12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

緑のってコレ 




■2015/0524






そろそろ1ヶ月か。
いまだにヘビがバッタ喰ってるのには違和感を覚えるな(´・ω・)





ラフグリーンスネーク
Opheodrys aestivus carinatus

2015_05230003.jpg
やっぱり緑のはよく食べる。

2日前ぐらいにもオニグモの小さいのを数匹食べておいて、今日は緑のを4匹食べる。

もう吐き戻し寸前なんだよなぁ(´・ω・)





で、緑のってコレ。
2015_05230006.jpg
何だかよくわからない。

嗜好性が強いのは分かったからそれだけでいい。
面倒だから種類とか調べない。

そんなわけでこれからも訳の分からない緑色のバッタを喰わせていこうかと思います。






2015/05/24 Sun. 03:34 | trackback: -- | comment: 0edit

思ったよりも 




■2015/0520







ラフグリーンスネーク
Opheodrys aestivus carinatus

2015_05200007.jpg
『 ↑オニグモを食べるラフグリーン 』



とりあえずやってみた感じ、結構厄介なヘビですね(´・ω・)

まずエサ。

同じものを食い続けない。
何回か食べると暫く喰わない。
だからいろんな種類の食べそうなものを探してこないといけなくなるという(汗)


そして紫外線。

やはり人工物と太陽光では違うのか、長時間当ててると体表の水分がすぐに飛んで鱗が萎びてくる。
水分が飛びやすいだろうとは思っていたけど、
おそらくは想定していたよりもさらに紫外線供給量は少なくていいかもしれない。


2015_05200006.jpg
基本的に寄生虫がどうこうとか言ってられない生き物だな。

カイコの幼虫もたまにしか喰わなくなったので、野外採集の虫で補っているけども、
バッタ系、ゲジ、クモ、ガの幼虫、何でも持って来てケースに放り込む。

今のところ一番人気はキリギリスの小さいのみたいな緑色のバッタ系(種類未判定)
アレだけはコンスタントに食べてくれる。


なかなか肉も付きづらいし、さてどうなるかな(´・ω・)





2015/05/20 Wed. 10:18 | trackback: -- | comment: 0edit

緑も良い 




■2015/0427








ラフグリーンスネーク
Opheodrys aestivus carinatus

2015_04270001.jpg
しかしアレだな、この子らアホみたいに喰いやがりますね・・・(´・ω・)
消化が鬼のように早い。

2頭での食費コストが1週間で600円は掛かりそうだ(汗)
年内にはもう数頭導入する気でいるから、増えれば増えるほど大変な食費が予想される。

スズメガとか出てきたら幼虫増やして育てて使わなければいけなくなるな。
2015_04270002.jpg
だが緑色のヘビというのは目新しい感じがしてなかなか良いものだ。
この子らの食べる時の2頭のやりとりも協調性や気遣いを感じさせる動きで実に可愛い。

そして予想した通り案の定ではあるが、触ってみた感じは体の肉質が水分を維持するに適した構造をしていない。
その辺りは他のヘビよりも外界への依存度は高いだろう。



さて、なんとかなるといいなぁ(適当)





2015/04/27 Mon. 02:57 | trackback: -- | comment: 0edit

どうしても今年やりたかった内の1種 




■2015/0425







『SHOW BY ROCK!!』のシアンちゃんの可愛さよ。
うさしゃんパジャマとか・・・これはあかん・・・(*´・ω・)

ポリエステルやポリウレタンなどで作られた化繊ですらシアンちゃんの匂いに包まれているというのに・・・
包まれているというのに・・・!!!

化合物の方が幸せになれるとか一体どうなってるの(´・ω・)
20150422014874531369895-2.jpg
3話のシアンちゃんも可愛いよブヒイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!

これで豚に成らずに何時豚に成るというのか(* ゜д゜)クワッ










カイコ先輩
2015_04250005.jpg
カイコ先輩可愛い。

ある用途で購入したけど予想外に可愛くて草。








カイコ先輩を購入した理由はコレ。



ラフグリーンスネーク
Opheodrys aestivus carinatus

2015_04250006.jpg
こいつが今年、なんとしても導入したかった種の内の1種。

去年からずっと待っていたのだよ。

まずは集中的なコンディションの底上げから。
2015_04250007.jpg

どうも話によると、国内では3年以上生きた実績があるらしい。

なかなかじゃないか。
だがどこまで意識的に対象の構造を理解してやっていたか、話を聞いてみたいものだな。

エサはカイコの他に数種用意。
内、一種にはある仕込みをする。

市販の爬虫類用サプリの添加などは当然やらない、やる必要は無い。


導入当日ではあるが、こちらの手法に対しての反応や仕草を見る限り、
おそらくはある程度の算段は既についた。

これも大概の飼育者がまともに飼えないけども、さて。
私がやるとどうなるかな? (*´・ω・)





2015/04/25 Sat. 19:01 | trackback: -- | comment: 0edit