってきた。
もう手羽元を楽に消化できるしな。

もう10cmか15cmも伸びれば太い所は手首ぐらいにはなるかな?
2014_0821_130607.jpg


2014_0821_130731.jpg
壁紙をマジキチにするなどして組んでいた魔法術式(中二)だが、ついに完成を見る。
この種、アリゾナブルの最大スペックは250cmオーバー。
それを楽に超えるスペックを持つ種がついに来る。


ただ、ひとつ懸念されるのは、短期間のうちに2度ほど他所で購入と出戻りを繰り返している個体のようで、
人の手に渡っていた期間を『飼い込み』として認識しているようだが、
あの種において、私にとってはソレは明らかなマイナス要素だ。
あの連中の弱点というか注意点を把握してるだけに不安しか生まれない。


そもそも数ヶ月経過していながら、ほとんど体長が伸びていないようなのだ。
という事は、
この数ヶ月、適当に給餌され、ただ部屋に置かれていただけか、
吐き戻し体質があり、まともに給餌し得なかったかのどちらかだ。

前者ならまだしも、後者ならアリゾナブルのように些か調整に手間を食うだろう。
または何か厄介な問題でも抱えていないかと不安でしょうがない。


私にとってアレは最大級の憧れの1種。
多少シビアになるのも仕方がないのだ。


だがまぁ、とりあえずはアレが来ることになった。
最大サイズがアリゾナブルを超えるスペックを持つ化物が。
あまりの感動と不安で手元に来るまでは色々と気が気ではない。
とりあえずは心を落ち着けるために涙と涎と小水を垂れ流し、チノちゃんに愛される夢を見ながら床に就こうかと思います。
 
 
 
2014/08/24 Sun. 08:14 | trackback: -- | comment: 0edit

あと数日 

 


■座卓部 2014/0821






もう1周間ちょいで8月も終わりか。
私の気力が保たないから早く、早く過ぎ去るがいい。


ここ数日、体のリハビリをしつつ、筋力低下や内臓機能の低下を実感しながら。
(特に肺の機能低下は目を疑うほどだった)




脳筋可愛いよ脳筋 いくみ可愛いよいくみとか言いながら。
2014081687451564852-2.jpg
可愛いよいくみさんマジ脳筋天使。

コレほど可愛い体育会系が今まで居ただろうか。
この作品も実に良い養豚場ですね。



いい年の小汚いオッサンがフヒ笑いしながらPCモニタの壁紙をマジキチにしていたり。
2014_0820_084917.jpg
神作品過ぎるだろコレ。



山に在庫の調達に行っていたりとかしていましたが。
2014_0821_035122.jpg
KABUTOMUSHIの幼虫、全部写ってないけどこれで400匹。



あと数日でこれらの行動による魔法術式が完成する(中二病)
今回こそは報われてくれ(´・ω・)






トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

2014_0821_062106.jpg
一番小さい子。
多分♂。

前に30センチ台の小さい子を導入したけど良い感じで少しづつ成長してきた。
このぐらいの状態になればもう安心だな。
2014_0821_062143.jpg
小さい頃からやるからなのか、この子がたまたまなのか、
ケースのフタを開けようとすると何か貰えると思ってフタに突っ込んでくるようになったw
やだ可愛い。

しかしアレですね、やはりこの種、特に導入時は色々と手を回さないといけないな。
見えない部分の底上げがどこまで出来るかでWD個体の先が決まる。

先日導入した2頭には最初から紫外線灯を付けたけど、やってみた感覚としては導入後のコンディションの上がりが早い気がする。
他の子らには来週設置。

できることならWD個体を導入しても、その個体の野外でのベストコンディションまで当たり前のようにもっていければ・・・
というのが今後の理想だな(´・ω・)
よほどカピカピで入ってこない限りは何とかしたい。


んで先日、某ショップにフロリダウォータースネークをペアで予約注文しといたけどちゃんと来るだろうか(*´・ω・)
ああいう魚食いや両生類食いは内側から体温が下がるだろうからマウスや鳥メインの連中より気をつけねばなるまい。
必要な資材を早いうちに揃えておかねば。
 
 
 
2014/08/21 Thu. 07:27 | trackback: -- | comment: 0edit