06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

まじか 




■座卓部 2014/0727






産卵後、一時期しか喰わなかったから何かおかしいなと思い、まさか2クラッチ目か・・・?
とか思ってたらほんとに産みやがりました(´・ω・)


イエローラットスネーク
Elaphe obsoleta quadrivittata

2014_0727_024911.jpg
様子見たら産み途中だったからそのまま撮影(汗)

一時期からマウス入れると威嚇攻撃するようになっていたので、
なんか前回の産卵前も同じ反応見たなおい(´Д`) とか思ってたらコレですよ。

さすがにスラッグがあるようですが、だいぶ卵のサイズは小さくなってるものの、まともな卵もあるようです。


うん。

あのね、産んでもらってアレなんだけれど。


・・・こんなに要らねぇwwwwww


誰か欲しい人は居るだろうか。
地味で大きくなるやつ(´・ω・)

孵化頭数次第では配布するかもしれませんねさすがに(笑)


まぁ今度はちゃんと食べておとなしく養生しなさい(*´・ω・)ネー
 
 
 
スポンサーサイト
2014/07/27 Sun. 03:00 | trackback: -- | comment: 0edit

手遅れ 

 


■座卓部 2014/0726








シマヘビ
Elaphe quadrivirgata

2014_0726_040453.jpg
CB3号、脱皮直前。
多分今日の夜か明日には脱ぐと思う。

2014_0726_040643.jpg
脱皮前だろうと脱皮後だろうと美しい。

昨日から徹夜で部室内の整理をしている。
とある機能性を追加し、余計な機能を片付けねばならない。
より身を削ぎ、やるべきことを絞らねば。


2014_0726_040701.jpg
そういえば最近、某有名爬虫類ブログでシマヘビの記事があげられている。

他の人がシマヘビをまともに飼育し、その経過を見ていけるのは嬉しい限りだ。

2014_0726_040758.jpg
この可愛さ、もっと愛されるべき生き物だと思うのです。

時と共にヘビに対しての意識を覆すほどに尋常ならざる慣れ方をするシマヘビと過ごす時間は実に良いものになっていく。

あとは恋にだけ落ちぬように気をつけていけばよろしいです。


私はもう手遅れだけれども。
 
 
 








2014/07/26 Sat. 09:50 | trackback: -- | comment: 0edit

何か多い 




■座卓部 2014/0725






安部菜々ちゃんが可愛くて夜も眠れない(*´・ω・)
なんか・・・アイドルマスター シンデレラガールズのメンバーは初期メンバーと違い、なんかみんなエロいな(・ิω・ิ)
2014072056564748154587-2.jpg

菜々ちゃん見てるとぴょんぴょん・・・ぴょんぴょんするぅ・・・(混)





サウザンパインスネーク
Pituophis melanoleucus mugitus

2014_0720_052328.jpg
そこそこいいかんじに育ってきた。
この黒さ、たまらないな。

2014_0720_052350.jpg
そういえば8月か9月中にいくつか欲しいのが居るんだが・・・頑張って予算作らないとな(´・ω・)

安い方で攻めれば4頭、高めの方で攻めれば1頭か。
さてどちらでいくか(・ω・)

しかし自転車の改造費や紫外線灯、冷凍餌でだいぶ飛ぶ。
菜々ちゃんがprprしてくれればHPとかフルまで回復し、昔のように休まなくてもしばらく働けたりするのだろうけど。
来月からニートだというのにこの出費の多さ。
もうアレだな、この年寄りには神頼みしか無い(*´・ω・)ネー


2014_0720_052432.jpg
部室での例に漏れず、この子の消化力もかなりのものだ。
本当に誰だ、ブルやパインが消化弱いとか言い始めたのは(´Д`)

2014_0720_052506.jpg
多少模様は入るものの、ガッチガチの黒。
おそらく黒系のナミヘビの中ではインディゴ連中に引けをとらないサイズになるんじゃないだろうか。

ま、今日も大きくなるようにと願いを込めてセクハラでもしておきますかね。
 
 
 
2014/07/25 Fri. 05:06 | trackback: -- | comment: 0edit

多分必須 

 


■座卓部 2014/0721






今月末にもう1ペア、こいつらが来る。
これで来年にもう2~3ペア導入できれば最早鉄板だろう。
楽園への架け橋を数年を掛けて築きあげようではないか。
モンペリエは意地でも増やしたい。
それは私のやるべきことではないかと思うのです(*´・ω・)ネー




トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

2014_0720_225328.jpg
クーリングの設定をどういう調整にするか、海外の色んな情報漁っていたけども、
亜種が4亜種ほど居る上に分布域が広く、わかりづらいことこの上ない(´・ω・)

結果、何とかおよその検討はついたから数年後に挑戦だ。
2014_0720_224857.jpg
この首周りのくびれの無い滑らかなラインが素晴しい。

2014_0720_225022.jpg
だいぶ気性も落ち着き、もうほとんどバタつかない。

2014_0720_225121.jpg
うむ、この状態。
この状態をもってして130センチ以上まで育てれば繁殖も夢ではなくなる。

2014_0720_225253.jpg
この輪っかになったところ大好き(*´Д`)



8月中にはモンペリエには紫外線灯を導入します。
あと、定期的にケース内を30度以上にして体温を上げる日を設置しようかと。

最近、色々と飼育・模索しているとある結論みたいなものが見えてきました。

紫外線ですが、一般的にはヘビには必要無いなどと言われておりますが、
CB個体は別段必要無いかもしれませんが、WD個体の場合は必須事項なように見受けられます。

野外では紫外線による代謝UP、体温上昇による自己駆虫が必然的にありますが、
それありきで生きてきた連中にその環境サポートが無い場所ではやはり無理があるのではないかと。

WDのアオダイショウとかではどんなにコンディションが良かろうと、数年である程度突発死が発生するのはそのへんではないかと思うのです。
おそらく代謝低下による臓器不全といったところでしょうか。


あと薬に関しても、線虫・条虫系の駆虫薬を使うとある程度の負担があるようなので、
現状の状態が良い分、できれば使わずにいこうかと思うのです。


2014_0720_225641.jpg
ほら、少しぐらい触っても平気(*・ω・*)


ああ、ガチムチ可愛いよガチムチ(*´Д`)ハァハァ
 
 
 
2014/07/21 Mon. 00:03 | trackback: -- | comment: 0edit