05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

そんな影響も 




■2017/1129





グレーラットスネーク×イエローラットスネーク 
Elaphe obsoleta spiloides×Elaphe obsoleta quadrivittata

DSCF7250.jpg
イエロー×グレーの内の1頭。
ちょうど綺麗に巻いていたから撮影。
この連中も当然復旧中。

数が多いから最早何号とかいう呼び方すら無い。
その日の気分次第で呼び方が変わる。


まぁバリエーションが多い多い。
8割方の個体が違う表現。

これは体がグレーラットサイドの表現多め・頭部がイエローラットサイドの表現多め、
目の色がイエローサイド・ルックスがイエローサイドかな?
DSCF7251.jpg
色彩調整で現物に近い色合いにしてある。

当初狙っていた色や模様の表現は殆ど出ず2頭だけ。
両方♀。
大半が予想外の表現になった。
この子が一番地味。

もう発色しきった感じでこのままの色で成長していくと思う。

わけわからん色模様の連中も居るから面白い。
アレで最終サイズが200cm超えてくるんだろうからなぁ、まずまず愉快。
現状まだ小さいもんだがまぁボチボチ伸ばしていこうと思う。


んでこの子らで実験してたんだけど、多頭飼育組と個別飼育組で管理してたんだが、
個別飼育に比べて多頭飼育の方が、状況的不安感や人間に対しての不安や警戒心などが消えやすい。
もう他の種類かな? というぐらいには差が出る。
多頭飼育組は現在、全頭警戒心ゼロなのに対し、個別組は今だに1頭を除いて警戒心が少し強い。
まぁそれも当然追々消えてくるだろうけど、早く慣れるってのはこっちも管理が楽になる。

まぁ種類差は当然あるだろうが、同種間における身体的接触があると心理的な安定感と、
それありきの積算発育は成立するんだろう。

多頭飼育してるとよく見るのが、何故かお互いに顔をくっつけ合ってるやつ。
あれ偶然じゃなくてヘビ同士固有のコミュニケーションの類だろう。
カップリングしてる時もやる。

ヘビ同士固有の認識というのはなんかあるらしく、
例えばエサ飲み込んでる最中に、私が手で速い動きで顔を握るように包んでも無反応で喰ってるけど、
エサ飲み込んでる最中に他の個体が勢いで顔に喰らいつこうとした場合、結構回避する。
3連続で回避とかもするから面白い。

まぁ事故さえ防げるんなら多頭飼育はヘビのメンタルに対し一つの手として使い道がある。

とは言えレーサー系なんかでやったら給餌の度に大惨事になるだろうからNG(´・ω・`)





スポンサーサイト
2017/11/29 Wed. 22:06 | trackback: -- | comment: 0edit

4個いける 




■2017/0921




『 サクラクエスト 』 が最終回を迎える。
何気に私は可也楽しみにしており、毎週wktkしながら見ていた。
終わってしまってつらたん。
2017092187946489798861-2.jpg
サンダルさん(♂)も可愛いが、国王の由乃ちゃんもキャワタン。

201709218794648979886111-2.jpg
ラストの日焼け由乃ちゃんはエロ可愛過ぎて逝きそう(´・ω・`)

この作品はずっと見ていたかったなあ。

2期カモン、カモン。






グレーラットスネーク
Elaphe obsoleta spiloides

DSCF7206.jpg
ほんと復旧中ばかりだな(´・ω・`)

それでも現状190cm前後はある。

あと2~3年で200cmは超えると思う。
やはりこのサイズになると伸びづらいな。

ただ正直、骨格の発育の仕方が微妙だ。
まぁそこは私がベビーからやっていないから仕方のない部分だが。
導入時で140~150cmぐらいだったか?
そこも時間を掛ければなんとかなっていくものなのか、今後も見ていこうと思う。

DSCF7207.jpg
導入時は手羽中少し喰わすと吐いていたが、現在は大きめの鶏頭4個喰わせても吐かない。
去年の負荷期間があっても、体質の強化は可也進展している。

後天性の体質の弱さは飼育下での不足要素の積算で形作られていくが、
そういう個体を導入した場合、それを野放しにするか、改善のために再構築していけるかは重要な部分だ。

もう変わることが出来ないほど弱体化してるならばその体質に付き合っていくしかないが、
変えることが出来るなら再構築してやった方がいい。





2017/09/21 Thu. 06:01 | trackback: -- | comment: 0edit

いつもの 




■2015/0919






掃除だけしようとしたら案の定感づいてテンション上がって出てくる始末。
水入れ洗ってる間に勝手に喰い始めたので撮影。



グレーラットスネーク
Elaphe obsoleta spiloides

2015_09170002.jpg
いつもどおり勝手に食べ始める。

ケース小せぇなぁ(´・ω・)
もう180cm前後あるだろうからいい加減なんか用意しろよと(汗)

2015_09170003.jpg
ひっくり返りそうになる。
それをピンセットで支える私(´・ω・)

2015_09170004.jpg
覗いてみる。

2015_09170005.jpg
多分10匹近く食べてる。

放っとくと全部喰うだろうからここらへんでお帰り頂く。

お前やっぱヘビっぽくないよなぁ(*´・ω・)





2015/09/19 Sat. 06:10 | trackback: -- | comment: 0edit

居るんだか居ないんだか 




■2015/0719






『がっこうぐらし!』だけど何なんアレ・・・悲しいお話やないの・・・(´;ω;`)
ぴょんぴょん・・・ぴょんぴょん出来へん・・・_| ̄|○


『長門有希ちゃんの消失』もついに最終回。
締め方もなかなか良かった、先がある二人にはあんな感じがちょうどいい。
この作品で意表を突かれたのがハルヒのキャラが異様な程に生きていたことだ。
京アニ版の方も見ていたけど、
あちらの方はハルヒに話が展開するためのオブジェクト的な無機質さが拭いきれなかったが、
こちらの方は作品内にしっかりと息づいていた。
・・・そしてキョンの妹は正義であると確信した。



『干物妹!うまるちゃん』2話
20150718789741548.jpg
1話同様クッソ可愛い。
このカットで私が恋に落ちていたことがはっきりした。
もう迷うことはない、嫁確定(*´・ω・)


『WORKING!!!』
201507128798746513145678964158.jpg
いつもどおり完璧、申し分無い。
私もデイジーパンチ喰らいたい。
山田の匂いの付いたデイジーで何度も叩かれたい。





グレーラットスネーク×イエローラットスネーク 
Elaphe obsoleta spiloides×Elaphe obsoleta quadrivittata

2015_07180004.jpg
孵化してから半年以上、何故かピンクに怖がり喰ったり喰わなかったりで、
まるで以前のメキシカンゴファーのような状態で、やっと数ヶ月前から喰うようにはなったけども、
そういった経緯もあり、部室内での存在感は居るんだか居ないんだか分からない程にまでなり、
構ってもらえる時間が減っていまだに小さいまま。

面倒なので個別にわざわざ餌付けるような手法はとっていない。
下手物系じゃないんだからいずれ勝手に喰うようになるんだから、
喰わせなきゃならんと悩んでストレスの種なんぞ作る必要は無いのよさ(適当)


パッと見も地味だけどそれ以外まで存在感を薄くしなくてもよろしくてよ(´・ω・)
2015_07180003.jpg
この子は体が黄色い系の子。
画像ではわかりづらいけど体は黄色系で頭は灰色に近い。

表現パターンも漸く個別化してきた感じ。
面白いのは色の濃いグレーラットみたいなのも出てきてること。


まぁ適当に育ちなさい(*´・ω・)





2015/07/19 Sun. 01:41 | trackback: -- | comment: 0edit