05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

初産 




■2019/0622





鍵コメ様、コメントありがとうございます。

評価のほどありがとうございます。
情報制限ですがそうなんですよねえ。
下手に手法的・マニュアル的な話を流してしまうと一般層は確実にそれだけしかせずに、
そこで止まりますから、結局ヘビが生きる時間が少し伸びるだけで、
生きる時間が伸びる分、逆に問題に対しての認識が遅くなるので、根本的には業界を衰退させる事に繋がるため、
下手に流せないのですよねえ(´・ω・`)

または、一般層は情報選別とか言いながら生体に対してのソレを考えるのではなく、
自分にとって都合の良い情報しか選ばず、同時に何の情報を引っ張ってきても、
現象や効果の内約を見れずに複数の飼育下負荷で失敗するため、
結局何が効果有るのかわからない、と言いながら変な話を流布し始めるので、
私が流した話も埋もれていって、最も簡単な観念に帰属するのが現状のオチになるので流すだけ無駄という・・・(´・ω・`)


また、このヘビ業界の発展の遅さの最大要因は、

『 生体を扱う飼育者自身が何も考えずに、情報情報と大した理解も技術も無い人間からの言葉だけを探して、
自身の目の前に居る生体自体の事を全く考えずに、何かの種を飼育している・飼育し続けてきた 』

事に在ります。


このヘビを飼育する上では、ヘビの事を考えねばならないにも関わらず、
他所の誰かの人間の言葉に解決を求める連中に対して無闇に情報を流すのは、
やる気の無い馬鹿な飼育者に、飼育に飽きるまでのヘビが緩やかに死んでいく時間を提供するようで嫌なわけです。


一般層は紫外線一つでも、『 紫外線の有無で生体に発生する現象 』 を見る・解析するのではなく、
海外の研究者連中のデータ待ちで、正否の判断をソコに依存しようとしてる始末で、
延々と誰かに答えを求めてるから紫外線の必要性一つですら、
最も普及している誤認が数十年前から最近まで持ち越されて来てしまってるわけですよね。

まぁ海外の研究者からその話が出てきた所で、まともな話であれば私の裏付けにしかなりませんが。

紫外線と水分は基礎中の基礎で、これが飼育下に組み込まれていないと業界や一般層は、
コーンスネークレベルの強健種以外は永久にスタートラインにも立てずに殺し続けるだけなので、
この話だけは少しばかり提供しています。


〇〇様の言う通りで、死んでいくのが嫌なら何かしら考えるんですよねえ・・・本来なら(´・ω・`)
それが基本的に一般層って眺めてるだけですからねw

まぁまだイマイチ普及もしていないようですが、
そういう連中には、私が出せる結果を見せつけて、ヘビの基礎を蔑ろにしてきた連中を存分に嘲笑ってやろうかと思いますw









シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7850.jpg
CB × CB の同腹 F2。

密かに仕込んでて、今年どうしようかと思ったが、試験的にやってみた。
今年なんにも産まないのも寂しいしな。

まだ性成熟が想定上は微妙な感じで、産んでもスラッグかな?
とか考えていたけど普通に産めるもんだな。

DSCF7851.jpg
結構良いサイズの卵。
産卵数8個、スラッグ無し。


ちなみに、初産だからスラッグになりやすいってことは無いからな?
初産でスラッグになるのは、そのタイミングで性成熟と繁殖に絡む内部構築が甘いだけだ。


今回はCBの中で一番大きな♂と、ボディバランスが良い♀を使った。
あの♂は最大サイズのスペックがCB中で最も高いだろうから、
このF2はF1より大型化しやすい個体が出てきたらいいなあ、なんて考えてる。

ただ気になるのは同腹だというところだ。
まぁF2ぐらいじゃ殆ど影響無いと思うけど、どんなもんだろうか。



DSCF7852.jpg
産んでくれた♀ちゃん。
流石にこのサイズの卵産むと痩せるねえ。

取り敢えず最短3年では産める。
だが、これは私の育成構築上での話だ。

他所の飼育者だと、この種のCBはまともに育成出来ない。
一般層では産めるところまで来れないだろう。


この♀だけど、尻尾の先がヨレているだろう?
これは発育不全の一端だ。
この種の発育不全はあらゆるところに発現し、理解と対応が出来なければ死ぬ要素が多い。

更には内部の見えない部分の、種としての体の強さの構成要素にも発育差異が出る。
これは直接寿命に絡む。

私でも探り探りで辛うじて育成してきた。
この種は一般層が思う程簡単な種類ではない。


DSCF7853.jpg
だがまぁ私は取り敢えずCBからでも、産卵まではなんとかやれることはわかった。

これで私の手元でのマダホグシリーズの国内保存の存続は確定だ。

私はこういう外産種の、消費されるだけで終わってきた現状を、
少なくとも私の飼育下ではその状況を終わらせられるようにと考え攻略を進めている。
今回の結果は、小さいけれど確定的な一歩前進か。

まだ孵化もしてねえけどな (´・ω・`)

まぁ適当にまた孵化しておいで。

当然今回も、孵化した全頭を抱える。





スポンサーサイト
2019/06/22 Sat. 01:48 | trackback: -- | comment: 0edit

これで漸く 




■2019/0616






モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7846.jpg
♀ちゃん1号の方。
去年よりも少しは成長してるし、大分肉も付いたな。

腹部周りの肉付きも、もう十分な感じになってるな。
去年の今頃とは安定感が違う。

ここまで来て漸く、立ち上げ完了と言ったところだな。

DSCF7847.jpg
残された当面の課題は、前に一度状態を崩させてしまった♂ちゃんだ。
年内でどこまで持っていけるか。

一応来年は、♂が大丈夫そうなら♀2頭で繁殖予定。
保険として2頭使う。

DSCF7848.jpg
しかしモイラスネークって水分周りが存外特殊だな。
他のヘビのソレと運用と感覚が結構違う。

結構理解してきたけど、まだわからない部分・掴みきれない部分も多く、難しい。
まぁボチボチ調整していこう。





2019/06/16 Sun. 23:09 | trackback: -- | comment: 1edit

漸く食べる 




■2019/0615





鍵コメ様、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、アオダイショウやシマヘビとか野外では当然のようにガンガンにバスキングしていたりするにもかかわらず、
バスキングは体温のみを求めている、等と言っている飼育者も居るんですが、
あの連中は紫外線に対しての要求と、体温に対しての要求と、
影響部位の反応値を識別・認識出来て言っているのかと言えば、100%識別出来ていないです。

私は紫外線量は照射時間や、ライト自体の紫外線量ではなく、
向性・行動と稼働量や遮断低下推移等で割り出している感じです。
私は生体への演算方法が固有のものですので、時間系・統計系のデータはあまり使いませんが、
本来は照射時間もデータとして回収していた方が良いと思います。

紫外線のみならず、ヘビは不足要素・構築不足が時間が経てば経つ程、問題として表面化してくるので、
飼育年数の経過で再調整・再試行・再思考と、色々と手間の掛かる生き物ですね・・・。

導入してからの数年間も神経使いますし、
数年経過してからも年数重ねる度にまた神経使うようになりますし・・・(汗)
わかってそうでわからない部分が出てくると、(´;ω;`) ってなります。

WD個体では外産国産合せてですが、紫外線遮断の状態低下や突発死ほど怖いものはありません。
シマヘビはアオダイショウより、大雑把ですが3~4倍程度は紫外線遮断耐性が強いので、
コンスタントに紫外線供給をされているのでしたら、お手持ちのシマヘビは間違いなく、長く生きてくれると思います。

私もまだまだ理解も技術もクソ甘いですので、少しでもマシになるように、
私もボチボチ頑張っていこうと思います。








アカオパイプヘビ
Cylindrophis ruffus

DSCF7842.jpg
導入から9ヶ月ぐらいかな?
やっと最近2頭とも自力で喰いやがるようになりましたよ。

最近まで強制給餌で凌いでたんだけど、
ある方法を不意に思いついて、それをやってみたら2頭とも食べるというね。

その方法を2頭に同時にやったんだけど、その日の内に2頭とも喰ったから、ほぼ確定的な方法だろう。

けど、導入してから時間が過ぎていて大分他の生物(人間以外)への警戒心が薄くなったから、
というのはあるだろうけどな。
だがそれを込みでも露骨にエサへの反応が変わる。

情報制限するような内容じゃあないけど、その方法や何を喰ったかは書かない。
自力でわかるまでこの種への2日に1回の強制給餌の地獄を味わいやがれ。

ただ、元々の個体や地域個体群の食性に左右されるだろうから、
これは今回ウチの導入した個体群の持っていた食性やクセに対しての解決法だ。
他の変な食性ならまた別の方法が必要になるだろうなあどうせ。


DSCF7843.jpg
一気に食への向性が開放されたようで、数日後にはピンセットからでも喰うようになった。

こうなれば色んなモノに餌付けることが出来るけど、逆に面倒くせえから現状でいいや。


これで今後、取り敢えず育成はしていけるな。
やっと成長させていける。
これもガチムチの姿を是非見たい種類なんだよ。
繁殖の方は・・・まあ頑張ろう。


そういや雑誌のクリーパー82号にサンビームやパイプヘビの話が出てるようだが、何書いてあんだろうか?
少し気になるから後で買ってみるか。





2019/06/15 Sat. 00:59 | trackback: -- | comment: 0edit

琴線 




■2019/0610





ナンブミズベヘビ(フロリダミズベヘビ ・ フロリダウォータースネーク)
Nerodia fasciata

DSCF7836.jpg
2度目の脱皮完了。

いやね、これすごいわ。
この種、私にはツボ過ぎる。
この1種での満たされ具合が異常だ。

導入時より肉も付いて、脱皮が終わって綺麗になって、
改めて見てみると今までの自分が思っていたよりも、遥かに琴線に触れる種類だ。


DSCF7838.jpg
こんな種類を私は今まで後回しにしてきたのか。

とはいえ、こういう種類は存外死因経路は多いから、今の自分ぐらいの状態で手を出すのがちょうどよかったか。


DSCF7839.jpg
まだ100~105cmぐらいしかないんだけど、この太さ。

これでもまだ細いんだろ?
もっとガチムチになるとかたまんねえなあ。


DSCF7841.jpg
画像だと光が反射して白っぽい感じになっているけど、実物は重厚な黒。

このサイズでこの存在感。
でかくなったらどうなるんだろうか。

・・・今年もう1ペアは仕入れるか。
というかWD・CB合わせて、これなら何十頭居てもいいや。


ちなみにこの種には、エサは基本的に魚とカエルしかやらない。
総給餌量の数%は鳥エサ使っても良さそうだけど、あまりメリットは無さそうだ。
使い所があるとしても幾つかの条件が揃えば、だろうなあ。

まあこれからエサ周りの反応値を回収していくけど、
あまり余計なことやらん方が良さそうだから回収には時間を掛けよう。





2019/06/10 Mon. 19:05 | trackback: -- | comment: 0edit

下準備だけ 




■2019/0603





『ひとりぼっちの○○生活』
20190601879745219821 - コピー
今期1位はやはりこれか。
みんな可愛いけど、本庄アルちゃんが性癖ドストライク。
アルちゃん可愛すぎてブヒブヒ鳴いてたら腹肉がしゅごい事にブヒィ。

今期は見るもの少ないけど、
『世話やきキツネの仙狐さん』 『超可動ガール1/6』 『川柳少女』
『八月のシンデレラナイン』 『進撃の巨人 Season3 Part.2』等、十数本は見てる。






モデスタスホグノーズ(ムジブタバナスベヘビ
Leioheterodon modestus

DSCF7829.jpg
ムジブタちゃん。
まぁバタつくわ咬んでくるわで慣れねえもんだな (´・ω・`)
けど食後にガンガン水飲むの可愛い。


DSCF7830.jpg
取り敢えず下準備だけ終わらせておいた。
後は来年ちゃんとスイッチ入ってくれればいいが。



さて、今年の導入分だが次は何で動こうかねえ・・・。





2019/06/03 Mon. 18:29 | trackback: -- | comment: 0edit