11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

不機嫌 




■2018/1027





モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ
Leioheterodon modestus

DSCF7630.jpg
ムチムチしててよろしい。
鼻先少し擦ってきたw これはウチでは避けようがない。
ゲーイーホグノーズとかよりはグリグリしないけど。

DSCF7631.jpg
不機嫌そうな目可愛い。

ゲーイーホグノーズの新規導入分で、
産後の個体を採集してきて、売れるまでそのまま現地か問屋で痩せていった系の個体が来たんだけど、
あのサイズで産卵したような感じだから、おそらくこのモデスタスの♀は現時点で産卵可能サイズにはなってると思う。

ただ当然サイズだけでは不確実性があるから来年1年育成でちょうどいいか。
それでも性成熟が足りなきゃまた翌年だ。

下準備だけ今年仕込んでおくか。
少しでも攻略確率上げたいしな。


そういやあっちの方、1ペア揃うといいなぁ。





スポンサーサイト



2018/10/27 Sat. 17:34 | trackback: -- | comment: 0edit

見たい先 




■2018/0728





モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ
Leioheterodon modestus

DSCF7533.jpg
♀ちゃんの方。
まぁこの種は難易度もクソもない。
アダルト個体ならな。
とはいえ、コーンスネーク辺りと同じに考えていれば限界はあるが。
マダホグ3種中、特にこの種は。

DSCF7532.jpg
繁殖可能サイズにはギリギリ年内でいけるんじゃないかな?
ただ性成熟が微妙ではあるが。
まぁその部分も野放しにはしない、手を加えれる所は当然弄る。

DSCF7531.jpg
存外楽しみなのは、このペアの10年後の姿。
ゲーイーホグノーズ辺りだと経年による骨格発達があるが、この種もそれが出てきたら大変愉快。
骨格で横に太くなったこの種は面白いだろうなぁ。
ゲーイーホグノーズの産んでもらった♀の方とか、今結構面白い事になってるからなぁ。

まぁちょいちょい食べて育ちなさいな。





2018/07/28 Sat. 18:30 | trackback: -- | comment: 0edit

これからは 




■2018/0411





モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ
Leioheterodon modestus

DSCF7428.jpg
♀ちゃん。
ほんとバタつくねえこの子ら(´・ω・`)

DSCF7426.jpg
バタつく割には何でも喰うけど。

手を入れてバタついてるのにエサを顔の前に差し出すと動きを止めて食べ始める。
何故そんなツンデレ仕様なのか。




今回、新しいメーカーのヤシガラを頼んだんだけど、今まで買っていたものとは粒子サイズが違う。
ほんの少し粒が大きく、パウダー分が少ない。
DSCF7429.jpg

・・・こっちの方が好みだ。

よし、これからはこのメーカーだな。





2018/04/11 Wed. 06:33 | trackback: -- | comment: 0edit

3種合同撮影 




■2018/0224





そういえばせっかく3種揃ったのだから、合同撮影はするべきだろう。




モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis

DSCF7357.jpg

3種合同撮影なんだからもう少しマシな撮影の仕方があるだろうに、纏めてケースに入れただけっていうね(´・ω・`)

まぁ豚がまともな撮影なんか出来るわけないんだよなぁ・・・。



モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
DSCF7359.jpg
やはり3種中、持つと一番バタつく。


シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
DSCF7360.jpg
ゲーイーホグノーズはとある計画を思いついたから、数年後に試してみるか。


マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis
DSCF7358.jpg
もしかしたらマダガスカリエンシス、ペアで居るかもしれん。 極めて微妙だけど。


このマダガスカルホグノーズシリーズだけど、マダガスカルの中でも生息ポイントで色や模様に結構な差がある。
ゲーイーホグノーズも繁殖した中からは個体バリエーションで別の模様は出てこなかった。
あの色模様の差はおそらく個体差などではない。
その色模様の系統で交配したら、系統が混ざった個体でなければ同じ色模様の個体が出てくると思う。

モデスタスホグノーズで3パターン。
ゲーイーホグノーズで5パターン。
マダガスカルホグノーズで4パターン程の色模様の系統を、海外の画像などでは確認している。

ゲーイーホグノーズの内の1種はなんか怪しいけども。

おそらくもっとあるんじゃないかな?
ちゃんと調べてる人間なら色々わかるんだろうけど、私は分類とか種類・亜種・地域個体群やらは存外ろくに調べない。
とはいえ、繁殖は出来れば同じ系統でやりたいよなぁ。

・・・なんていうものの、ウチの繁殖したゲーイーホグノーズは2系統混ざってる。
合わせた♂♀が別の系統。
混ざった場合でも色模様は2系統の範囲内での表現になってる。
他の3系統の表現は出てきていない。
全部自分で飼育する分だからアレだけど。
まぁいずれは複数の系統が欲しいよな。



で、豚がブタバナヘビを撮影してるなんてね・・・ね・・・ウフフ・・・・・・(´;ω;`)


今回は3頭ともにWD個体だが、今度これやる時は3種全て自家産CBでやってやろうかね。





2018/02/24 Sat. 13:33 | trackback: -- | comment: 0edit

癒やし枠 




■2018/0222





モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ
Leioheterodon modestus

DSCF7341.jpg
♂ちゃんの方。
少しは警戒心が減ってきた。
意外とバタツキ系のヘビだけど、やっぱり人を憶えてくる。
体触った時に弾いてくる力が控えめになり、管理中の突発的なダッシュも控えめになってきた。

繁殖の方は来年はどうかな? とか思ってみたけど、やっぱり今年と来年は育成に掛かるな。
♂は十分だけど♀がまだ小さい。

DSCF7342.jpg
モデスタスが♂♀共に良い状態で来たから復旧も早い。
現地のストック状況とか、採集されてからどれだけ早く輸出されるかはほんと大事よね(´・ω・`)
実際どんな感じになってるかはわからんけど。

この子らは楽でいい。
今カンムリキリサキヘビの♂とモイラスネークの♀に神経使ってるから、新規組ではモデスタスは完全に癒し枠。





2018/02/22 Thu. 04:09 | trackback: -- | comment: 0edit