06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

まだ緩やかに 




■2018/0503




そういや、 Carphophis amoenus が入荷したんだな。
以前も某店に amoenus が入荷していたな。

これね、実はこの Carphophis は、私の最終目標の一つだったりする。

今年はやらないが、来年以降入荷したら導入するつもりだ。







コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7452.jpg
食欲は完全にいつもどおりになったし、気温も上がってきてるからそろそろ多めに食べてもらおうかな?

と、言いたいところだがもう暫くは緩やか給餌だな。

DSCF7454.jpg
ここ最近コモンカーペットの体温上昇・体温低下時に、
体内で何が起きているのかを今までのデータを整理して、もう少し細かく理解出来るようにしていた。

皮肉なもので、理解が増えれば増えたことによる不安も新しく発生してくる。
だがそれは新たに得た理解・踏み込んだ領域に対して理解精度と感覚化が甘いせいだ。

演算を繰り返す内に、少しは理解が進んできた。

各要素の蓄積稼働とその維持能力と、加算充足率はやはり種類毎に大きく差が出る。

改めて大型種は本当に丈夫なのだなぁと痛感している。
中には爬虫類らしからぬ機能まであったりするからな。

機能力を上げた循環は此程の差になるものか。


DSCF7455.jpg
まぁ相変わらず可愛い。

急ぐことはない。
ゆっくりでいい、ゆっくりやっていこう。





スポンサーサイト
2018/05/03 Thu. 00:20 | trackback: -- | comment: 0edit

少し緩やかに 




■2017/1206





コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7272.jpg
コモンちゃん今225cm前後あるのか。

200cmの紐作って背中の中心に沿って測ると大体そのぐらい。
道理で最近、成長基盤の幾つかの要素が減ってきてるわけだ。

成長基盤は消耗品だからしゃーなしだが。

DSCF7271.jpg
ちょっと成長が早すぎるな。
これは成長推進力をもう少し緩やかにする必要がある。

成長基盤の消耗が一定以上進行すると再構築に手間が掛かる。
減ってるのに伸びていかれるとコンディションの基盤まで減少する可能性があるから、それは回避したいところだ。

2~3ヶ月は集中的に成長基盤を構築しようか。


そういやコモン現在何キロあるんだろうか。
あー、ヘビ用の体重計欲しー(´・ω・`)





2017/12/06 Wed. 14:11 | trackback: -- | comment: 2edit

まず一手 




■2017/0916




暇つぶしに『 Girls Carnival! 』とかやってるけど中々面白い。
『 Girls Carnival! 2 』は少し前にやってるんだがそっちも良作。
何も考えないでやれるゲームが年寄りには優しい(´・ω・`)

201709127894151479876588468.jpg
可愛いの多くてすこ。
最お気に入りはレム・スラリス・イフりん。

201709128987746499865.jpg
とりあえず中二ちゃんを2ターンで倒すことに成功。
相手の行動に大分左右されるけど。

しかしあの強化ラスボスの強さよ。
アレだけブッ飛んだ設定。
1回倒すまでに何十回負けたかわかりゃしない(´;ω;`)
何だアレw




コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7204.jpg

餅。
モチモチ。
顔に乗っかって歩かれると私の首ががが。



とりあえず一手動いた。
これから可能な限り動く。

順番もおよそ決まったからそれに沿って導入していく。

まあペアは運次第なところがあるけど。





2017/09/16 Sat. 22:29 | trackback: -- | comment: 0edit

やはり仁坂きゅんが嫁か 




■2017/0905





『恋と嘘』 だけど、やはり仁坂きゅんが一番だな。

美咲たんも莉々奈たんも可愛いが、仁坂きゅんがダントツだな(真顔)




コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7193.jpg

先日真っ直ぐになった時にメジャーで測ったんだが、実寸210cm前後あるのね。
脱皮した皮も乾燥させて測ったら280cm以上あった。

いつの間にか随分大きくなったもんだ。
だが目標から見るとまだまだ小さい。

体重計りたいのだが3キロまでのスケールしか無い。
数十キロぐらいまで計れるの買わないとな。

ちなみに去年の4月~5月ぐらいに親ウズラを2個しか食べれなかったが、
今は喰う気になれば5個はいけるだろう。
まぁ1食で3個までで抑えてるけど。

胃の拡張力も申し分ない。
体積に応じた水分供給量が十分成立し、同時に反映している。
やはり大きな個体・種類は復旧が早い。

まだ余裕で成長できるな。


そして今月から、漸く少し動ける。





2017/09/05 Tue. 16:34 | trackback: -- | comment: 0edit

こっちも復旧中 




■2017/0510






コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7083.jpg
こちらも復旧中。
去年の後半からちょびちょび再構築してるけど流石にこの子は凄いものだ。
復旧させてる最中でも伸びてくる。
現状200cmは超えた。
コンディションもそれなりには復旧してるのでもう少ししたら最低ラインまでは来れるだろう。

本当は大分前に200cmなんて超えてるはずだったんだがなぁ・・・。



んでこれ。
去年の弊害の一つ。
DSCF7080.jpg
鼻の上なんだけど、鱗と鱗の間に薄く穴が空いたような感じになっているのがわかると思う。

ウチのコモンは体をある程度(70%前後)伸ばせないと排泄が出来ないようで、
小や大の両方で、したくなったら動き始めるからその都度ケースから出して排泄してもらっているのだけど、
去年の私が部屋に居ない時などに排泄行動が出ると、それに対応出来ない都合で、
ケースから出ようとしてケースのフタを強く押したりして、その頻繁に当たる部分の内側にタコのようなものが出来てしまった。






それで脱皮した時の抜け殻がこれ。
前回脱皮したやつなんだけど、こうゆうふうに抜けてくる。
DSCF7046.jpg
触った感触は柔らかい。

DSCF7047.jpg

DSCF7048.jpg
今回脱皮分は確認後に捨ててしまったが、前回よりは穴が小さくなっているようだ。

タコ自体は一度で取れてるから今回の脱皮は普通に皮だけ。

推移から見るにあと4回ぐらいの脱皮で大方埋まるのではないかと思う。
表面的には鱗が1枚追加される感じになるだろうか。



この子にも随分負担を掛けた。
しっかり再構築してやらんとなぁ。
















2017/05/10 Wed. 12:10 | trackback: -- | comment: 0edit