10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

実はハンデ戦 




■2017/1028





早いなぁ、もう数日で11月だよ。
年末どうやって過ごそう。
ごちうさ・きんモザ・ゆるゆり漬けかな?




モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7233.jpg
こっち、多分♂の方なんだけど、実は来た時から顎の付け根が腫れてる。

これね、Malpolon の固有症状なんだけど、下顎の筋肉の動きや、顎の付け根の腫れとかに、
ある要素の不足積算が症状としてそこに出る。

ただこの子の場合、口の鱗と口内の境目がやや皮膚化しているフシがある。
この場合おそらくは野外での生息環境が、あまり良い状況に居なかった個体なのだろう。
下顎の動きには症状が一切出ていないから、野外で軽度の症状が形質として定着してる可能性がある。

口内の粘膜分泌も通常の初期マウスロットみたいなものとは違う理由で過多になる。
最終的には喉の方にも幾つか変化が出てくるんだが、それらが出ていないから進行はしていないと思う。

モイラ初っ端からハンデ戦なんだよなぁ・・・(´・ω・`)

まさかモイラスネークの♂はこの形質がデフォなんてことはないだろ、多分。
どうだろうね? 他で見る♂はこの形質はあまり出ていない。
モンペリエなら治せなければ100%の死亡推移なんだがな。

手は打ってるから治るなら治っていくんじゃないかな?
治っても形質が変わらないかもしれないが。
まぁ取敢えずは経過を見ていくか。

ちなみにモンペリエは、この症状は♂の方に出やすい。
♀だと暫く出ないから原因理解しないと♂が早めに発作で死にやすく、♀は緩やかに機能低下して衰弱していく。



DSCF7234.jpg
少し多めに喰わせてるから既に触った感触が変わってきた。

やはり Malpolon は背筋が付かなければ見ていて退屈だよなぁ。

ウチもまだ細いから、しっかり内外共に体を創っていこう。





スポンサーサイト
2017/10/28 Sat. 03:29 | trackback: -- | comment: 0edit

どうするか 




■2017/1020




トウブモンペリエスネーク
Malpolon monspessulanus insignitus

DSCF7228.jpg
繁殖してもらった♂の方。
少しはバタつきも減ってきた。

今年モンペリエスネークもちらほら入って来てるんだけど、どうするか悩んでいたりする。
CBも4頭居ると言うのに、出来ればWD個体がもう1ペアは欲しかったりする。

DSCF7229.jpg
ま、新規WD個体の導入が今年や来年である必要は無いんだが状況次第でだな。


太くは設定していないが、そこはモンペリエ。
綺麗な筋肉だろう。
DSCF7227.jpg

ちなみにこの種の200cmオーバーって多分20年前後は生きてないと無理ではなかろうか。
120cmあたりからは、年間5cmも伸びれば良い方なんじゃないかなぁ。

CBなら多少は成長しやすいだろうけど、WD同様に必要要素の充足率に左右されやすい事は変わらないだろう。
挙句充足率が高くても元々の成長力が遅いとくる。
大型化はするけど、率先して成長するタイプではないからな。

異様なほど長期飼育されている個体が国内に居たとして、国内に現存する最大個体は何センチ程なんだろうか。
私、気になります(える並感)

まぁいずれは200cmオーバーに、この手で持っていきたいところだ。





2017/10/20 Fri. 16:48 | trackback: -- | comment: 0edit

2手目のやつ 




■2017/1018




今年はこの種がやたらと入ってくる。

当然私も導入。




モイラスネーク
Malpolon moilensis

DSCF7225.jpg
クッソ可愛い。

ただね、こういったものは大体ひょろいのが回ってくる。
そこそこガタイの良いのはそんなに手元に来ることはない。
まぁそれが当たり前ぐらいだ。
ウチもそんな感じ。

DSCF7226.jpg
多分ペアで揃ってると思う。
協調性があるから多頭飼育で。
エサの前後のリスク処理だけ出来れば、多頭飼育にはいくつかのメリットもあるしな。

けど年内にあと2頭ほどは導入したい。
そして来年もう1ペア導入する。


まぁ来てそんな日数経過していないが、十分反応値のデータは取れた。
頭数用意して盤石の状態で繁殖に望むが、おそらくそんなに苦戦しないと思う。

飼育・育成自体は何も問題無いだろう。
5年だろうが10年だろうが、多分大丈夫。
通常は育成自体が問題になるが、私の場合は逆。

ただ導入時にそれなりの手は打つ必要がある。
だがその導入時の手法に関しては、国内から話が出てくることはないだろう。
海外にあるかどうかは知らんが。
私も暫くは流さないしな。


とりあえずヤングサイズがウチに来たから、繁殖まで最低2年は育成が必要だ。

さて、なんとかしようか。







2017/10/18 Wed. 23:21 | trackback: -- | comment: 0edit

動く動く 




■2017/1015





で、こっちがその似通ってる方。


シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7224.jpg

CBの方。

・・・ケースのフタ開けるとソワソワしだすから、最近は私のカメラではこの子らが動きすぎて写せない。

産まれてから約1年経過して50cmぐらいだけど、まぁウチのペースだとこんなもん。

ただ些か♀に偏ってるかもしれない。
全部ではないだろうけど、もし♂が1頭しかいないとかだったら、そのうちもう一度繁殖だな。



この子らのベビーはヤング~アダルトサイズと全く違い、
要求高温帯が極めて高いってのは前に書いたが、まぁ厄介なもん。

10数cmぐらい成長した段階でも、中空気温30度ぐらいで消化中毒のようなものを起こす個体が出てくる始末。

顎下から痙攣を起こし、その痙攣が全身に回る。

それは別途処理し、なんとか治したがアレは中々に危険。
処理できないと100%死ぬパターン。
気温30度でこの現象だ、笑えねえよ(´・ω・`)
別段積算熱が低かったわけじゃないのにコレ。

給餌前後の光源熱供給は100%必須。
2・3日前にやってて部屋の気温も十分高いからなどと油断してはいけない。
上記がその参考例(´・ω・`)

紫外線もやりながら育成してるけど、野外と違い太陽光での育成ではないから、
体質が強くなってくるまでに少し時間が掛かったりするもんなんだろうか。

とは言えその検証はする事は無いだろう。
面倒だし、時間が掛かるなら体質が強くなるまで時間掛ければいいだけだ。


このベビー時の体質傾向はおそらく、Leioheterodon madagascariensis が最も弱く、
次にLeioheterodon geayi 、最も強く出るのがLeioheterodon modestus だと想定している。

次に繁殖するのはモデスタスホグノーズだけど、こっちの方のベビーからの育成は光源やりっぱなしでもいいぐらいだろう。



しかしこの連中はWDもCBも体の感触なんかはそんなに変わらないだろうと思っていたんだが、これが結構変わる。
まぁ相当に柔らかい。
フニャフニャ。

今度はタイミングが合えば、
マダガスカリエンシス(Leioheterodon madagascariensis)も、モデスタスホグノーズと同じ年に産んでもらうかもしれない。
面倒だって言って翌年に回さなければな。

さて、いずれ大量のLeioheterodon に囲まれた生活をしようじゃないか。





2017/10/15 Sun. 07:45 | trackback: -- | comment: 0edit