10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

南極 

 


■座卓部 2014/0925







ジムグリ 
Elaphe conspicillata

2014_0925_220325.jpg
採集時から他の動物(私)などに対して警戒心が極端に無かったから、
もしかしたらすぐ喰うのではないかと思いピンクマウスあげたら本当にすぐに3匹食べた(´・ω・)

コレ多分、毛生えサイズのマウスも普通に喰うんじゃないか。

それにマウスのみならいざしらず、試しにヒナウズラあげてみたら一切の迷い無く喰い付く始末。
この時点で毛生え(鳥)を喰ってるからこれはホッパーサイズぐらいなら楽勝でしょうね。


もうね、出したらすぐに咥える南極の如きビッチとか大好き(最低)


よし、これは来年はメインイベントになるな。


wktkしてきたから一刻も早く♂を仕入れねば(´・ω・)
 
 
 
2014/09/25 Thu. 22:58 | trackback: -- | comment: 0edit

愛衣ちゃん大勝利 




■座卓部 2014/0924

■ 





こいつだけはいつか欲しかった。
なぜ今まで導入しなかったかというと、1頭目はできれば自分の手で採りたかったのだ。

ここ数日、パソコンのモニターが壊れたり、前歯が片方吹っ飛んだりしたが、それを補って余りある幸運。
その代償の価値は在る。




なぜ私の隣にチノちゃんが居ないのかと日々嘆き、俯向いて生きる私の前に、ついに天使が舞い降りた。

空を見ず、前も見ず、自分の足元に広がる小さな地面しか見えていない私の目にだからこそ、ソレは写り込んだ。














ジムグリ 
Elaphe conspicillata

2014_0924_204950.jpg
ついに、ついに自分の手での採集に成功した。
今まではことごとくロードキルばかりで今年の春なども轢かれてまもなく、死にかけているが息はある個体なども見かけていた。

さすがにもう数年間採集出来なければ諦めてショップから買おうかと思っていた。
2頭目に関しては拘りはないのでショップから買おう。
2014_0924_205016.jpg
雌雄は後で判別するにしても、多分♀ではないかと思う。
多分。

この子を今年クーリングして、雌雄の片方を年内か、または来年の冬眠明けの時期に買おうと思う。
できれば同産地がいいが、おそらくは産地MIXでの交配になるだろう。

ま、その辺は割り切るか。

これで来年の楽しみが一つ増えた。


まぁとりあえず、お外走ってくる(´・ω・)
 
 
 
2014/09/24 Wed. 21:39 | trackback: -- | comment: 0edit