05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

珍しい死因 




■2015/1115





サウザンブラックレーサー 
Coluber constrictor priapus

2015_11040006.jpg
この子はWDの子。
時間経過と共に仕上がるのはいいがバタつく時の馬力も増えるので、
ちょっとした事で驚く子だからケースの壁面やフタに鼻先をぶつけて、最近よくこんなふうに赤くなってる。

数日経過すれば不思議と黒く戻ってるのだけど、このバタつく気性はなんとかならんものか。






さて、この1週間の内にこんな事態が発生した。
メキシコサウザンブラックレーサー・CHなのだが、悔やまれるが1頭落としてしまった。

死因なのだが表面的に発生したのは『脱腸』だ。
夜に帰宅後、ケース内を覗いた時に体表の質感が変わっていたので見てみたら、
15mm四方程の体積で腸が体外に飛び出していた。
そして腹板下部がごっそりと凹んでいた。

取敢えず体内に腸を戻すことは出来たが、衰弱が早く翌朝には落ちていた。
原因は何かと考えたがどうにも理由が見当たらない。
脱腸は現象的にはコンディションとは些か掛け離れた場所にある問題で、
ましてやヘビの場合は内臓の構造上、他の生き物より脱腸は発生しづらいはずだ。

しかし死体の腹板を指でなぞって内臓の感触とかを見てみたら塊があった。
位置的に胃の下部辺り。
サイズ的にみて、前日に提供したヒナウズラだ。
この種の場合、食後1日経過して殆ど形を残しているということは有り得ないので、
何らかの理由で飲み込んだものが胃で止まっていたと考えられる。

飲み込んだものに問題があったのなら吐けばいい話だが、それもしていなかった。
同時に糞がなかったので排泄をしようとして発生したものではないだろう。

仮定にもなっていない想定ではあるが胃や腸が体内のヒナウズラを出そうとして、
本来必要の無いレベルで過度に内臓圧を上げたのだと思われる。
その結果、腸の排出をした可能性がある。
そしてその状態にまでなって出そうとしていて、吐けもせず、腸に送り込めもしない状態とだったいうことは、
おそらくは飲み込んだものを中心にした『胃捻転』とかそういった類のものが想定される。


ヘビの脱腸はカエルの脱腸のように中に戻せばさほど問題無く生きていたり、
トカゲのように手術まで余裕があるというものではないようだ。
昆虫の脱肛や脱腸のように発生したらどうにもならないパターンの可能性がある。
当然、発生理由にもよるだろうが他所で発生したデータすら見つからない。
おそらくヘビの死因としてはかなり珍しいケースと思われる。

死体の腹を捌いて内臓の状態を確認すればまた何かわかったかもしれないが、
愛着のある子だったのでそれはする気にならなかった。
まず発生するものではないと思うが一応こういう死因もあるという記載はしておこうと思う。





しかし今年はモンペリエスネークの件といい、この件といい悔やまれる事象が多いな。

他にもある種のWD個体を導入して飼育していたが、『治らない皮膚病』にも遭遇した。
野外で既に保有していた病気と思われるが終ぞ治せなかった上に、挙句二次被害まで出てる始末。
この皮膚病は該当種と転移対象の隔離が必要なほどのものなので、これに関してはまたいつか別に書こうかと思う。
この皮膚病は該当種をはじめ、極一部の種にしか野外では発生しないものだと思う。
おそらく治す方法はあろうが、今回は処理しきれなかった。

モンペリエの件はコンディション領域なのでなんとかなる範囲だが、
この脱腸の件に関しては人間が対応可能な範疇は超えているだろう。


出来れば今後、こういった案件には遭遇したくないものだ。





スポンサーサイト
2015/11/15 Sun. 13:13 | trackback: -- | comment: 0edit

増やしたいが 




■2015/1020






『ご注文はうさぎですか??』2羽
今回も24時間以上リピートし、パソコンの前でチノちゃん・・・・リゼちゃん・・・とボソボソ呟き、
生きることも死ぬことも何もかもどうでも良くなり、唯目の前に撒かれた餌を貪る。
ああもうシャロちゃんきゃわわ(・ω・`*)
私豚ですが入ってよろしいでしょうか。
201510204487456562.jpg

千夜ちゃんとシャロちゃんの家に挟まれた犬小屋とかなんと優良物件なのか。





『ゆるゆり さん☆ハイ!』3話
歳納京子が犬小屋を作り、大室櫻子が犬になる。

私も小屋に入れてください。
櫻子ちゃんの隣で櫻子ちゃんの匂いを味わい、歳納京子に撫で回されるとかなに? その楽園(*´・ω・)
201510204487456561.jpg

今回は2作品に渡り、私たち豚のために犬小屋を用意して頂けるとはなんという幸せか。









メキシコサウザンブラックレーサー
Coluber constrictor priapus

2015_10200006.jpg
取敢えず漸く100cmあるかないかぐらい。
もうね、あまりにも扱いづらすぎて草しか生えない。

ケースのフタ開けたそばからダッシュして、
持ったそばからのたうちまわり、少し気に入らない触り方をすれば咬んできて、
顔の周りに私の皮膚があればゆっくり口開けて食べようとしてくる。
その頻度の多さよ。
まだアカマタとかのほうが品性があると思う。

2015_10200008.jpg

いずれサウザンブラックレーサーは増やして流そうと思っているが、アレだな。


CBやCHで人馴れすればするほど傍若無人になってくるとか、これ需要無いわ(´・ω・)





2015/10/20 Tue. 20:56 | trackback: -- | comment: 0edit

ツンデレが完成形 




■2015/0626








サウザンブラックレーサー 
Coluber constrictor priapus

2015_06260002.jpg
WDの子。
もうだいぶムチムチしてきた。
導入時は野外での環境負荷の所為か、鱗と鱗の間に表皮が見えていたのだけど、
脱皮を繰り返すうちにそれも鱗自体のサイズが増えて表皮が見えなくなった。

古傷の凸凹も結構消えてきた。
まずまずかな。




が・・・撮影に距離がある。

だってこの子、ケースに手を入れると咬んでくるんですもの(´・ω・)
すごい勢いで。
しかし上の画像は実は餌待ちの状態。

2015_06260003.jpg
画像はリラックスモードだが、警戒心UPやテンションUPすると体を膨らませる。
そうすると存在感が跳ね上がる。

かなり嫌な動き方をするけれども、あの姿を見るとやはりこいつは増やすべきヘビなのだと実感する。



CHの方もだいぶ大きくなってきたけれど、全然懐かない。
動くものを全てエサと思い、ケースのフタを開ければまずは私を食べに来て、
やっとの思いで手に持てば1分後ぐらいにはイライラしてきて咬みはじめる(´・ω・)



可愛い(M)



それでもエサをちらつかせると、持たれて咬んできてる状況でも素直に食べる。
ということは当然持たれていることに危機感や恐怖心など無く、ただ嫌なだけなのだろう。
どんな状況でも差し出されたものを食べる事を優先するのは彼等の好意の表現の一つなのだろうな。



擬人化とかした場合、きっとツインテールの可愛いツンデレの妹みたいな感じかな?(妄言)





んで今日、バイト帰りにジムグリを回収。
今回はフルアダルト。
ジムグリの雌雄判別がいまだに分からないが交尾済みの雌であることを期待しようか。





2015/06/26 Fri. 03:06 | trackback: -- | comment: 0edit

少しまともに飼育概要・2 




■2015/0313





はい、神経質講座はーじまーるよー(´・д・)



(こちらを読む前に、飼育概要・1を見ていない方は1の方を読んでからの方が多少わかりやすいかと思います。)



ここ最近、とあるWD(野外産)のヘビを飼育し、実験・検証をしていた。



まず始めに、『ヘビのWD個体のコンディションを上げるのに必要な条件』

①紫外線の供給
②ミスティングによる水分の供給
③食による水分の供給
④身体への栄養価・水分吸収の反映率の上昇
⑤体内の濾過効率の上昇

主に上記のこれらになる。



そして上記の先にあるヘビの『コンディションの良さ』の条件は

①内臓から表皮までの保水量
②体脂肪比率
③血管・毛細血管の稼働量
④内臓の稼働量
⑤順当な消化力と栄養反映率

主にこれらになる。
ヘビの状態を考慮するならばこの辺りから考えるとわかりやすい。




今回密かに実験していたのは、WDのフロリダ産のサウザンブラックレーサーだ。
サウザンブラックレーサーで、野外産の飼育個体において紫外線がどういう部分に決定的な差を生むのかを検証していたのだ。

以前は紫外線をやらずに飼育していたが残念なことに半年もたなかった。
だが何かが私の中で引っ掛っていたので再度挑戦する事となった。




サウザンブラックレーサーは通常、紫外線無しの環境で飼育した場合、いくら喰わせていても痩せてくる。
おそらくはWD個体は大概そうであろうが、特に顕著なのがアオヘビ系・レーサー系・ムチヘビ系の連中だろう。



結論から言うと、100%と言っていい程WDのヘビに対して紫外線は必須だ。

実際に検証してみた結果、ヘビには紫外線は要らないという通説とは真逆の結果になった。



このWD個体に紫外線を提供することで何が変わるのか。
ピンポイントで大きく変わるのが、『摂取した栄養素と水分を血肉に変換する力』だ。

やっていて痛感したが、その変化の差は実に大きいものだった。
いくら肉付きや体内水分量を上げるための手を尽くしても、想定通りに全く反映しないのと、
徐々に目に見えて反映してくるのとでは直接の生死に関わる問題だ。
これがひとつのWD個体飼育の壁になる。

強い個体や種類はしばらくは肉付きや成長などには反映してくるけども、
紫外線遮断により内臓稼働量が徐々に低下していき、ある日を境にスッと痩せてくるので、
その個体や種類の強さに甘えて油断してはならない。



そして大きく変わるもののもう一つが、『内臓自体の諸々の稼働量と濾過効率』だ。

こちらは消化吸収や、排泄・尿酸や体内の体液循環や老廃物や余剰栄養素の濾過の問題。
ただ、こちらは紫外線のみならず、体内水分量が関わってくる。

紫外線無しで他のWD個体やブラックレーサーを飼育している場合、
排泄や尿酸排出の頻度の多さが気になると思うが、それがもうひとつのWD個体飼育の壁だ。

この尿酸排出の頻度だが、内臓の稼働量低下の現れだと思われる。
内臓の濾過能力が低下しているため、一度にまとめて処理できず、
濾過の循環回数を多くして尿酸の必要排出量を得ようとしていると思われる。

尿酸の質感も塊や顆粒的な質感ではなく、小麦粉を水に溶かしたような粘膜的な質感になるのでわかりやすい。


この状態の問題は、
内臓の稼働量が上がらない状態ゆえの消化時の内臓疲労による体力消耗の発生が確定なのと、
体液や血液の濾過効率が低下することにより、老廃物や悪性物質が溜まり、細胞や内臓のダメージになること、
そして尿酸排出の際には当然水分も排出されるので、脱水状態が加速するという点だ。


細かな排泄(頻便)に関してはおそらく内臓機能が低下しているせいで腸管が拡張的な運動をできず、
腸管が収縮したままの状態になっているので腸内に排泄物が細長く溜め込まれるためだと思われる。

同時に、当然ながら消化自体や腸管からの水分・栄養素の吸収量も下がっている。
そして腸内分解がすみやかに行われないため、腸内で消化中のものに腐敗や酸化してくる部分が出てきて、
腸壁に軽度の炎症を発生させるため、排泄ペースが早くなっている可能性もある。

また、この頻便も内臓負担と脱水に拍車を掛けるのでとっとと改善しなければならない。


この状況から見るに、もしかしたら一般的にはレーサー系は、
身体を多く使い、代謝が高く、移動速度を上げるために排泄頻度が早い。
などと間違った認識をどこかでされているかもしれないな。

同種の導入直後のWD個体と、コンディションが復旧した個体やCBやCH個体の違いをみればわかるのだが、
そんな理由は無いのでくれぐれもその辺には注意が必要だ。


だがこれも紫外線を提供することで大きく変わる。


現時点で、手元に居る今回検証したWDのサウザンブラックレーサーは排泄や尿酸排出の回数が導入時よりかなり減った。
CB・CH個体や普通のコーンスネークなどのように、ある程度一度にまとめてするようになっているのだ。
最早十分なほどコンディションの復旧を果たしたと言っていいだろう。



画像は今回実験した個体。
もうすぐ7・8ヶ月になるだろうか、別段まだそこまでガチムチしてくるようなレベルではないけども、
なんでもない当たり前の普通のコンディション。

サウザンブラックレーサー 
Coluber constrictor priapus

2015_01150003.jpg
(この画像は2ヶ月前のもの)

だがその当たり前まで持っていくのが存外難しい。

体長も100センチ程から、今は120センチ程まで成長した。

まだまだ余裕で大きくなれるだろう。






以下にコンディションを上げる手法の一つを記載します。
飼育概要・1の内容を多少細かく説明した感じになります。


まずは紫外線を提供し、上記の『摂取した栄養素と水分を血肉に変換する力』というベースを作る。
次に重要視するのは水分の供給効率だ。

紫外線を供給する際の注意点は体からの水分の揮発量が増えるという点だ。
以下に記載するが、故に体内水分量が減り、
内臓や血管の稼働量が落ちるので水分供給に関してしっかりやらねばならない。

そこをやらなければ紫外線供給はWD個体の死因の一条件にしかならない。

特に紫外線要求量(強度ではなく継続性)が多い種類はたまに太陽光に当てるぐらいでは足りないので、
基本的にはほぼ毎日当てることになる。



はじめに、ヘビは必要水分量が少ない生き物ではなく、
脱水に耐久性があるだけということを基本として念頭に置いてください。

(自分の場合はここで吸血性のダニの駆除も含めた特殊な荒い手を使うのだけど、それはまた別の機会に)

『飼育概要・1』でも記載したが、
ヘビの水分の確保方法は3つ。

1・食物からの確保
2・水場からの確保
3・朝露・霧による結露・雨・霧吹きからの確保

と、これらになる。

しかし特にレーサー系のヘビはCBでも水入れなどからはまず飲まないので、
食と霧吹きで、内側と外側の両面から飼育者がサポートしなければならないのです。

稀に水入れから飲む個体も居るけれども、
水分補給をその個体の自発的行動に頼るという判断は確実な死亡フラグだ。

何のヘビでもミスティングに対してと水入れなどに対して、水を飲むという欲求と認識が区分けされています。
それはカメレオンとかがわかりやすいだろうけどヤモリは当然、トカゲ類でも言えるのではないかと。


ミスティング(霧吹き)のやり方だけどもただやるのでなく、
身体だけでなく、しっかりと顔に掛かるようにして供給し、ヘビが複数回水を飲んでいることを確認すること。
カメレオンのような要介護爬虫類と思うのが適切です。(特に水入れから飲まない系は)


そして次に食による栄養補給もあわせた水分供給だ。
哺乳類・鳥類などが主食の連中には、導入時に最初からマウスを提供するのはNGです。

(基本としてマウス専食や鶏系を喰わない子は除くが、マウス専食に対しての手法もありますがそれもまた別の機会に)

まずは身体に負担を掛けずに少しづつ栄養を摂取させていかねばならない。


マウスはトータルの栄養価は高いですが、消化時に鳥類・両生類よりも内臓のエネルギーを使います。
状態の上がりきらない個体にマウスをやると、
排泄時に適切に圧縮されない(適切な糞にならない)状態で低消化のまま出てくる部分が多いのは、
まだそれを消化吸収する力が低いためです。
おそらくは水分や栄養価の吸収・浸透率もそれに準じ低いはずです。
栄養価の反映率が低い状態で高カロリーなものを摂取させても内臓の負担にしかなりません。
(この辺はブルやパインのコンディションの良し悪しによる消化力と栄養反映率の差を見るとよくわかります)


そこで役に立つのが鳥類、ヒナウズラやヒヨコ・鶏肉などです。


提供方法ですが中空温度での解凍ではなく、お湯による解凍をすること。
それによりエサの身体に水分を浸透させます。
そうすることでエサの水分量がかなり増えるので水分の供給効率をあげれます。

(ミスティングとエサの水分を増やすのはCBでもやったほうがいいです)

特にコンディションがあるラインまで上がるまでは、
尿酸の高頻度排出による脱水と内臓の稼働量の問題を改善するのがメインになるので、給餌はもう鳥類一択です。

鳥類の肉はマウスより消化されやすく、
なおかつエサに水分を浸透させてから提供すればより消化しやすくなり、内臓に対してさらに低負担で供給できます。
また、マウスより栄養価は低いですが水分の浸透率が高いので、
肉付きはゆっくりになりますが、内臓の底上げをするには適切です。
まぁお湯に漬け込んでふやけやすい肉ほど消化・吸収もしやすいということです(雑)

鳥類のもう一つのメリットは、
マウスに比べて栄養価が低いので、血中に余剰になった栄養素の排出も低くなる点です。
内臓の状態が上がりきらないと当然低消化だけでなく、吸収した栄養素の余剰も発生しやすくなるはずです。
そうするとその排出にまた余計な水分と体力を消耗する。

また、多く水分を摂ることにより、状態が悪い時に身体に溜まっていた老廃物の排出も促せます。
その際の尿酸排出の脱水負担も減らせるわけですね。
だからこそ低栄養・高水分の鳥類を主体にするわけです。

そして体内水分量が増えれば栄養反映率も上がってくる。


私が今もエサに鳥類を多用するのはコストだけでなく、そういう利点もあるからです。



この手順をコンスタントに供給し、内臓のコンディションが底上げされてくると、
少しづつではあるが、しっかりと身体に肉が付いてくる。

そしてあるラインを超えると、排泄・尿酸の排出回数が減り、食べる量を減らしても痩せなくなります。

実は排泄と尿酸の問題は同時進行で解決してくるのでどちらか一方づつを考える必要は無かったりします。




ただし、これらは紫外線を提供しないと全くと言っていい程、
野外産のヘビには反映しません。
全てコンスタントな紫外線供給ありきでの話です。


また、紫外線と水分供給、どちらか一方ではコンディションの底上げは成立しません。
両方やって初めてまともな結果となる。





・・・こう見るとまるでトカゲの飼育理論みたいだが、つまるところ結局は『爬虫類』なんだなぁと。


ただ、トカゲと違うのはヘビ固有の環境耐性の強さによる変化のわかりづらさがあります。
それが原因で野外産の個体でも紫外線は必要無いなどと言われるようになっているのでしょう。

ただ、この言葉自体がいい加減古い観念であることと認識したほうが良いでしょう。




個人の人工飼育下において、生息元の自然環境を再現しようとすればかなり厄介なことになりますが、
必要要件だけを満たすと考えれば何とかなります。

ここで記載したのはその必要要件のみの一部です。
(他に色々とコンディションを上げる為の荒い方法もありますがそれはまた別の機会に)

しかし、この程度は考えなければ野外産のヘビを良い状態で飼育するのは難しいのです。
なんとなく飼えているのと、状態・状況を把握して飼えているというのはかなりの差があります。
状態・状況を構造的に把握出来ていて、何がどうなってるかが少しは見えると自分で細かい部分で微調整が出来る。
言われたことをやるだけでは見えないものが自分の目で見えてくる。
その差は本当に大きいのです。


野外個体がCB個体と飼育難易度が別物なのはこういう部分の理解が無いのが原因ですね。

人工下でWD個体をしっかり飼育する場合は、終生こういうケアや水準が必要になると思われます。
コンディションが上がったからCBと同じ扱いで・・・というのもNGでしょう。


あとマウスは完全食という安直さもNGです。
栄養価=完璧・万能性能ではありません。


ここが多くの飼育者が勘違いしている部分でもある。


WD個体に成長速度を上げるためにマウスの供給量を上げるなら、かなりコンディションの底上げが進んでからでしょう。
エサの種類ごとの性質と影響は理解しておいて損は無い。
まずは内臓の機能低下という死亡要因を排除することからですね。


当然、上記手法で全てが解決はしないですが、多少はまともにWD個体の飼育が出来るようにはなるはずだ。
あのわけわからない連中に少しは立ち向かえるというものだ。
まぁこんな神経質になる人間も居ないだろうけども、理解して損は無い。




そして導入時、当然のように背骨が浮き、首周りの肉が削げていたが、
全身の筋肉・背筋も付き、首周りもしっかり肉が付いた。
2015_03130006.jpg
(上・以下画像・3月現在)



頻便・尿酸の高頻度の排出もなくなり、栄養の反映率も上がり、
内臓がしっかり機能しているのが見て取れる。
(パッと見の視覚情報からだけでは見えないけれど)
2015_03130007.jpg

2015_03130002.jpg
まだ体の後ろの方の皮膚や皮下が硬いけれど、これもいずれ改善されよう。
元が結構痩せていたからまだ状態の理想値まで辿り着かないが、時間をかければいけるだろう。

この状態まで来ると多少太らしても差し障りはなかろう。
なんの心配も無く筋力や体力といった、もっと表面的部分のコンディションを上げていける。

ヒナウズラで丁寧に調整をやってきたのはいいが些かまだ体表の皮下脂肪の厚みが心もとない。
もう当面の問題はおよそ片付いただろうから、マウスの給餌量を30%程まで上げてみようかと思う・・・・・

とか思っていたのだけど活マウスやり始めたらここ一ヶ月程、活マウスしか喰わなくなった(´・ω・)
まぁ暫くはそれでも良かろう(汗)






最後に些かシビアな事を言うが、
技術や理解の甘い飼育者ほど飼育環境がどうたらと抜かしているような気がするが、
自然界で彼等に供給されているあらゆる現象を、人の部屋の小さなケースの中で成し得ていると思うのか。


足りないものは人の手で直接供給・構築していかなければならない。

外にある情報なんて限られたものだけだ。
せっかく自分で飼育するのだから出来るだけ自分で物を見れるようになっておいた方が、
お互い良い時間を過ごせるだろう。


人工下で飼育する場合、ヘビは環境で生かすものではなく、
人の手で生かされるものだと心得ておいたほうがいいだろう。




2015/03/13 Fri. 20:04 | trackback: -- | comment: 0edit