05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

わずかに見える将来性 




■座卓部 2014/0607







トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

2014_0607_112115.jpg
胃が短いのでソコソコ間隔開けて給餌してるせいかボチボチしか伸びない。
というかこの種類自体が体格が大きいのでやっぱり成長に時間がかかるのか。

撮影前に少し触っていたので多少機嫌が悪いw
2014_0607_112103.jpg
しかしこの鎧の様な鱗は堪らない、ましてやこの鱗を纏う体がイケメンのガチムチとか思わず自ら差し出したくなるレベル(*・ω・*)

そういえばこの種、一度も水入れから水を飲んでいるのを見たことがないのだけど、一体いつ飲んでいるのか。

そして霧吹きやると顔や体に流れている水を飲み始める。

サウザンブラックレーサーもそうだけど動いてない水を認識できないのではなかろうか(´・ω・)

おそらくこの種には定期的に直接的な給水が必要なのだろう。
2014_0607_112017.jpg

ちなみに部室のシマヘビのようにキ○ガイじみた慣れ方をするのではないか?
という種類の候補に上がる数種のうち、1種がこのモンペリエだ。

というのも、モンペリエの目での感情表現の明確さ。
この種に伺い見える感性と明らかな好意表現すら向けるこの目には大きな将来性を感じる。

まぁ間違いなく卵からやらねばああはならないだろうけれど。
いつかやってみたいよなぁ、モンペリエを卵から。
・・・( ゚∀゚)フヒヒヒヒヒ・・・ジュルリ。
 
 
 





スポンサーサイト



2014/06/07 Sat. 16:03 | trackback: -- | comment: 0edit