06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

瞬く間に 

 


■座卓部 2013/0712








先日某所より『スネークレスキュー』なるものを購入。
2013_0710_013849.jpg

というのはサウザンブラックレーサー連中のダニが酷く、何度か丸洗い+床材交換など繰り返していたが
何故か一向にマダニ系のダニが消えることはなく、
あまりのストレスから日々ダニを呪い、写真を焼く日々を過ごしていたが、先日コレを発見。

早速投下(・д・)ノ

数日様子を見た結果― なんという事でしょう(´・ω・)



あれだけヘビの体の上でのさばっていたダニが数日でほぼ壊滅。

規定量の30~40分の1ほどの量であの効果。

1800円ほどでこの効果ならば申し分ない。

ありがとう科学の子。



メキシコサウザンブラックレーサー (脱皮モード)
Coluber constrictor priapus (?)

2013_0712_011455.jpg
しかしサウザンブラックレーサーは飼育に難があるほどコンディションに問題があるわけではないけど、皮膚病の子が多い。
多分今期輸入分に限った話ではないんだろう。

導入後から数日毎に筆でマキロンを塗りたぐり、だいぶマシにはなってきた。

この子は前回脱皮時にはこの画像のヘビの体に薄っすらとある傷跡みたいな箇所が水ぶくれのような感じになり、
中から得体の知れないものが出てくるんじゃないかと穏やかではなかったが、脱皮したら意外なほど消えてくれた。

今回は膨らみもせず、乾いた感じで一安心だ。
全身の鱗もだいぶ傷んでいるので、後は脱皮を繰り返して再生していってもらおう。


今年は何とか無事にクーリングまで持っていきたいものだ。
 
 
 
2013/07/12 Fri. 02:01 | trackback: -- | comment: 0edit

儚く映る 

 


■座卓部 2013/0709










今期の楽園は底を知らんな(´・ω・)

『きんいろモザイク』
20130706879874132165788658983.jpg

『ロウきゅーぶ!SS』
2013070687987413216578865898.jpg

『fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』
2013070687987413216578865898321.jpg

これほどの作品群が今期に固まるとは・・・(* ゚д゚)

『ロウきゅーぶ!SS』は想定通りだが、
『fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』と
『きんいろモザイク』が私の予想の遥か上を超えた。


PCデスクの上に乗り、何度モニターに縋り付いたか、何度次元を越えようとモニターに頭と顔を擦りつけたか。

だが私に返ってくるものは私の涙と摩擦の痛み。

モニターに儚く映る私自身の姿のなんと醜いことか。

もう豚になるどころの話ではないな。

涎とアレのみならず脳漿まで垂れ流させる気か。












シマヘビ
Elaphe quadrivirgata

2013_0705_013333.jpg
数字的に見るとそれほど大きくなってない気がするけど
パッと見はやっぱり大きくなってるんだよなぁ。

2013_0705_013404.jpg
やはり時間が解決するものなのか。

2013_0705_013453.jpg
無論、条件を満たしていればの話だが。


それはそうと画像と同様、ケースを覗くと今日も可愛い顔で私を見てくる。

何? 一緒に寝たいの?(´・ω・)(馬鹿)
 
 
 










2013/07/09 Tue. 02:39 | trackback: -- | comment: 0edit

明鏡止水 

 


■座卓部 2013/0706








『恋愛ラボ』と『帰宅部活動記録』がやはり私の楽園か。
201307064787465164897654123148794856895.jpg

是程良質の餌を与えてくれるのであれば喜んで豚で在り続けようではないか。

20130706478746516489765412314879485689523.jpg

201307064787465164897654123148794856895233.jpg

与えられる餌に疑いも無く喰らい付き、夏緒タソprpr莉子タソprprと鳴き声を上げ、
放送が終わる頃、もとい餌が絶たれ、豚小屋から出される頃にはスタッフこのやろうなぜ2クールにしなかったと喚き、
また新たな餌を与えられる時には飢えた心で餌を求め、自由を捨て、ブヒブヒ喘ぎながら自ら豚小屋に戻っていくのだろう。


小屋に戻る度に体から肉が削ぎ落とされているのだろうけど私はそれに気付くまい。

家畜の安寧? 餓狼の自由? 真の家畜はそれを考えないのだよ。

安寧に浸っている事実すら、バラ撒かれる餌で埋められる。

見るがいい、私が豚だ(´・ω・)













アリゾナブルスネーク
ophis melanoleucus sayi(?)

2013_0706_035247.jpg

導入後、実は少しばかり手間がかかっている。
問題は消化力の弱さだ。

導入してしばらくは手羽中を食べさせれば肉を消化したあと骨だけ吐き、他の肉でも少し連続で食わせるとすぐに吐く。
ただ、コンディションが悪くて吐いている感じではなく体質的な何か。


気温要因ではなく、この種の連中はある程度のものを飲み込むのには体がある程度伸ばせる必要がある気がする。
蜷局を巻いた状態では胃腸に圧力的な負担がかかり吐き出す感じ。
その体質が内臓脂肪で更に顕著に現れていた気がする。


とりあえず今まででだいぶ体脂肪は落とした。
今は消化力もソコソコ上がった。
1回でそれなりの量を食べさせられる。
ただそれでも1週間に1回だなぁ。

8月中には大きめのケージを買ってあげよう。
そうすれば更に消化力が上がる気がする。

多少体長も伸びてるからそろそろ限界だろうし(汗)
 
 
 
2013/07/06 Sat. 04:20 | trackback: -- | comment: 0edit

産まないと 

 


■座卓部 2013/0702







『這いよれニャル子さんw』も最終回を迎えた。
とりあえず今期はクー子さんがキラキラしてて思わずクー子さんの子を妊娠したくなったが、足の爪に釘を打ち込む思いで何とか踏み止まった。
201307017889415325348978548.jpg
そうなのだ、クー子さんの子の前に私はハス太キュンの子を産ま(ry


ハス太キュンキュンキュン(*´д`)(♂)








コーンスネーク・キャラメル(?)
Elaphe guttata guttata

2013_0629_215236.jpg
未だにキャラメルかどうか確証が無いけどキャラメル的な子。

まぁ前よりは飛んでこなくはなったけども。
2013_0629_215250.jpg
少なくともわざわざ噛み付きに近寄ってくることはしなくなった(汗)

ただこの子、臆病なくせに一度エサを咥えたら何があろうと絶対にエサを離さない(・ω・)
2013_0629_215309.jpg
エサ咥えた後で持ち上げて床に置くとモグモグしながらダッシュでどこか行こうとする。


・・・これはツンデレと言ってもいいものだろうか(´・ω・)
 
 
 








2013/07/02 Tue. 01:15 | trackback: -- | comment: 2edit