03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

淘汰の結果 




■2016/0209





体の要所要所を押さえて軽く握ると落ち着く子が居る。
画像はその最中。
出ようと思えばいつでも出れるけど動かない。
ついでに撮影させてもらった(*´・ω・)
2016_01270004.jpg
マウスで調べものしてたらこんなサイトを発見。

リンク↓
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/AnimalCenter/mouseDB/labomice/html/labmice_all.html

全種掲載されてはいないだろうけど、私の所でも出るやつや、出ないやつなど結構見れて面白い。

上記サイトに載ってる性質以外にも、
あらゆる条件毎の負荷耐性の有無や適応性の有無、そして耐性の成長性などがある。

現在私の手元に居る連中は、何年にも渡り夏場に30~36度の気温下で毎年2ヶ月前後曝されてきたため、
異様なほど高温に耐性が付いている。

以前ウチで主力になっていたオールブラックなんかは低気温では繁殖サイクルが高いのだが、
高温に極端に弱く、30度前後ですぐに衰弱し増えなくなった。
他にも夏を重ねる度に消えていった品種が多く居る。



通常マウスは30~36度の気温下ではまともに繁殖もしないし、かなりの頻度で衰弱や熱中症による突然死を起こす。
本来の適正繁殖気温は22~24度だろう。

当時、私の部屋では夏場が鬼門で、夏になると繁殖効率がかなり下がり、気温ダメージで繁殖用個体が減っていた。
だが夏を乗り越えた個体・夏を越えても状態の良い個体を交配していく事を繰り返すうち、
夏に衰弱する個体・死亡する個体が年々減っていった。
2016_01270003.jpg

そして今では夏に死亡する個体もおらず、衰弱もせず、30~36度の気温下でも普通に生み続ける。

この気温下に適応し、高温耐性が付いてる個体群は多分殆ど居ないと思う(´・ω・)





スポンサーサイト
2016/02/09 Tue. 22:41 | trackback: -- | comment: 0edit

パンダ 




■2016/0113




『おそ松さん 14話』
2016011303235186767765495.jpg
今回は何から何までツボ。
14話が面白過ぎた。
十四松ハザードはずるいわー(´・ω・) Cパートもずるいわー。

しかしコレは贅沢な作品だね。
赤塚作品をこのテイストで見れることになるとは思わなかった。
なんと有難い事か。









パンダマウス
Mus musclus mollosinus

2016_01120005.jpg
2ペア持ってきた。
上のでかいのは育児班。
パンダマウスに水飲み器の使い方やケース内での生活様式を学習してもらうための模範個体。

2016_01120006.jpg
状態はイマイチだったので粒餡とか喰わせてバルクアップさせよう。
この連中に肉や体力を付けるなら、やはり糖分がよろしい。

2016_011200072.jpg
年内にはゼブラマウスも導入したい。

またそのうちパンダマウス居たら持ってこよう。





2016/01/13 Wed. 04:47 | trackback: -- | comment: 0edit

適応 




■2015/1209




いつもと変わらずソコソコ産んでくれる。
このラインで累代繁殖始めてから5年以上経過したのかな?(空覚え)
一応選別交配してる。
暑さに強く、成熟が早く、出産頻度が多く、基礎体力が高い個体群に仕上げてある。
2015_12090001.jpg
月間生産数は100~300匹。
マウスに累代障害とかあるんだろうか(´・ω・)ネー

導入して間もない頃は、育児中に変な刺激を与えると子食いとか育児放棄とかたまにしたんだけど、
何年も手元で繁殖してるともう何しても子食いとかしない。

まぁそのケース(1コロニー)に他の♂を入れるとその♂がベビーを全部食い殺すけども、それ以外は平気。
2015_12090002.jpg
こうして回収してまた戻しても平気。

マウス同士が共有意識を持って適応してくるのは何か不思議なもんだ。





2015/12/09 Wed. 06:35 | trackback: -- | comment: 0edit

無駄遣い 

 


■座卓部 2014/1017






こないだ冷凍ピンクマウス買いに行ったショップでたまたま見かけたからついでに買ってきた(´・ω・)



ゴールデンハムスター
Mesocricetus auratus

2014_10170011.jpg
白黒系、可愛い、私即決、連れてきた(・ิω・ิ)

そりゃあね、白黒系の生き物は大好きだからこんなのいたら持ってくるさ(汗)

とりあえず1ペア、愛玩用。
ゴールデンで売っていたが最近はこんな品種が居るのか。
ダルメシアンとかいうらしい。
2014_10170013.jpg
購入した当初、水飲み器から飲む方法を知らないようだったから、
教育係としてマウス1匹入れて2週間ぐらい同居飼育しといたら、無事に飲み方を覚えたようだ。



体は大きいけれどマウスよりエサとかの消耗量少ないかもしれないな。
まぁあっちは頭数も頭数だけど。


おそらくもう妊娠してるんじゃないかな?
ピンクはカラバリアとかに使うだろうけど、アダルトは死んでから使用する。

歯もだいぶ長いので生きたまま使うのは、むしろヘビが危ない感じだ。


死んだらエサにするけども別段早く死ぬ必要はないので長生きするように(*´・ω・)ネー
 
 
 
2014/10/17 Fri. 07:41 | trackback: -- | comment: 0edit