07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

今年は準備だけ 




■2019/0225





わあい、もうすぐ冬終わるよお。

今期アニメも20数本見てるけど、普段より少ない。
当然ながら、『私に天使が舞い降りた!』 は殿堂入りクラス。

アレすっげえなあ。
1話でごちうさクラスだと感じていたけど、豚のエサ系は近年相当数の作品があるが、
それら良作群ブチ抜いて『ご注文はうさぎですか』に、私の中で本当に並んでくるとか有り得ねえんだよなあ・・・。


他にも 『上野さんは不器用』 『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』
『ケムリクサ』 『盾の勇者の成り上がり』 『えんどろ~!』 『フライングベイビーズ』 という良作が多い。

中でも、『ぱすてるメモリーズ』 『バミューダトライアングル カラフル・パストラーレ』 の2作が、
『絶対防衛レヴィアタン』 や『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』 等のB級系として非常に秀逸。
この2作見てると幸せ。







マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF7732.jpg
今年は当然準備だけ。
この子は腹ぺったんこで来たけど、もう最低限は肉が付いた。
少しは体長も伸びてる。

もう1頭の♀(?) なんかは可也体積と体長が伸びた。
WDでどこまで大型化行けるだろうか。 (この子はCH)

DSCF7731.jpg
今年は春からちょいちょい動くけども、色々導入したい種は居るが、
私の意識は既にあの種に集中している。

今年こそリベンジをし、あの種を一定以上理解しようじゃないか。
楽しみだよ、今から疼いている。





スポンサーサイト



2019/02/25 Mon. 14:44 | trackback: -- | comment: 0edit

ちょっと急ぐ 




■2018/1004





マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF7601.jpg
この種の♂を導入したんだけど、見比べてやっと雌雄がわかった。

以前導入した個体2頭とも♀だった。
そりゃ見ててもよくわからんわけだ(´・ω・`)

ただウチの♀2頭、頭のサイズ・・・というか、頭部の骨格からして違う。

これは地域差なのか育ち方の差なのかよくわからん。

体長とかも地域差で小型になるとか大型になるとかあるんだろうか?


DSCF7602.jpg
2020年に繁殖予定だけど、♀はこの子を使う。
尻尾切れてる子。

今回導入した♂は結構細いから取り敢えず肉付けてやらんとな。
まぁ♂だから1年あれば繁殖可能範囲まではいけるだろう。
とはいえ再来年まであまり時間も無いから、あの♂の復旧は急ぎめでやっていこう。





2018/10/04 Thu. 01:22 | trackback: -- | comment: 0edit

脳筋化 




■2018/0818





こないだ冷凍の親ウズラ1個もらって焼いて食べてみた。
DSCF7534.jpg
余計な内蔵と頭落としてそのまま焼く。

んで塩と胡椒で。
DSCF7535.jpg
やっぱり美味いんだけど、身が少ないから殆ど骨ごと食べる感じ。
内蔵の味もクセがあって美味しい。

キンカンは不味いっしゅ(´・ω・`)

これ骨ごと挽肉にしてツミレにでもしたら食べやすいか。





マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF7538.jpg
もう1頭の方。
導入時、痩せて腹もペタンコだったけど大分肉が付いてきた。

おそらくCH個体。
手放した理由はわからんが、他所の某ブログで扱われていた個体だろう。

DSCF7539.jpg
後ろからそっと撮影。
変な動きをするとエサと思って手を喰いに来る。

こいつも脳筋になった(悲哀)
トングや水入れすら喰いに来る。
導入時そんなでもなかったけど、不安感が消えたらどんどん脳筋化してきた。

何故ウチは脳筋化率が高いのか・・・。

・・・飼い主・・・・・・・・あっ(確信)


まぁちょいちょい紫外線もやって、今年と来年でゆっくり仕上げていこうかね。





2018/08/18 Sat. 03:09 | trackback: -- | comment: 0edit

3種合同撮影 




■2018/0224





そういえばせっかく3種揃ったのだから、合同撮影はするべきだろう。




モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis

DSCF7357.jpg

3種合同撮影なんだからもう少しマシな撮影の仕方があるだろうに、纏めてケースに入れただけっていうね(´・ω・`)

まぁ豚がまともな撮影なんか出来るわけないんだよなぁ・・・。



モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
DSCF7359.jpg
やはり3種中、持つと一番バタつく。


シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
DSCF7360.jpg
ゲーイーホグノーズはとある計画を思いついたから、数年後に試してみるか。


マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis
DSCF7358.jpg
もしかしたらマダガスカリエンシス、ペアで居るかもしれん。 極めて微妙だけど。


このマダガスカルホグノーズシリーズだけど、マダガスカルの中でも生息ポイントで色や模様に結構な差がある。
ゲーイーホグノーズも繁殖した中からは個体バリエーションで別の模様は出てこなかった。
あの色模様の差はおそらく個体差などではない。
その色模様の系統で交配したら、系統が混ざった個体でなければ同じ色模様の個体が出てくると思う。

モデスタスホグノーズで3パターン。
ゲーイーホグノーズで5パターン。
マダガスカルホグノーズで4パターン程の色模様の系統を、海外の画像などでは確認している。

ゲーイーホグノーズの内の1種はなんか怪しいけども。

おそらくもっとあるんじゃないかな?
ちゃんと調べてる人間なら色々わかるんだろうけど、私は分類とか種類・亜種・地域個体群やらは存外ろくに調べない。
とはいえ、繁殖は出来れば同じ系統でやりたいよなぁ。

・・・なんていうものの、ウチの繁殖したゲーイーホグノーズは2系統混ざってる。
合わせた♂♀が別の系統。
混ざった場合でも色模様は2系統の範囲内での表現になってる。
他の3系統の表現は出てきていない。
全部自分で飼育する分だからアレだけど。
まぁいずれは複数の系統が欲しいよな。



で、豚がブタバナヘビを撮影してるなんてね・・・ね・・・ウフフ・・・・・・(´;ω;`)


今回は3頭ともにWD個体だが、今度これやる時は3種全て自家産CBでやってやろうかね。





2018/02/24 Sat. 13:33 | trackback: -- | comment: 0edit

寒す 




■2018/0202





『三ツ星カラーズ』
201801298797451538985.jpg
ののかちゃんほんと可愛い結婚したい。

今期嫁候補が2人。
なでしこちゃんと、ののかちゃん。
肥えるー。
腹が、腹があぁぁぁ。






マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF7313.jpg
今月電気代6万近くキタワァ・・・(´;ω;`)

そのうえ求める温度まで上がりきらないっていうね・・・。

今年の冬は予算用途が決まってるから動けないが、来年の冬は暖房器具を一新しよう。
同じ消費電力でも効果を上げることは出来るからな。

・・・金が一気に飛ぶけど(´;ω;`)





2018/02/02 Fri. 03:52 | trackback: -- | comment: 0edit