06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

復旧力 




■2019/0706





拍手コメントの〇〇様、コメントありがとうございます。
シモフリブタバナスベヘビもなんとかF2を産める所まで来ました。
F2で孵化と育成に障害が出ないようであれば、今後の繁殖はF2で別ラインと合わせるようにしていこうと思います。

ヘビの大型化も結構簡単に考えてる人間が多いんですが、実際は一般層が思う程簡単ではないです。
なんとなく他所の飼育者見てるとわかると思いますが、
各種に於いて、大型個体って殆ど話にも聞かないし見かけないんですよ。

稀に大型化してるのは、異様な負荷耐久力と成長スペック持った個体だけで、
そういう個体を引かない場合は、まず日本水準での並サイズで止まるか、並サイズになる前に死んでます。

長期飼育・繁殖・大型化、これらは安易に考えられていますが、
安定的に結果を出す、または作出するのは結構な理解と技術を求められるので、
安易に考えて口にする連中には、『 永久に夢だけ見てろ 』 と言いたい所です。

ヘビはやり込んでこそ面白い生き物であるのですが、
大概エサ喰わせてるだけで、何も追求しないうちに消費して、飽きて辞めていきますからねえ・・・。

育成も繁殖も、生体の強健さに甘えるだけで何も考えずに続けていれば、
そりゃあ飽きるのも早いですし、退屈にもなるでしょう。

ですがこの場合、その飼育者が飽きているのも退屈をしているのも、
実質的には生体に対してではなく、その飼育者自身の 『 質と底 』 に対してです。

ヘビなんて分からん事だらけで、追求すればするほど、長くやればやるほど地獄が見えてきますが、
飼育下で何かの種を存分に味わうなら、それなりにやり込んでからですよねえ(´・ω・`)







ナンブミズベヘビ(フロリダミズベヘビ ・ フロリダウォータースネーク)
Nerodia fasciata

DSCF7868.jpg
大きい方の♀ちゃん。
導入時に500グラム台だったけど、あっという間に870グラム。

たったの2ヶ月でこの増加量。
WDのミズベヘビ連中は復旧力が桁違いだな。


DSCF7872.jpg
この種の場合、体液量や余剰水分量が可也多いというのもあるだろうけど。
まぁそれだけ導入時が脱水や細胞収縮で痩せていた、ということだ。

当然ながら水分というのは、飲んでいるだけでは反映率・転化効率は高くない。
しっかりと体に反映させるには材料や条件が必要だ。


DSCF7875.jpg
ただ、いくら私が手を加えているからとは言え、この復旧力の内約に於いては私の理解と技術の占める割合は決して多くない。
無論飼育者が手を加えなければ、導入時の初動での一過性の復旧しか見せずに死んでいくが、
ある程度の下地さえ作ってしまえば、そこからの復旧力はこの種の地力の割合が多い。

だがこの復旧力には育成状況差が絡む。

例えばCHやCB個体を私が800グラムまで育成して、そこから今回この種を導入した初期状態までコンディションを削った場合、
そこからの復旧力はこの♀のような水準にはならないだろう。

この芯の強さは間違い無くWD個体の、野外で培われた構築状況の恩恵だ。

今の私ではこの種のCH・CB個体を、この芯・地力の強さを構築しながらの育成は不可能だろう。
まぁ内約の想定はつくが、とてもじゃないが安易に成せる範疇の内約ではない。


例えば飼育下で同じ年数(仮に5年)生きた所で、低代謝モードにして生き長らえさせただけなのか、
その種の各稼働量を構築し、代謝をしっかり回した上での5年なのか。
その意味は全く異なる上に、当然ながら発生する問題の種類も変わる。

この部分の状況差・水準差を、見れない・考えれない飼育者は多い。 ・・・というか大半か。


何も考えてねえ馬鹿は 『環境再現して飼育する』 なんて軽く抜かすが、
生体のCBとWD個体での構築状況差と、そこからの推移差や機能力差を認識できねえ状態で、
どうやって生体に野外での異常とも言えるアドバンテージの構築を成せる物理摩擦を再現出来るってんだ?
何をどう認識して『これでいい』と判断している?


この種も大量に国内に輸入されてる割には、10年・20年生きたという話は聞かないだろう?
馬鹿みたいに大型化した個体は見たことがあるか?
WD個体を10年・15年育成して、そこからでも繁殖出来た記録は?


無いんだよ、そんなものは。


あるとしても10年前後の育成期間の記録だろうな。
ただ、その場合も間違いなく大型化は出来ていないだろう。


この種も昔から飼育環境がどうたらとか一般層は口走ってきていたが、
その結果、根刮ぎ消費飼育されてるが、環境環境ほざいてる連中は、お得意の 『 環境理論 』 は何処に行ったよ?

物理摩擦も現象計算出来ねえ環境理論はどうしたよ?

飼育ってのは基本的に、個人宅の条件差で決まるものではなく、
身の回りがどういう条件下であれ、
『 飼育者がその種を理解し、その種に必要なものを供給・構築する 』 ということだ。

『個人で差が出る』 などと言っている内は、その種への理解を全くしてこれていないという宣言でしかない。


なら私はこの種を15年・20年やれるのか? というと、現時点では99%不可能だ。

今から15年分・20年分先の生体に対しての摩擦係数とそれによる構築状況、内部推移が演算出来ない。

長期になればなるほど飼育下での小さな負荷や不足は積み重なり、反応値にズレが生じ、
年数が過ぎてから問題が表面化してくるが、その細かい部分の長期間演算をやる理解量が今の私には無い。

この種や各種に対し、その極めて緩やかな長期的負荷で発生する問題が、
どのぐらい後々修正が効くものであるかも現時点では一部しかわからない。

意識的に狙って長期飼育という結果を出すのは、そんなに甘い話ではない。
ましてやWD個体なら尚更だ。

それを野外の『 自然環境下 』では状況差や野外特有の負荷やリスクはあるものの、それなりに成立させてしまう。



ヘビは魚類や両生類のように、環境一体化率が高くはないから、環境設定=コンディション、とはならない。

それを履き違えたままヘビと、魚・両生類を混同して考えるから、
『飼育環境』 なんてふざけた言葉だけ吐いて、ヘビを扱うための認識や理解をしないから消費だけで終わる。


魚に例えるとメダカや鮒の感覚で、
深海魚や鮫や鮪を一般宅の淡水水槽でフルコンデション構築して長期飼育と繁殖が出来ると考えてるようなもんだ。
実際、それだけ逸脱している。


『環境設定』 でヘビをまともにやっていけるなら、環境サイドの物理からの影響値を、
生体の構造・体質・機能等を細分化・相関化した領域まで演算出来ている、ということだが、
なんで何もわからないまま消費してきてんだ?
この復旧力差に対しても認識すら出来ていない飼育者が大半だろう。



・・・こういう範囲が見えるようになると、
野外の物理演算も出来ねえのに 『 飼育環境 』 とか抜かしてる馬鹿共を、白痴やゴミ扱いするようになる。

どれだけ舐めてやってるかが見えちまうからな。
これは私特有のものではない。
他の飼育者も理解量が上がれば、『なにやってんだあいつ』 と考える対象は増えてくるだろう。

自発的に意識や水準を考えられない人間、舐めて掛かってる人間の先なんぞオチが見えてらあな。

ヘビを飼育するなら考えろよ?
今までの消費だけしてきた一般飼育者と同じ結果を辿りたいのか。
自身がその種を扱っていけるようになりたいのかを。


一般層は中途半端、または逸脱した理解や認識を、『この種はこうやって飼育する』 のだと、
推移もわからず、微調整も加えずに決めつけてる馬鹿が非常に多い。

野外の環境をイメージして『飼育環境』等と抜かしてるんだろうが、
ソレ=大量に消費飼育をするための環境、だという認識に変換しておいた方が得だぜ?

その飼育下での環境設定が野外に比類するのであれば、それに準じ生体に対しても野外同様の結果が出るはずだ。
それが何故出ない?
こういった比較認識すら、一般層の大半は放棄してんだわ。


ちなみにこのナンブミズベヘビ、またはミズベヘビ系だが、
一般的にはやたらと痩せやすいだの何だのと言われているが、
それをこの種の基本体質と考えてるなら、その時点でもう結果は見えてるからな?





スポンサーサイト
2019/07/06 Sat. 01:39 | trackback: -- | comment: 0edit

その辺は楽 




■2019/0608





アオダイショウ
Elaphe climacophora

DSCF7834.jpg
何年か前にその辺で拾ったアオダイショウ
50~60cmぐらいで拾ったんだけど何年かしてやっと120cmぐらい。
ヒナウズラだけでゆるゆるやってる。

アオダイショウも1回ぐらい繁殖しとこうかなと思ってるけど、なんか先延ばしになってるな。

DSCF7835.jpg
今ウチに居るアオダイショウ連中は大半が神経質で、気が荒いか警戒心が高いかのどちらかで非常にめんどくさい。



アオダイショウのWD個体は紫外線遮断影響の表面化が顕著で、紫外線遮断による肝不全で死にやすいが、
昔は自力で原因を割り出すまで、どこを調べてもその原因がわからずに四苦八苦していたが、
今となってはその時の時間は、私の構造理解の始まりと基礎になっている。

もう何年も前だが、ヘビの突発死の原因を調べている時に日本は勿論、海外ひっくるめて何も出てこなかったから、
『 こいつら全員何もわからんで飼育してるな 』 という判断に至り、そこから基本自力でやってきている。

ヘビの突発死の原因と推移なんていくらでもあるけど、
その問題を解析した・理解した話が一つも出てこねえのwwwwww

ちなみに今の私ですら、5000パターン以上は死因を把握している。
軽い計算上での数だから、実際はもっと把握してるだろうけど。

この数は誇張抜きだ。
今後理解量が増えれば当然ながら更に割り出せる量は増える。

これだけ見えればなんでもやれるのではないかと思うだろうが、これではまだまだ足りない。

別途、問題を解決するには、これに構造理解量、理解精度や把握精度、操作構築の調整技術が入る。

ヘビを舐めて掛かって飼育してる奴は、必須理解である死因パターンは何件明確に割り出せる?



ヘビに紫外線は必要無いとか言ってきた蛆虫共のせいで、当時は散々苦労したよ。

紫外線問題を掘り起こして表面化したのも私。

紫外線問題を理解して解決したのも私。

種別の紫外線の遮断耐性・要求量・要求形態・消費推移・運用形態を割り出してきたのも私。

国内・海外ひっくるめて、後進のド素人に尻拭いなんざさせてんじゃねえよクソが。
・・・と言いたいが、皮肉にもその時間は私を育てた。

育ててしまった、というべきか。


そこで蛆虫共が発信するヘビの情報や観念に見切りをつけれなかったら、
私も一般層と同じく、殺して消費して何も理解せず、結果を出せずに辞めていくゴミの一人になっていた。

今はWD個体に半年~2年以内で発生する、短期型タイプの紫外線遮断要因の突発死なんて怖がらんでいいもんなあ。

ヘビを始めた当初に比べたら、その辺は気が楽だ。



毎年WDのアオダイショウの飼育始める人間が多いが、週2~3日でも紫外線だけはやっておけ。
太陽光でも人工灯でもいい、それだけでも結果は全く変わるから。





2019/06/08 Sat. 18:12 | trackback: -- | comment: 1edit

発育差 




■2019/0212





メキシコサウザンブラックレーサー
Coluber constrictor priapus

DSCF7749.jpg
メキシコサウザンのCHちゃん。
今110cmちょいぐらいはあると思う。

ウチのCHからやっているメキシコサウザンブラックレーサーには現在、
腸管の稼働量上限の低下、機能力の低下がデフォルトで定着している。

何故そうなっているかと言うと、
特定要素の不足による積算発育不足が原因で、そこにその問題が表面化している。

DSCF7748.jpg
イエローベリーレーサーのCHを改めて育成してみて、気付いたことがいくつかある。
そしてその部分の構造理解を進めていくと、以前のメキシコサウザンブラックレーサーの育成状況に対して、
現在のイエローベリーレーサーの育成状況を比較すると、たった数ヶ月のベビーからの発育差で、
何が発育の上で不足していたか、同時に内臓の発育推移までも現象として明確に見えてしまう。

そして数年後までの積算発育推移の演算上で、今回やっているイエローベリーレーサーCHには、
発育途上で現在のメキシコサウザンブラックレーサーに発生している腸管の弱体化は、100%発生しないと断言できる。

ただ、腸管と言っても消化力の弱体化ではない。


やはり一気にその種を理解するというのは難儀なものだ。
挙げ句この弱体化の有無には、2年目辺りまでのエサの喰わせ方まで絡んでくる。

DSCF7750.jpg
通常他の飼育者の場合であれば、
『 多く喰うと・大きいエサを喰うと問題が出るから小さいエサをこまめに 』 、
『 一定サイズのアダルトまでは内臓が弱い種類だ 』 、なんて認識になるのだろうが、
それは稼働量差や機能力差、積算発育を理解しておらず、その比較認識をやれないが故に出てくる思考だ。

私はこの積算発育の概念は大分以前から持ち合わせてはいたが、
この種の系統に対して、概念範囲の相関性に絡む理解量と理解精度が甘かった。

当然今後も自分の理解不足を突き付けられる状況は出てくるだろうから、
このタイプのレーサー系に対して、これで理解しきったつもりになることは無い。


メキシコサウザンブラックレーサーには現在、ちょいちょい修正掛けながらやってはいるが、
どこまで修正の上書きが通用するか。
弱体化の部分が丸々改善されることは有り得ないからな。

種類によって各要素の運用効率や運用形態まで違うんだものなあ。
やれやれだわ(´・ω・`)





2019/02/12 Tue. 00:55 | trackback: -- | comment: 0edit

淘汰率 




■2019/0104





ところで、『 自然淘汰されることもあるから飼育下で一定数問題が出る、または死ぬのは仕方がないこと 』


これ昔も今もよく言う飼育者は意外と多いんだが、履き違えるなよ?

断言しておくが、自分の飼育下で一定数まともに育たない・問題が出る・死亡する。
これらが発生する場合、どこまで行こうが 『 飼育者の理解不足・技術不足 』 でしかないからな?


自分の飼育下に問題が有るから安定した育成・長期飼育の結果が出ないんだろうが。


そもそも自然淘汰率の問題って何が有るんだよ?
前提として、野外での生体に対しての負荷と、飼育下での生体に対しての負荷は違うことが認識できてるか?
野外と飼育下では死亡要因が大分違うぜ?

爬虫類の野外での最大死亡要因は、一部例外はあれ、基本的には他生物による捕食だろうよ。
わかると思うが、飼育下でなるような 『 病気 』 なんてもんは野外じゃそこまで発生しねえぞ。
ヘビ、または他の爬虫類の国内での生存率・飼育年数・繁殖攻略率考えてみろよ。
大半の種類が数年・数ヶ月で死んでるじゃねえか。
飼育下での死亡率を野外に当てはめたら、野外の爬虫類なんぞ絶滅してるだろうが。

昆虫等の場合は特定要因下での淘汰率をクリアするのは存外難しい。
だが爬虫類の場合は、昆虫よりはわかりやすく、人の手で操作・構築が可能だ。


自然淘汰率を失敗の言い訳にする連中は、この淘汰率を、
野外で何の積算負荷が発生して機能不全・臓器不全に至るのか、ではなく、
『 先天的な発育不良因子を、孵化した段階で持ち合わせている 』 という概念で話している。

で、孵化した後それが後々(数年以内)に出てくるってなあ。



では、先天的な発育不良因子・阻害因子とは何だ?
それを考えるには、産卵した親の卵の形成効率・卵内の発達効率・孵化後の育成効率をある程度理解している必要がある。

何の要素が絡んで母体自体の問題になり、卵の段階から孵化後の発達・育成効率に影響が出るようになるのか。

これが見えない程度の理解で何故、一定数が自然淘汰で死ぬなんて考えてんだ?

その個体に弱い部分があるなら、ソレに合わせた対処や体の構築はしたのか?

淘汰率を考える前に、その野外での死亡要因は、
飼育下での生体への機能・要素・部位・因子の操作・構築をすることで、クリア出来る問題であるかどうかを考えたか?

まぁ当然してねえよな。



逆に、野外固有の積算負荷で一定数死ぬ、
と考えれている場合は 『 何かが負荷になって死ぬ 』 という観念を、その飼育者が持ち合わせているはずだ。

そしてその観念があれば、自身の飼育下で、何が負荷になってその問題の発生に繋がっているのか。
と、原因を考え始める事が出来る。

だが淘汰率を謳う人間は、前提として、『 自分の飼育環境は何一つ問題が無い 』 と考えているから自然淘汰率に逃げる。

自身の飼育下で一定数発生する問題を、自分の問題ではなく、生体の問題だと言って。


飼育者自身がその問題の解決のために、生体の体に何を供給・構築出来るのかを考える必要があるのに、
先入観的な環境や、得ている情報への合否の適合ばかり考えて、
生体の、または個体ごとの体質、積算状況や構築状況を殆ど見ていないよくあるパターン。


安定して育成が出来ない、死亡要因も問題の発生原因もわからない。

この、『 わからないこと 』 が在るのは、飼育者の問題以外の何だってんだ?
何をしたらいいか、すらもわからなければ尚更な。

それともアレか?
自分に認識・理解出来ないものは、存在しない・間違いだとでも、
分からない自分に納得させてみろと言って逃げ続ける、無知を盾にする馬鹿特有の回避行動でもするか?www

わからないことを野放しにして、生体に自分の理解不足・技術不足を責任転嫁するんじゃねえや。




ちょうどいい例が、ウチのゲーイーホグノーズのCBだ。

野外で数年育って輸入されるWD個体は異常なほどの強健種だが、CBベビーはソレとは真逆の生き物だ。

私がCBを出して育成してる時、WD個体の強健さの先入観を捨てれず、CBベビーも強健で当たり前だろうと考え、
ベビーの脆さ・弱さを母体の産卵能力に責任転嫁していたらどうなっていた?


当然、せっかくのCBは全て死んでいる。


私は構造理解をしている都合上、問題の在る部分の絞り込みはある程度は可能だ。

故に初見でゲーイーホグノーズCBベビーの構造理解をし、対処が出来た。
WDヤング~アダルトサイズとは全く違う生き物だと見抜くことが出来た。


だが、問題の発生が 『 その種、またはその段階で何が必要なのか 』 という思考ではなく、
母体の問題や淘汰率のせいにするような思考をしていた場合は、全て死ぬ失敗を何度も繰り返していただろう。


この淘汰率の観念も、爬虫類を飼育する上で古くから在る理解と攻略の妨げになる観念だ。

まぁ業界の現状見ればわかると思うが、責任転嫁系の思考や、
情報情報と他人から教わればそれだけでやれるという思考、
飼育下で必要要素を削った状態で生かせている期間が長いほどその種への技術がある、
という思考を持つ人間ほど、消費してるだけで終わってきただろう?



あのなぁ、その種を理解・攻略するってのは、
飼育者当人の思考力や概念開拓ってのは不可欠の要素になるんだわ。

海外のショボイ情報程度で、その種に必要なモノが全て得られているとでも思ってんのか?

なに与えられただけのママゴトみてえなもんだけでやろうとしてんだ、阿呆臭え。







2019/01/04 Fri. 08:23 | trackback: -- | comment: 0edit

CB故の 




■2018/0922





シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ
Leioheterodon geayi

DSCF7595.jpg
ゲーイーのCBちゃん。
鱗の間の模様が均等で綺麗な子。

DSCF7598.jpg
このぐらいのサイズになると、流石に体温の自己補完量が上がってる。
体質はアダルト個体に近くなっているが、まだクセが無くなってるわけではない。

というか、CBが故の身体の一部の稼働量や機能力の弱さがある。

まぁ単純に積算構築の問題だ。
コンスタントな太陽光は、やはり強いよなぁ。

ベビー時に気温30℃前後で消化不良や消化中毒起こす連中が、
現地では夜間気温が毎日結構下がる状況にさらされながら育っていくのだからな。

無論、自分が何をやれていないかは理解しているから、野外での積算に近づけるようにやれないこともないのだが、
現状はスペースの問題でどうしても阻害される。

まぁ、いずれはこの問題も当然解決する。

DSCF7599.jpg
このゲーイーホグノーズですら、ヘビをナメてかかってる一般飼育者ではベビーからの育成はまず出来ないだろう。

CBはWDのヤングサイズ辺りからやるよりクセが出る。

私が今後もCB個体の販売をしないと決めているのには、幾つか理由があるが、
その一つが、 『 その種の普及という名目で販売しても、売った先で大半が飼育下負荷で死ぬ 』 という理由からだ。

その種が好きだなんだと言いながら、飼育年数長い人間も、始めて数年以内の人間も、
理解する気もない・手間を掛けるつもりもない、エサ喰わせてるだけで飼えるとか考えてる連中ばかりだからな。

結局その種に対する理解不足・技術不足で、
販売すればするほど国内での死亡個体数を加算するだけになるのはわかりきっている。

なら自分で持っていた方が国内での保存に繋がると考えたからだ。

せっかく自分で殖やしても、根本的に大した興味も意欲も無い人間に殺させるために売るのは、
国内保存を考えた場合、とてもやれるものではない。

生産数が極端に多いコーンやボールとはワケが違う。
だが、一般的に流通しているCBを生産販売している人間を全否定しているわけではない。
というのも、私は販売よりも保存を優先的に考える都合、こういう思考になるだけだからな。
どちらが良いか悪いかという話ではない。

ショップがWD個体を販売するのも、
まだ法的に許されている、その種の理解と攻略のチャンスを提供してもらっていると考えている。

だが、ヘビの下手物系の完全CBはその価値と意味のベクトルが違う。
それは理解と攻略のチャンスではなく、その種を国内で保持し、
一過性の所有ではない飼育の存続をしていけるチャンスという意味合いに変わる。

そこから先は、その種に対する理解量や技術量がさらに重要性を持ってくる。

CBだからその耐久性に甘えて適当に飼育しても大丈夫・・・と考えるなら何を求めてその種を所有しているのか。


そしてWD個体を、CBに繋ぐだけの短期的な消耗品として考えるなよ?

WD個体をロクに理解も育成も出来ない連中が、持ち腹のCHからのCB化や、
または導入当年にクーリングして翌年繁殖しただけのほぼCH個体からCB生産して、
そのCB個体すら消耗品的に扱って、ギリギリ累代繁殖出来てる程度で、
その種を攻略した気になってる連中も中々に見苦しいもんだからな。

このパターンは海外連中にも多いんだよ。

その種への理解の追求が無く、
生体の耐久力に物言わせて短期サイクルでマニュアル的に繁殖だけ繰り返して終わりの連中がな。

販売までのキープではなく、飼育・育成がメインでやっているのに、
レターケースみてえなスネークラックとかいうもんが有難がられてる時点で、そいつらの底は見える。

例えばモンペリエスネークやリュウキュウアオヘビ、
この2種を10年~20年の長期飼育を考えている場合、スネークラックなんて使う馬鹿がどこに居る?

あのケースで下手物系を10年20年やれるものならやってみろ。

アレは理解や長期飼育という観点から見れば最悪の入れ物だ。
どこまで行っても強健種に対して、多くを切り捨てて考えるブリーダー用のアイテムでしかない。

当然、エサ喰わせてるだけである程度育ってくれて、
数回は繁殖できるような短期的にはコーンスネークのような強健種が相手だから通用する手法だ。
ヘビは昆虫じゃねえんだよ。


一般飼育者からすれば、WDだろうがCBだろうが、ただ売られているだけの生き物でしかないだろうが、
その種がただ生きているということの価値が見えると、そういう認識ではいられない。

ヘビの下手物系は、国内に生きているだけで価値がある。
構造理解と長期飼育を追求されていく価値がある。

ヘビの下手物系を一部繁殖出来る人間は、すぐに売ろうとせずに、ある程度多めに自分の手元で抱えておいて欲しい。
ある程度技術のある飼育者間で、その種を国内で保存・存続していくことを考えねば、残るものも残らねえ。





2018/09/22 Sat. 01:10 | trackback: -- | comment: 0edit