03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

クリと年末は 




■2019/1223





『ハイスコアガールⅡ』 も最終回を迎えた。
あれは面白かったなあ。

年末はアニメも最終回やら休みやらで、あんまりやらないから、
クリスマスと年末は、ニコ動のやまくじら兄貴と、レネス兄貴の動画を只管見続けよう (*´・ω・)

気ぃ狂うまで見るんな (´・ω・`)





コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF8115.jpg
こないだ体長測ってみたら、現在245cm前後あった。

持つと重いわけだよなあ。
持って遊んでる時に、変な持ち方して指が折れそうになることがある。

まだ体重は量ってないけど、来年中には量ろう。


唯のコモンカーペットパイソン (ヴァリエガータ) でも、ベビーからやってもそれなりに大型化出来るもんだろう?

成長線がまだ余裕で出てるから、当然まだ伸びる。
あと2年ぐらいで260cm以上にはなるだろう。



DSCF8130.jpg
この種ですら今だにわからない推移や現象が出ることがあるし、
最近も、ネックになりそうだった問題点を理解し、一つクリアした。

一定条件揃えて、エサの頻度で修正していく方法もあるんだな。

ちなみに、栄養価や食物性質云々が絡む問題ではない。
今回の場合は、エサは唯の現象の誘引剤。




そういや来年だけど、追加分は別にして、20種程度は導入したいなあ。
全部ペア以上で。





スポンサーサイト



2019/12/23 Mon. 17:50 | trackback: -- | comment: 0edit

ペチンペチン 




■2019/1030





コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF8060.jpg
1ヶ月半ぐらい喰わせてなかったけど、先日からまた給餌開始。
ヒヨコ10匹食べた後の画像。
今から3ヶ月ぐらいはしっかり食べてもらおう。

そしたらまた1ヶ月~1ヶ月半ぐらい給餌遮断。
取り敢えずそんなんでいいか。


DSCF8061.jpg
可愛いのう。


ヘビとは別件でほんの少し忙しいからスター☆トゥインクルプリキュア見ながら、
『ユニちゃんのお尻尾でペチンペチンされたい。 おちん○ちんペチンペチン(^ρ^)』 とか言いながらコーラ飲んでダラダラしてる。

もっと楽な生活にならんものか。
尿から砂金でも出てこねえかなあ (´・ω・`)





2019/10/30 Wed. 22:32 | trackback: -- | comment: 0edit

 




■2019/0717





今期アニメはあれだな。
『女子高生の無駄づかい』 『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 『魔王様、リトライ!』 『ダンベル何キロ持てる?』
個人的上位はこの辺だろうか。

スタミュ3期もクッソ嬉しい。
けどまだ見てない。

今期の太郎枠は数が多く、その中の1作、
『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』 だけど、
このアニメの渾名が 『 娘ハメ太郎 』 で草。







コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7877.jpg
草とか言ってるけどアレか。
飼育下の爬虫類だと寧ろ当たり前ぐらいの状況か。

曾孫ハメ太郎なんぞデフォか (´・ω・`)


DSCF7867.jpg
こないだヒヨコを10個ほど皿に乗せてあげたんだけど、
1個づつ喰わないで一口で4個持っていった。

けどこの後でポロポロこぼして結局1個づつ食べてたけども。



さて。
先日のホソツラナメラで今年は4種目。
んで5種目と6種目の導入が確定。

その内1種は今年のメイン。
今年はどうするか迷ってたけど、色々とタイミングが揃ったからやってみることにした。

来月は多分2~3種ぐらい導入すると思う。

年内にはあの種の導入も控えてるしな。
導入準備も進めておかないとならん。
が、管理方法をまだ決めあぐねてるんだよなあ・・・。
あの種はなんとか攻略したい。

まぁまだ時間もあるしのらくら考えよう。





2019/07/17 Wed. 10:26 | trackback: -- | comment: 0edit

ここから 




■2019/0402





コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7783.jpg
ここ1年ぐらいずっと調整してたけど、まぁ調整終了でいい頃合いか。

2017年に復帰後、復旧や冷凍ヒヨコからの感染症の後処理に現在も追われていたりする。
2年ほどは経過するが、以前の負荷で今になって一部の種に変な体質が作られている事がわかってきたりで微妙な感じ。

一応ヒヨコの感染症の症状の内容ぐらいは、あとで書いておいた方がいいか。
と言っても発症後は対処不可能に近いが。

DSCF7784.jpg
コモンカーペットはヒヨコの感染症ではないが、少し思う所があり調整を続けていた。

ここ最近体長と体重計ってないけどどのぐらいあるんだろ。

DSCF7785.jpg
当然去年よりも成長はしているが、そんな伸びていないから極端には変わっていない。

だが、ここから1年で激変すると思う。

まぁまた暫くしたら計測してみるか。
早めに体重計買わんと ( まだ買ってない )





2019/04/02 Tue. 18:46 | trackback: -- | comment: 0edit

まだ緩やかに 




■2018/0503




そういや、 Carphophis amoenus が入荷したんだな。
以前も某店に amoenus が入荷していたな。

これね、実はこの Carphophis は、私の最終目標の一つだったりする。

今年はやらないが、来年以降入荷したら導入するつもりだ。







コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7452.jpg
食欲は完全にいつもどおりになったし、気温も上がってきてるからそろそろ多めに食べてもらおうかな?

と、言いたいところだがもう暫くは緩やか給餌だな。

DSCF7454.jpg
ここ最近コモンカーペットの体温上昇・体温低下時に、
体内で何が起きているのかを今までのデータを整理して、もう少し細かく理解出来るようにしていた。

皮肉なもので、理解が増えれば増えたことによる不安も新しく発生してくる。
だがそれは新たに得た理解・踏み込んだ領域に対して理解精度と感覚化が甘いせいだ。

演算を繰り返す内に、少しは理解が進んできた。

各要素の蓄積稼働とその維持能力と、加算充足率はやはり種類毎に大きく差が出る。

改めて大型種は本当に丈夫なのだなぁと痛感している。
中には爬虫類らしからぬ機能まであったりするからな。

機能力を上げた循環は此程の差になるものか。


DSCF7455.jpg
まぁ相変わらず可愛い。

急ぐことはない。
ゆっくりでいい、ゆっくりやっていこう。





2018/05/03 Thu. 00:20 | trackback: -- | comment: 2edit