01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

それならば 




■座卓部 2013/0221








『直球表題ロボットアニメ』が面白い。

ローションとかおでんとか卑怯過ぎるだろwww

どうやらgdgdのスタッフが入っているようですが・・・
本当に日本は天才的なキ○ガイが良く育つ(*´Д`)ハァハァ





コーンスネーク・アボッツオケッティー
Elaphe guttata guttata

2013_0211_210059.jpg
脱皮モードで現在は真っ白。

2013_0211_210031.jpg
ところでアボッツオケッティーのMAXサイズってどのくらいなんだろうか。

いまいちデータが見つからない。



2013_0217_092033.jpg
そして2頭来た。

某有名店から仕入れてみたが梱包が思いの外簡素で少し焦った。

爬虫類倶楽部はガチガチの梱包で来たんですが・・・(汗)













・・・(´・ω・)そうか。

201302178797984613320202333588556972.jpg

内田ちゃんはお金が好きなんだね。




ああもうほっぺプニプニしたい。




ならば私をお金として持ち歩きなさい素肌に巻き付けるようにシマシマの中とかに( ゚д゚)

そしてprprで別の形で内田ちゃんを満た(ry





うん、まぁただのキ○ガイとして育ってる人を見ても気付かないであげてほしい(´;ω;`)










スポンサーサイト
2013/02/21 Thu. 00:21 | trackback: -- | comment: 0edit

久々の脱皮 




■座卓部 2013/0216










コーンスネーク・ノーマル
Elaphe guttata guttata

2013_0216_213200.jpg
ノーマルさん久々の脱皮。

2013_0216_212843.jpg
顎下が白くて綺麗な感じ。
やはりノーマルは逆に良いモルフです(*´ω`)

んでアボッツオケッティーも1頭脱皮モードに入りました。

そろそろ春でも近づいてきてるんですかね。

未だに夜間気温がマイナス5度とかいきますけどね(´・ω・)

天気予報をチェックするたびにお腹痛い。 頭痛い。

2013_0216_212713.jpg
この子の復板は尻尾に向かいながら色が滲んでくる感じ。

この復板の差異もコーンの良い所。

2013_0216_212746.jpg


2013_0216_212908.jpg
こう見ると、アボッツオケッティーは過度に食わせすぎでしたね、どう見ても。

そんなわけでアボッツ以降導入した連中は成長はゆっくりでいいので、控えめな感じで給餌しています。

ま、最終的にある程度理想的なガチムチになってくれればいいです。









2013/02/16 Sat. 23:05 | trackback: -- | comment: 0edit

虚実など私は知らぬ 




■座卓部 2013/0209










そういえば来週はバレンタインですか。

ではお父さんもバレンタインデーにチョコ貰って来ちゃおうかな(* ゚д゚)クワッ






シマヘビ
Elaphe quadrivirgata

2013_0205_000103.jpg
水入れに入ると結構ピッチリ。




2013_0205_000134.jpg
突き詰めれば宙の果てすら足元と変わらぬ。

箱庭しか知らぬ角膜なれど、皮肉にも箱庭の方が、在りし自らを多く見る。

神の箱庭とはよく言ったものだ。







まずはコンビニに行きチョコを一つ持ち、女子の佇むカウンターへ。

『○○円になります』と言う声が聞こえるが幻聴だ。

耳を傾けてはならない。

『ありがとうございます』という笑顔と感謝と共にチョコを渡されるが見に覚えが無い。

きっといつの間にか私は彼女に何かを成したのだろう。

その頃には自らがコンビニに来た事・居る事すら夢の沼に沈ませろ。

そしてこちらも満面の笑みを浮かべ、『ありがとう』と言いチョコをカウンターの淑女から受け取ろう。

浮かぶ疑念など、頭のお花畑に居る夢の国のネズミにでも齧らせてしまえ。




さぁ、帰宅したらチョコと木炭を胸に抱き、押入れに篭ろう。

きっと走馬灯向かう安らぎの先に、これからの未来が広がっていよう。









2013/02/09 Sat. 18:23 | trackback: -- | comment: 0edit

意外と 




■座卓部 2013/0203








シモフリブタバナスベヘビの♂がクーリング手前で落ちた(´;ω;`)

これから気温下げて調整しようと思っていた矢先、不意にお亡くなりに・・・
調子悪そうには見えなかったんですが・・・(汗)

そんなわけで今年は誰もクーリングさせずじまいという事になりました(´・ω・)
コーンスネークとか飼いはじめてからアオダイショウを増やそうという気も無くなったので、アオさん連中も今年は通常管理。
今後もアオダイショウ繁殖は取り組まないかもしれません。

・・・餌食いが不安定極まりない種類をこれ以上抱え込んでもしょうが(ry




それと対極にあるのが一般的に流通してる外産ラットスネーク。

あと、この種類。






カラバリア (ジムグリパイソン)
Calabaria reinhardtii

2013_0201_060316.jpg
相変わらずの水好き(´・ω・)

部室のこのカラバリア、ガーナ産との事らしいですが、ボールとかとは違い季節的な拒食を全くしない。
無論活しか食わないが、入れればすぐに目の前で食べる。

ようやく最近マウスさんが復旧してきたのでボチボチ餌が回るようになってきた。
給餌量少なくてすいませんカラバリアさん。

余談ではあるけども、こいつらにはあるやり方とタイミングでしかチェーンが通用しない。
ボールとかと一緒のやり方ではまずチェーンさせてくれない。

もう一つ、こいつらに9割前後の確率で解凍マウスを食わせる方法がある。
最初に活が必要なんだけども(汗)

最近上記方法を極めつつあるのでカラバリアに対する活マウスコストを減らしつつ、給餌量を増やしてやれそうだ。


2013_0201_060201.jpg
カラバリアの抜け殻。

2013_0201_060241.jpg
可愛い事にやっぱりというか当然、抜け殻の尻尾も丸くなってる。




あーもう、カラバリアもっと欲しい(´・ω・`)









2013/02/03 Sun. 16:42 | trackback: -- | comment: 2edit