04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

ここまで1年半 




■2016/0205





『おそ松さん 17話』
2016020547879841564768456.jpg
最早いつから可怪しかったかではなく、
何のために可怪しくない時期が在ったのかを考えるべきではないのか・・・ガクガク(((;゚Д゚)))ブルブル

『十四松まつり』とか何?
私のためにやってくれてんのコレ?(*´・ω・)ねぇ?
十四松クッソキャワ。

うれしい・・・うれしい・・・(ニチニチニチニチ












277ハイウェイモンスターブル
Pituophis melanoleucus sayi

2016_02050005.jpg
脱皮モード。

導入してから1年半。
漸く排泄物の匂いに明らかな変化が出る。

今までは脱水蓄積要因で内臓稼働量が低下し、消化力が弱化して、
排泄物がいつも胃液が酸化した匂いがしていたのだが、ここ最近やっとその匂いが発生しなくなった。

あの匂いが消えたということは、少しばかりは胃腸の消化力の基礎値が向上したということだ。

この子のコンディションを底上げし、今のアリゾナブル程度になるにもあと何年掛かるかな(´・ω・)

ボロボロの状態で来たけれど、まぁ漸く少しばかりまともな推移が出たのでとりあえずは良しとしようか。





スポンサーサイト
2016/02/05 Fri. 05:36 | trackback: -- | comment: 0edit

まだこれから 




■2015/0620






277ハイウェイモンスターブル
Pituophis melanoleucus sayi(?)

2015_06150002.jpg
しかしこっちもなかなか状態が上がらないな。
体長なんか殆ど伸びてないよ。

ブルやパインは飼育下要因で内臓が弱体化すると成長力が著しく低くなるといういい例だな。

触った感触は多少マシになったけれど消化力や栄養反映率が相変わらず低い。
導入時よりは良くなったけれど内臓機能の再構築にはまだまだ時間が掛かりそうだ。


2015_06150003.jpg
アリゾナブルよりも弱体化がはるかに酷い。
あっちは1年ぐらいでマシなレベルまで持ってこれたけど、こっちは今から1~2年は掛かりそう(汗)


早くある程度仕上がったこの子を見たいのだが、まだ先になるな(´・ω・)





2015/06/20 Sat. 00:27 | trackback: -- | comment: 0edit

また1年 

 


■座卓部 2014/1015






導入してからようやく初脱皮。




277ハイウェイモンスターブル
Pituophis melanoleucus sayi(?)

2014_10140008.jpg
まぁアレだ。
結論から言うと消化力クッソ弱い(´・ω・)
チョビチョビ諸々の調整はしてるが、もう話にならないレベル。
これでは伸びるものも伸びない。

調べものしてたらたまたまこの個体が1年ほどいたる所をたらい回しにされていた事が判明。
数ヶ月どころではなかった。
やれやれだ、それじゃぁまぁ私の手元に来た以上はなんとかしよう。
2014_10140009.jpg
おそらくアリゾナブル同様、立ち上げに1年ぐらいは掛かるだろうな。

気性は良い子だから大きくなっても扱いづらくなる事も無かろう。
せっかくの可愛い子だ、大きくしたいじゃないか。
2014_10140010.jpg
だが体質改善にはどうやっても時間も掛かるしゆっくりやっていこうか(´・ω・)


んでアリゾナブルだけれど、今では吐き戻すこともなく、手羽元すら消化し、
別段他種より高温も必要とせず、導入時の弱さなど微塵も見せない。
そしていつの間にか、1700グラムオーバーまで成長していた。



ブルスネークやパインスネークとか体質弱いまま飼育したって意味が無い。
強い体質とガチムチの体こそこの連中には相応しい。
 
 
 
2014/10/15 Wed. 00:13 | trackback: -- | comment: 0edit

嘆願の1種 

 


■座卓部 2014/0831








先日漸く回収してきた。
私が密かに憧れ、導入を願い止まなかった種。







277ハイウェイモンスターブル
Pituophis melanoleucus sayi(?)

2014_0831_041134.jpg
諸事情あり、回収・帰宅がだいぶ遅れたが何とか無事に来た。

この種において特筆すべきは最大スペックがアリゾナブルを超える300cm。
まぁ、アリゾナブルもたまたま250cm前後のが最大認定されてるだけで本当はもっとスペックがあるかもしれないが。
いずれ至るその存在感は最早300cm超えのタイリクシュウダやオオカサントウにも引けは取るまい。
亜種認定は多分されていないと思う。
普通のブル扱い(´・ω・)

性格的にはアリゾナブルにカリフォルニアキングを足した感じ。
早速指を喰われそうになったw
随分prprしてくるなと思っていたらゆっくり口を開いてきた(*´д`)
当然咬まれても有難う御座いますと言わねばならない。


だがやはりアレだ。
懸念していたとおりコンディションに色々と問題がある。
改善しなければいけない状態が3箇所。
経過観察が1箇所。
2014_0831_041143.jpg
この状態の子に、早く大きくしようとマウスでパワーフィーディングなんかしたら予想外なほど短期間であっさり逝くと思う(´・ω・)

消化力はどういう状態になっているかは今後様子を見ていくことになる。

とりあえずは急がずに丁寧に問題を改善していこう。


さぁ、いずれ愉快な世界を見てみようじゃないか。
 
 
 
2014/08/31 Sun. 15:25 | trackback: -- | comment: 0edit