09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

それぞれの互換性 

 


■座卓部 2013/1029











たまにはこういうのも。

部室で使用している爬虫類のケースを置くラックだけども、この組み合わせはある種の神互換だと思うの(´・ω・`)




部室の一部はこんな感じ。
霧吹きの跡でケースがえらく小汚いけどそれはしょうがないの(´・ω・)
2013_1027_222932.jpg
使用してるラックは、NC-875 5段 ブラック 70kg/段 W87.5×D45×H180cm

ただこの既成品のまま通常使用するとボルトで棚板を固定する仕様なので、棚板の位置替えがものすごく面倒だ。
2013_1027_220118.jpg

ラック自体の有用性は悪くないけれど、ボルトシステムだと利便性が大きく削られる。
一段移動するのにかなりの手間と時間を消耗する。
2013_1027_221322.jpg

そこでコレ。
トラスコ ボルトレス棚用中棚受 (LITU)
2013_1027_221359.jpg

他の製品のパーツではあるけど、NC-875との互換性が完璧。
2013_1027_221423.jpg

2013_1027_221458.jpg

2013_1027_221517.jpg

2013_1027_221556.jpg
こんな感じになる。

これをラック内側の四隅に取り付け、棚板を乗せるだけ。
このボルトレスシステムにすることにより、棚板の位置替えが一段1分前後で終わる。
2013_1027_221611.jpg

そして次は安定性の問題だけど、
このラックがデフォ使用の場合、ボルトを締めることで安定性を生み出すのだけどデフォのままでも安定性はいまいち。
ボルトレス仕様にするとそのままだと安定性は皆無になる。
そこでコレを使う。
ウッディラッククロスバー WOR-10C
2013_1027_221644.jpg
コレも他の製品のパーツ。


このボルト3種で設置可能になる。
ステンレス/ブラックメッキ 六角ナット M3
ステンレス/ブラックメッキ サラ小ネジ [ 全ねじ ] M3 × 12
ステンレス 丸ワッシャー 3.3 × 15.0 × 1.0t 《 特寸 》

2013_1027_221707.jpg

これは両サイド・背面と、3箇所設置しないと意味が無い。
3箇所設置すれば安定性も完璧だ。
2013_1027_222826.jpg
これにキャスター
カラーアングル用パーツ ボールキャスター 40mm 耐荷重20kg
なんて付けると更に利便性も増す。

ビジュアル的にもポール式のメタルラックよりは落ち着いた感じになって◎だ。
2013_1027_222759.jpg
部室では置いてるのがプラケースなのでしょぼいけども(´・ω・)

ただ、このラック・NC-875は安いせいか塗装が甘い。
プラケースの出し入れで棚板が擦れて塗装が剥がれてくる。
なので棚板に黒のプラダンか薄いアクリル板でも両面テープを貼って敷こうと思う。



これを年内にあと3つ設置しないといけない。

お金の事を考えると頭が痛いな(´;ω;`)
 
 
 












スポンサーサイト
2013/10/29 Tue. 00:18 | trackback: -- | comment: 2edit

まずまずか 

 


■座卓部 20131027












ボールパイソン
Python regius

2013_1019_103538.jpg
今期は1500グラムいってくれれば上出来と言ってたような気がするが、
先日体重測ったら1400グラムを超えていた。

2013_1019_103552.jpg
うまくいけば1月中まで食べててくれれば今期中には2000グラム行くかもしれないな。

400グラムそこらで来たから来年の1月中に2000グラムまで伸びれば1500グラム弱増加したことになる。
来期は何処まで伸びるか楽しみだ、最大希望値はできれば4500グラム。

やはり♀のほうが大きくなりやすいのか。


現在脱皮モード。
ところでこの目の白濁時には目が見えづらくなるなんて言われているけど本当なのだろうか。
白濁している浮いた眼膜と脱皮の剥離液の向こうでしっかりと目でこちらの動きを追ってきているのに。
パイソンはもとより、特にナミヘビの類はしっかり見えているような気がするのだけど。
2013_1026_075744.jpg

脱ぐまであと数日。
さて、脱皮したらまた食べてもらいますかね(´ω`)
 
 
 









2013/10/27 Sun. 04:59 | trackback: -- | comment: 0edit

パンロード 

 


■座卓部 2013/1025










さぁ、もうすぐ10月も終わりだ。

とある目的のために(ヘビも含む)、11月から4ヶ月間、食費を月5000円でやることにした。

当時(だいぶ昔)は白米のみで1年半だか2年だかやっていて、その間の食費は月3000円で済んでいた。

そこまでシビアになる必要はないが5000円程度では抑えたい。

そうでなくては今回は話が進まない。


・・・4ヶ月間は食事の80%が食パンになるでしょうね(´・ω・)





イエローラットスネーク
Elaphe obsoleta quadrivittata

2013_1023_054358.jpg
大丈夫、お前たちのご飯は無論節約はしない。

手羽中を喰えるだけ喰いなさい(´・ω・`)
2013_1023_054456.jpg

今年はこの子もクーリングしてみようと思います。
2013_1023_054543.jpg
年内にイエローラットの♂が手に入りそうにないのでグレーラットとハイブリでもしてみようかと。

天然下ではブラックラットとイエローラットのハイブリがグリーニッシュラットと呼ばれ、品種としても確立してるけど
グレーラットとイエローラットの場合は何になるんでしょうね(´・ω・)

まぁ、うまくいけばの話だけども。





2013/10/25 Fri. 01:50 | trackback: -- | comment: 0edit

200超 

 


■座卓部 2013/1024












今日までの2週間とこれからの2週間の約1ヶ月でマウス生産数が200匹を超えそうだ。

部室の生産能力は月間100匹行けば御の字程度だけども、是程産んでくれてるのは今までで初めてだ。

2013_1022_032100.jpg
だけどその数行くと間違いなく余るんだよなぁ・・・(´・ω・)

この際だから古めのロットを新規に切り替えてしまうか。

だがこれから気温が下がってマウスのコンディションは上がるので当然産む。
2013_1022_032108.jpg
下手すればこの一冬で来年1年分のファジーを確保できそうだ。

マウスさん、いつもありがとうございます(´;ω;`)





ならば・・・来年繁殖ケースをもう5ケース増設してサンビームスネークでも2ペアぐらい増やそうか(馬鹿)


最近ミャンマー系のサンビームが欲しいんだよなぁ。
私の気の迷いでなければ、いつも入ってくる場所からのとは外見が明確に違うんだ。

いつも入ってくる産地のは雌雄差が顔に顕著に現れるけども
ミャンマー系の個体群は顔での雌雄差が曖昧で色模様のテイストも違いがある。
とはいってもサンビームは尻尾で確実に雌雄がわかるんだけど。

そういえばミャンマー系の方が大型化する気がしてるけどもそれは錯覚だろうか(´・ω・)




ちなみによく入ってくる産地の♂はこんな感じ。

サンビームスネーク
Xenopeltis unicolor

2013_1024_020241.jpg

この子は動きは穏やかだから撮影できる。
2013_1024_020337.jpg
♀の顔とは明らかに違う。


さぁ、来年頼むぞ(´・ω・`)
 
 
 
2013/10/24 Thu. 08:37 | trackback: -- | comment: 2edit