08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

真に受けてはいけない 




■2017/0818






ノーザンパインスネーク ( ヒマラヤンペルシャ )
Pituophis melanoleucus melanoleucus

DSCF7167.jpg



ノラと皇女と野良猫ハート 6話 『 世界平和 』


これほどまでの神回はそうそう目に出来る事は無いだろう。
ジュエルペット・サンシャイン以来だろうか。

気づいたら30回以上見ており、
100分以上の時間を同じヤギの動画に費やしているが、私はそれを無駄と思う事は無い。

寧ろ30分で5万ぐらいの価値の有る時間であった。


この6話であるが、メインキャラ達がヤギに成っているのだが、
これには監督からのメッセージが込められている。

作中でこの状況に対し、『 人が自由を求めた結果、それが今のあたし達 』という台詞がある。

人の思考でヤギに成り、人の中で在る上で必然と在る面倒事や苦痛から逃れても、
それは人として自由に成ったのではなく、人を捨て、人以外の何かに成っただけだ。

ヤギに成ってもヤギとしての公園の中・柵の中での生があるだけで、
自分が望んだ自由は手に入っていないということに気づくだろう。

そこには人は人の中でこそ、初めて人足り得るのだという意味があるのだ。



だが同時に、その逃げる・離れるという行動の必要性も込められている。

人の中で苦しいのならば、一度自分を構成する社会・観念・価値・定義・心理的欲求など全てに距離をおき、
全く違う時間を生きる中で、それが自分の何に成っていたのか、
それは自分に本当に必要なものであるのかを改めて考え、選択していくべきだと。

他人の中で他人の上で生きるのではなく、他人の中で自分の上で生きていくべきであると、
余計な苦労などせずに自分を大切にして成長していきなさいよと、自分のための努力をしなさいよと、
自分の理由で自分の上に自分の自由を創りなさいよと、自分自身にクリエイティブでありなさいよと、
今を生きる者達、これからを創る者達に向けて、
作品・監督からのメッセージが、きっと込められているのです。



歌詞で『 ヒマラヤンペルシャ 』と歌っているシーンでヤギが映されているのは、
その ヒマラヤンペルシャ と人に呼ばれているものは、果たして本当に ヒマラヤンペルシャ で在るのかと。

ヤギと呼ばれているものは本当は ヒマラヤンペルシャ ではないのか? という意味がある。

人が特定の目的で付けた名でしかないものに、
その存在を何も知らないのに一部の情報だけで対象への定義を無意識的に定めてはいないだろうか?

自分が思うほど、人はヤギを知らないし、ヒマラヤンペルシャの事も知り得てはいない。

人に与えられたものに無条件に縛られ、
アレが必要だ・それをしなければならない・何を持っていなければならない、
人にどう見られなければならない・どういう生き方をしなければならない等、思考や欲求を方向付けられている中で、
自分にとってそれは何で在るのかというものを、自らの何に成り、何処に繋がっていくのかという事を、
その欲求はどのような状況の上で、何を理由に自分に作られてきたものであるのかを、
一度改めて考えてみるべきではないかという有り難い問題提起を、
上記と合わせ2度に渡り視聴者に向け、厳かに促してくれているのだ。


人は自らとして生まれ、自らで無いものの中で生き、自らを失い、
そこから自らを知り、自らとして新たに生まれ、自らに還って来る。

そして昔、自分が願った自由は、果たして本当に自分の自由で在ったのかと考えた時、
『 あなたはもう答えを知っているはずよ 』 という最後の方の台詞に、
自らで無いものの中を生きてきた先に在る今の自らを見るのだ。

人の中でこそ人足り得るのだという本当の意味を、その時知ることになるのだ。
そして正しく自由を知り得た時に、人は啀み合うことを辞めることが出来るのだろう。


この想いを伝えたいが為に、
監督は今回の暴挙(神回)を、自身の人生(キャリア)と共にぶん投げてきたのだと思います。




ち ゃ ん と 供 養 し な き ゃ (責任感)




これは反則だ、あんなんやられたら笑わないわけ無いだろ。
ノラと皇女と野良猫ハートとは何であるのかという先入観を破壊することで、
3分30秒の ヤ ギ だ け の 実 写 映 像 と、作中のたった数言で監督の意図を表現しているのだ。

たとえこれが監督の墓標になろうとも、
私は 『ありがとう、ずっと忘れない』 という言葉とともに、牧草でも手向けてやろうかと思います。


そんなわけで私も世界平和のために、
6話の映像を握りしめ、ヤギ(パトリシアちゃん)の脚とオシリを撫で回す旅へ出たい所存であります。





スポンサーサイト
2017/08/18 Fri. 10:52 | trackback: -- | comment: 0edit

この1年 




■2017/0422






ノーザンパインスネーク 
Pituophis melanoleucus melanoleucus

DSCF7072.jpg
こちらも現在復旧中。
もうね、全体的に去年のダメージが大きすぎる。

少しはマシになったが、まだ骨格に対して肉付きが弱く、構成状態も話にならない。
早く何とかしたいが、あまり急いでも良い結果にはならない。


体の融通が効かないと碌な事が無い。
当初2ヶ月程で6月に復帰する予定が、10月後半から少しづつ動け始めて最近まで掛かってしまった。
正直この1年は私にも負担がありすぎた。

去年私が潰れていた間、全個体に餌も水分供給も最低限すらやれず、気温すら上げられない状態が半年程続いた。
私のいる地域は気温が上がらないポイントにあるので、その内前半の3ヶ月程は日中20度前後・夜間15度前後が続いた。

普通ならそれなりの個体数が死んでいるだろうが、幸い構築していたコンディションが功を奏し、大半がなんとか生き延びた。
その状況や気温が続いてコモンカーペットなどが生きているのがおかしいが、
逆に最も低下推移が低かった個体がコモンカーペットだ。
それには体のシステムに理由がある。
それはいずれ書くと思う。


DSCF7073.jpg
ゲーイーホグノーズの繁殖などはその状況下で合間合間で手を加え、かろうじて繋げたものだ。
マウス繁殖の方もほぼ壊滅状態にまでなったが、なんとかそちらも少しは復旧してきている。



だが去年の負荷の都合で2頭程死なせてしまっている。
去年1頭、今年1頭。

1頭は状況都合、1頭は単純な自分のミス。

それも同じ症状絡みで。
要因は低体温による代謝低下ではなく、積算熱量不足による免疫低下によるもの。
飼育を始めた頃から稀に、ある部位に発生し、
そこに何が起きているのかわからなかったけども、何故か治せる症状があり、
皮肉なものでその2頭の件でその内容が漸く明確になった。

それに関してはまた別に書こうと思う。




飼育者が病気で身動き取れなくなれば、生体を手放したりするだろうが、
私はある種の理想や理由を持って生体の導入をしている。
その辺で採集したWD個体なら選別時や緊急時はそこに放せるけども、直に購入した個体はそうもいかない。

だが自分が何年も手がけた個体が他所の飼育者の手元に渡るなど、私が最も見たくない光景だ。

私はこの点ばかりは自己都合を最優先しており、
都合、最悪どうにもならなくなった場合は全て自らの手で殺すことを選ぶだろう。
まぁその時は自殺でもする時だろうけども。

・・・この程度の執着心もなしに、誰が独りで理解を突き詰められようか。







2017/04/22 Sat. 23:06 | trackback: -- | comment: 0edit

そんな馬鹿な(2度目) 




■2016/0412





ノーザンパインスネーク 
Pituophis melanoleucus melanoleucus

DSCF6905.jpg

ま だ あ っ た の か (白目)




交尾してないから当然全部無精卵。
有精卵だったら大喜びなんだがなぁ(´・ω・)
いつでも産めるぞというアピールかい、それは?

・・・お腹すっきりしたねー(池)




ていうかお前ら元々太い上に、持つと体膨らませたりするからわかりづらいんだよ(´;ω;`)

DSCF6910.jpg

まぁいいや、産んだらやたら腹がスカスカになってるし、結果としてダイエットにはなったな(汗)
これで半年ぐらいは何も気にしないで喰わせて平気だな(´・ω・)

予定変更だ、落ち着いたらガンガン喰ってもらうことにしよう。





2016/04/12 Tue. 10:08 | trackback: -- | comment: 0edit

そんな馬鹿な 

 


■2016/0408






先日唐突にパソコンのHDDが崩壊し、画像やらパソコンの設定・調整やらダウンロードしたものやら、
やり込んだゲームのセーブデータやらグーグル辞書に登録してあるショートカット変換やら全部飛んだ(´・ω・)

そしてもう2度と記憶しないという事態に。

急遽パソコンを買うという余計な出費をどう補完すればいいのか。

パソコン到着後、自分の使いやすいように可也弄くっていたから最低限のラインまで作り直すのに丸一日掛かった。
あとは使っていく上でその都度設定していかねばならないから、1ヶ月は掛かるかなぁ・・・。


もうやだー、ココアちゃんとチノちゃんの居るオウチに還るー (´;ω;`)

ココアちゃんの匂いとフトモモに包まれるのー。























ノーザンパインスネーク 
Pituophis melanoleucus melanoleucus

0011.jpg
無精卵。

・・・お前、女の子だったの・・・(*´・ω・)
002.jpg
なんかいっぱいセクハラしててゴメンネ。


ていうか何か内臓の体積が減らないと思ったら、内臓脂肪じゃなく卵っていうね。
形成したのは1個だけのようだけど、どおりで体が部分的に膨らんでたわけだ。

訳の分からない内臓が膨張してくるあの症状かとも思ったが、それとは明らかに膨張圧が違ったし、
内臓脂肪の割にはどうも上に付き過ぎてるとは感じていた。

卵だとは見抜けなかったよ、まぁコレで今後はなんとなくわかるようになるだろうけども。


某所のように、煮て食べようかとも思ったがやめておきました。


・・・しかしノーザンパインって、♀でも2メーター超えするのか・・・。
まだ200cm未満とはいえ、200超えはもう確定している。
まぁ2号が来た時点でホンノリ感じてはいたんですよ、尻尾の長さが違うし。
し っ て た とかいう奴は今すぐ私にケツを向け給え、男女問わずだ(´・ω・)

2号が確定的に♂だとわかった今、
2号は1号のサイズを超えてくるのか・・・という事実と、ケース用意しとけよ的な圧力に今から少し怯えざるを得ない。







挙句、先月辺りに衣装ケースの中で変な動きをしたらしく、頭の鱗の表面を軽く削ってしまったのだが、
鱗自体が脱皮後に治るかと思っていたら、脱皮後に鱗が消えるという現象が発生。
003.jpg
薄皮が削れただけだったのに、再生の経緯で何故そういう判断になった(´;ω;`)


まぁ数日経ってみたら剥がれてる部分に多少形質変化があるから、
もしかしたら今後の脱皮毎に鱗が再生してくるかもしれないけども。

まぁ今後気を付けなさいな(*´・ω・)
んで衣装ケースは内側に引っ掛かりが無い物に変更だな、このアイテムじゃ駄目だ。
 
 
 
 
 







2016/04/08 Fri. 02:40 | trackback: -- | comment: 0edit